ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

お父様は今...どうしておられるのか?

さて私は現在、亨進様の立場、つまりお父様の唯一の正統後継者の立場を支持しています。その経緯をある程度紹介しながら、皆様のご判断の参考にしていただけたらと思います。



私は第二次7年路程の最終1974年12月に復帰されました。7日修練会に出て、この道に行こうと思っていました。もともとカトリックの幼児洗礼を受けて小学校3年くらいまでは教会に通っていました。引っ越しがあってから行かなくなりましたが、イエスの再臨を原理講義の初回に聞いてそれは大変と3日修練会に参加してイエスの十字架の場面がまるで目の前に繰り広げているかのように感じてみ言葉を学び始めました。


7日修練会の直後、大先生とお会いできるということで有楽町の日劇に教会単位で行きましたが、その途中、空を見上げるとイエス様に出会いました。イエス様は空中に引き上げられて神様の右側の席に座って行かれました。やがて神様の左側の席に移られて空いた右側の席に文先生が座って行かれるのを見たのです。イエス様は自分以上のメシヤとしてお父様に席を譲られたのです。



こうして私は統一教会の人になっていきました。今年2月、お母様が正しいのか、亨進様が正しいのか、入教の時以上に真剣に悩み、祈りました。私の深刻な問いかけについにお父様が答えられました。その言葉はあまりにも驚愕する内容で、腰を抜かす思いでした。衝撃的なのでいつかご紹介しましょう。



勝利してこられた真のお母様が堕落するなどあり得ないという葛藤は当然でしたが、慚愧に堪えないことですが、そのようなお立場であることを認めざるを得ませんでした。もちろん「独生女」といった言動が最終的証拠と考えました。そしてサンクチュアリィ人になったひとのかなりの方が神様やお父様との霊的出会いから導かれたようですが、統一教会の現在の幹部達はそのような霊的出会いに対して否定的です。分派する霊的集団はサタン的としてそのようなものとして警告します。



しかし、初期の統一教会ですらそうだったのに、根拠のない反論です。自己保身や組織維持のために躍起になって、真摯に真実を追求する姿勢に欠けていると言わざるを得ません。盲目的に組織の指示に従い、結論を先にして、お父様との霊的導きを前面に出すことを嫌います。


お父様が何処におられるのか、真剣に求めないことは、お父様を無視し、その存在を否定しているのと同じです。その信仰が狂っていると言わざるを得ません。お父様は生きて働いておられるのです。


このプログの記事をこうして書くことが苦痛な時もありますがお父様が書けと言われるのです。何を書いたらいいですかと1時間、2時間と過ぎていくこともここ数日毎回です。神様とお父様は渾然一体としているのと同じようにお母様がお父様とひとつであれば何の問題もありませんでした。そうであればご子女様がお母様から離れていくことはなかったでしょう。



お父様をこれ以上苦しめないでください。というのが霊界の叫びです。皆様、よく考えてみてください。そしてよく祈ってください。よく祈らなければ永遠の悔いが残るかもしれません。そう時間が残されているわけではありません。



昨日触れたように韓国や日本、世界の現状は待ってはくれないのです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。