ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

第四十五代米国大統領の誕生と韓国の運命。

第四十五代米国大統領が誕生しました。心よりお祝い申し上げます。

トランプ大統領の誕生はは世界とアメリカが、最悪の事態を回避できたあるいは未来に向かって前進と希望ができたことは間違いないとのですが、これから起こる試練と危機を考えると私達日本人、特に韓国にとって手放しで喜べる状況ではないでしょう。

韓国は朴大統領が憲法裁判所に弾劾裁判にかけられており、早ければ、三月、遅くとも六月には判決が出て、おそらく大統領は罷免されると思われます。そうなれば、五月あるいは夏までには大統領選挙となり、新しい大統領が選出されます。

その時新しい大統領は今名前が予想される顔ぶれからほぼ容共反日政権となりそうです。

たとえば今配備が決定されているミサイル防衛システム、THAAD)が問題となり、配備中止が予想されます。そうなるとアメリカは黙っていないでしょう。韓国はアメリカと中国の狭間で国が分断されて行くことになりそうです。

特にアメリカの関心事は北の核、すなわちアメリカ本土を射程とする大陸間弾道弾( ICBM )にあります。その射程はすでにアメリカ本土(シアトル)に届いていると言われています。これがニューヨークやワシントンが射程に入るようになれば、アメリカが行動を起こす可能性が高まります。

北にとってもそのような核を確保すればアメリカを脅して、自らの体制の保証を求める政策ですし、それは一貫しています。

今現在もそれを求めてアメリカと直接交渉をしたがっているのです。

もしアメリカが北の指導部に対しての排除や核関連軍事施設への攻撃といった行動をとるような事態が想定されれば、韓国や日本はどのような覚悟が必要かが問題になります。

つまり韓半島の大混乱が想定されます。北はアメリカの攻撃に備えて大陸間弾道弾の見つかりにくい移動式を進めており、アメリカが完全に捉えきれるかどうかが課題があります。もし破壊できなかった核ミサイルが残れば韓国もしくは日本に向かって発射される可能性もあり、そうでなくても韓半島は戦争や軍事衝突、内戦といった大混乱になるでしょう。

それでは北の核開発、そのタイムリミットはいつになるでしょうか?

ニューヨーク、ワシントンまでに届くまでには核弾頭の小型化、大気圏再突入の成功といった課題をクリアするのにあと二、三年はかかりそうですが、猛烈な勢いで北は急いでいます。

ここ二、三年が、山場とくに来年から再来年が山場となるでしょう。

戦争をしないことが良いのか?

このまま韓国が、従中反日の政権から北中心の統一政権へと向かっていくならば、韓国は完全に自由と民主主義、といった西側の価値観とは違う半共産化された国となり三十八度線が日本と韓半島の間に引かれなおすことになるということになります。

日本がすべきはなんとか韓国の保守層との連携、支援を模索することです。韓国を北朝鮮、そして中国側へと追いやらないように最大限の全精力を注がねばなりません。

いずれにせよ朴大統領の弾劾裁判の結果以降韓国は大きな転換点となります。日本は朴以後を見据えてハラの据わった対応と覚悟が必要となります。

トランプ大統領は北に対してどのように対応していくかまだわかりません。しかし、トランプ新大統領は中国に対しては厳しい主張をしています。韓国にも親中、あるきは従中政権は容認しづらいでしよう。日本はトランプ新大統領とよく連絡を取り合いし、緊密に連携して、備えなければなりません。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。