ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

トランプを支える二代目王様のために祈りましょう!

主の祈り


  天にまします 我らの父よ

  願わくば 御名(みな)をあがめさせたまえ

  御国(みくに)を来たらせたまえ

  御心(みこころ)の天になるごとく 地にもなさせたまえ

  我らの日用の糧を 今日も与えたまえ

  我らに罪を犯す者を 我らが赦(ゆる)すごとく

  我らの罪をも 赦したまえ

  我らを試みに会わせず 悪より救いいだしたまえ

  国と力と栄とは 限りなく 汝のものなればなり

  アーメン


 (出典 マタイの福音書 6章5節~13節)



私たちは二代目王様とそしてペンシルベニアの本部と霊的につながっていなければなりません。そしてトランプのために祈らなければなりません。


二代目王様は(私たちは今)アメリカの内戦に突入しています!と宣言されました。

トランプが具体的に暗殺される危機。そしてジョージソロスが策動する“アメリカの春”と言われるトランプ排撃の大掛かりな大衆動員示威活動や暴動。さらに悪魔崇拝者や小児性愛好犯罪者たちによるトランプ呪いの儀式が次々と予定されています。(参照http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52003313.html)

大変な危機です。


以前九十年ごろ訪韓した際、アボジのみ言葉としてお聞きした言葉があります。

それは韓国はメシアという善の王様も現れるが、反対に悪の王者という極端な悪者も現れるという意味の言葉を語られていました。

ですから、世界日報の配達や訪問に行く際にとくに若い女性は気をつけるように語られたのです。ある男と会った時、瞬時にして相手が悪人か善人か見分けなければならない。もし相手から何か悪いものを感じたらさっと逃げて来なければならないと語られました。

そのように主の祖国であっても悪いサタンの親玉もいっぱいいます。


さて、摂理的中心国家のアダム国家は韓国からアメリカに移りました。二代目王様がおられ、またその背後に真のお父様がおられますのでそうなるのですが、さらにトランプ大統領の誕生により、決定されました。

しかし、そのように善の中心が立てば同時に悪の中心も立つようになります。

大統領選まではヒラリークリントンでしたが、現在その中心人物が誰かというと多くいすぎてはっきりしないほどです。二代目王様もたくさんの名前やグループ名を挙げておられます。

それは家庭連合で韓オモニを除けば家庭連合の幹部の誰が一番の悪いのかははっきりしないのであって、様々なグループが互いの利益のため、連携したり牽制しあったりしているのと似ています。

そして圧倒的にサタン勢力の方が大きな力を持っています。 それはトランプが極端な政策を実行するからそうなのではなく彼らはすでに多くの悪事に手を染めているからなのです。


それは政権の内部にまで手を伸ばしています。身内であるはずの共和党主流派やネオコンと呼ばれる勢力や保守派にも多いのです。政権内部にもそれらとつながっているひともいるのです。

トランプは大統領であり、大きな権力を握っているとみなされがちですが、あまりに多くのサタン勢力に取り囲まれています。


これは具体的戦いであると同時に霊的戦いです。

二代目王様は映画界の女流スターたちが反トランプに立ち上がった時、トランプのメラニア夫人が集会で発言に先立ち主の祈りを捧げて霊的に圧倒したことを取り上げておられました。

二度とないこの時であると語られました。全ての聖殿食口は二代目王様とトランプのため祈らなればなりません。

圧倒的霊的パワーを二代目王様とトランプ大統領に送りましょう。そして最後の善悪交差の闘いに勝利しましょう。🏅

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。