ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

韓国大統領弾劾裁判、結果は来月9日にも出される。韓国はどうなるか?

次は韓国国内の情勢です。

朴槿恵大統領の憲法裁判所の弾劾判断が来月9日か10日にも出される見通しとなりました。

判断の結果の予測は難しいのですが、その結果ももちろんですがを国民がどう受け止めるかによっては大混乱をもたらし、思わね結果をもたらすかもしれません。

まず弾劾裁判の概略を説明します。

 

< 韓国憲法裁の弾劾判断= 裁判所長と裁判官の計9人で構成する憲法裁判所が、国会の弾劾訴追議決書提出を受けて180日以内に妥当性を判断する。9人のうち6人以上の賛成で弾劾が成立し、大統領は罷免となる。来年1月末に所長が、3月中旬には裁判官1人が退任するため、後任が任命されない場合、残り7人中6人が賛成しなければ弾劾は成立しない。

 2004年3月、当時の盧武鉉大統領に対する弾劾訴追案が国会で可決されたが、憲法裁は5月、「弾劾には当たらない」として棄却した。(ソウル時事)>



韓国憲法裁判所は 1月末に裁判所長が退任し、さらち3月13日にはもう一人が退任することになっているため、そうなれば七人中六人が弾劾に賛成しないと大統領の罷免ができず罷免判断のハードルがたかくなるため、3月13日まえの決定を求めていましたがどうやらそのようになりそうです。

気になる結果ですが、ジャーナリストの崔 碩栄氏の説明がわかりやすいので一部紹介します。



(引用開始)


一部には「憲法裁判所の中には保守性向の裁判官が多い」という理由で棄却を予想する声がある。性向だけみると確かにそうだが裁判官の性向に関係なく、弾劾案が棄却される可能性は少なくない。12月に開かれた国会聴聞会で今回の事件関係者たちが次々と証言を行ったが、証言や尋問が進めば進むほど首を傾げる人が多かった。マスコミがあれだけ騒いだ「疑惑」を裏付けるような証拠や実態を殆ど引き出すことができなかったからだ。特別検察による調査が進行中なので調査結果を待たねばならないが、ろうそくデモで高まった「絶対弾劾」の勢いは失速したようにもみえる。

 しかし、だからといって弾劾が否決されると断言することもできない。それは2004年盧大統領の弾劾審判の時とは違って、今回は裁判官一人一人が自分の決定についての意見を公開することになっているためだ。まさに「公開投票」ともいえるが、これは裁判官にとって大きなプレッシャーになるに違いない。

日本でも大きく報じられた韓国の大規模ろうそくデモを見れば分かるように、現在韓国国民は政権への不信と怒りに満ちている。もし弾劾に反対する裁判官がいて、結果的に弾劾案が棄却されるような事態が発生しようものなら、大統領を弾劾することが「善」であり、「民主主義の現れ」だと思っている興奮状態の群衆は、反対した裁判官を激しく攻撃するだろう。

 実際、今回も国会で弾劾案可決の直前、誰かによってインターネット上に弾劾に消極的な議員、反対する議員の携帯電話の番号が記載されたリストが公開されたのだが、このリストに掲載されていた議員たちの携帯電話には怒れる群衆から抗議の電話やメッセージが殺到した。その激しいバッシングに耐えられず携帯番号を変更した議員もいるという。興奮状態に陥った群衆がどんな行動を起こすのか、最高裁判所の裁判官たちは、事前に目の当たりにしているのである。果たして彼らは自分の所信どおりに持論を展開することができるだろうか。

 興奮状態冷めやらない韓国国民の注目を集める中で行われる、憲法裁判所の判決に公平性が担保されるのか、あるいは、「国民情緒」という名の超法規が影響する可能性も拭い去れない。弾劾審判の行方は、依然、五里霧中と言わざるを得ない。


(引用終わり)


一時はローソクデモの勢いがすごく、弾劾を棄却することはできそうもない印象であったが最近は弾劾反対を叫ぶ保守派の太極旗デモが左翼的なデマを凌ぐほどの勢いが出ています。

いずれの決定が出されるにせよ国論が二分されて、大混乱を引き起こす可能性があり、不測の事態を招く可能性さえあります。

それが、朴槿恵大統領自身かあるいはその罷免を受けて黄教安大統領代行による戒厳令の布告です。

そして、お定まりの軍事クーデタもあり得るかもしれません。

それが北の挑発を招き、一気に軍事衝突もありえないではないでしょう。

いずれにせよ折しも韓米の軍事演習の真っ只中いうこともあって一気に緊張が高まってしまうでしょう。

もし韓米がこの起こり得る事態を事前によく準備することができていたならと思いますがどうでしょう。最大のピンチは最高のチャンスともなり得るのですが。

しかし、そのチャンスを韓国はものにできる状況にあるのかわかりません。

例えば韓国軍の中にトランプのようなヒーローが出るでしょうか?

あと1ヶ月、韓国から目が離せません。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。