ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

マティス訪日。その結果は?大成功?実は深刻です。

今回のマティス国防長官の訪日での各会談の中身は日本にとってどうだったのでしょうか?

報道されている範囲では、おおよそ大満足ほぼ百点満点で、むしろ次のトランプ・安倍会談での経済面でのぶつかり合いに焦点が移っていく方向にあるようです。

政府筋でもトランプ新政権の意向に不安があり、その全ての不安に見事な対応にしていただいたという結果のはずですが。

まず、在日米軍駐留経費のさらなる負担を求められるのかという不安に対しては逆に経費負担は日本は他国の見本となっていると持ち上げました。

また、安倍首相との会談で冒頭の五分ほどで尖閣は日米安保の適応範囲であることを明言し、日本側を大いに安心させました。

今回の訪日は日本側の様々な懸念を払拭し、日米の結束をアピールしてまず日本を安心させたかった意図が充分伝わりました。従来通り日本を守る意思は明快でした。

それは極めて常識的であり、あるいは充分予想もされたことでしたが、それで少なくとも安全保障の面では安心して良いのかというと大変な間違いです。

テレビのインタビューでは岸田外務大臣の苦しそうな表情を私の妻も気がついていたのでその理由を今朝も話したばかりです。

それは稲田防衛大臣の言葉を借りれば(国民には)「詳細については申し上げられませんが、」という言葉に現れていますが、一口で言えば韓半島をめぐる問題、その情勢分析が深刻なものであったということに他なりません。

もっと端的にいうと、戦争が近づきつつあること、目と鼻の先にそのその危機が迫っていることにあります。中国も問題ですが、中国の問題はまだそこまで喫緊の深刻さではありません。

いわゆるタカ派と呼ばれる政治家は防衛問題、軍事面での課題を常に国家、国民にとっての最大の問題と捉え、常日頃その備えを準備しようとしますが、いわゆるハト派はそれが緩いので直面するにつけ、顔色が悪くなる傾向にあります。

レーガンとオバマでは明らかな違いがありました。

それを終始にこやかな稲田さんとやや表情の暗い岸田さんに見てしまいます。

もちろん防衛大臣と外務大臣という役職からもきているのでしょうが、タカ派とハト派の違いを感じます。

つまり韓半島における三十八度線の問題が、日韓国境である対馬海峡に移るやもしれない状況のプレッシャーであり、または北朝鮮に対して軍事面で直接関与する米軍に対する対応をどうするのかというプレッシャーと考えられるのです。

前者のプレッシャーは韓国に左派政権が今年誕生した場合近い将来、中国を中心とする南北統一が予想されることとなります。

まず手始めは韓国の左派新政権による米軍の高高度ミサイル防衛体系(THHAD)の配備中止となれば、アメリカは韓国を見捨てる可能性が高く、在韓米軍の撤退、韓国はアメリカとの同盟から離れ、中国を選択することになります。

アメリカが自らの国益からそれを阻止するには、北朝鮮の大陸間弾道弾(ICBM)がアメリカの直接脅威であることを理由に北朝鮮の核施設並びに金正恩指導部を排除する作戦を実行せざるを得ないということです。

つまり限定的であり、効率的ではあっても早い話、戦争です。リビアでもイラクでもやりました。(イラク戦争は韓半島の前哨戦でした。)

トランプ新政権はアメリカファースト(アメリカ国益第一主義)であり、それを最も忠実かつ完全にやり遂げるのが、“mad dog”いや“戦う修道士”ジェームズ マティスなのです。

アメリカはそれで通せます。あのニューヨークタイムスでさえその主催したミーティングで日本の政府に近い慶応大学の学者に「日本政府それ(対北朝鮮軍事作戦)に賛同するのか」と聞いたら、苦しそうな顔で反対するだろうという答えを聞いて呆れて笑っていました。

日本政府にも一般の日本人にもその備えに対する心構えができていません。もちろんそのような選択はない方が良いのですが、韓半島情勢の見通しはそれほど絶望的なのです。

日本の国益はどうでしょうか?

人権?平和主義?そういった理念だけで国の平和と安全、国民の生存的基盤は守れないと知るべきです。

日本の国益とアメリカの国益はどこまで一致するのか問われている内容は深刻です。

韓半島全体が中国とつながれば、それは韓国という自由主義国家がなくなります。イスラエルのように国を無くし、バラバラになり、一番最後に救われることになってしまうということです。

(韓半島が赤化統一されれば、やがて米中対立が深刻化し、衝突へと発展します。

つまり次は日本がアメリカと中国のどちらかの選択を迫られ、アメリカを選択しても、米中対立の狭間に落ちます。

今の 韓半島の情勢は次の日本の状況となるのです。)

韓半島の問題を解決するには韓国の保守派を統一できる大統領候補者を立てねばなりません。この絶望的状況の中で、潘基文は韓国の政治に嫌気がさして大統領選から降りてしまいました。韓国に真の愛国者はいないのでしようか?

(亨進様は国進様がなるべきだったと話されました。

)

私の意見としてはいずれにせよアメリカに北朝鮮の指導部の物理的排除を実行してもらうしかないというものです。

それが最も悲劇的結果をもたらさないと思います。韓半島は大混乱に陥り、多数の難民が生じ、武力衝突も起こるでしょう。それでも覚悟していかねばならないと思います。

世論的には厳しいですから、日米安保改定を果たした岸政権以来の決断が要求されます。準備しない者(国家)は滅びます。



[ 韓オモニと家庭連合の失敗の深刻さは韓半島に審判をもたらしました。]

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。