ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

李相烈会長のスピーチに寄せて。

李相烈会長のメッセージを読みました。立派な方ですね。その心情は胸打つものがあります。

しかしそれでも韓国を救う蕩減条件を立てることは何十人か何百人かの犠牲で済むこととは残念ながら思えません。

私の個人的見解かもしれませんが、日本を救うために東日本大震災があったと思っています。そこで二万人近い方が犠牲になりました。

数字が問題ではありませんが、韓国でもキリスト教の失敗により、韓国動乱が起こり、悲惨な犠牲がありました。

今回、韓国聖殿聖徒にも二代目王様から「死なんとする者は生きる」という素晴らしい御言葉が与えられました。信仰の証しが立てられました。

もし二代目王様と心情一つとなられたならば素晴らしい証しが立つと確信しています。

新しいサンクチュアリの信仰の伝統が始まると思います。

二代目王様は韓国という国を救う以上になにより、お父様が喜ばれていることに価値があると語られました。

生死を賭けて二代目王様とともにあれば何の問題もないということですし、韓国で生きようと他国に出ようとお父様と一緒であれば生死すら超えていけるということでしょう。

そのような証し以上のものはなく、誰が何と言おうと、また一世であろうと二世であろうと関係なく歴史を動かす神様の復帰の原点のなることでしょう。

しかし、それでも韓国は審判から免れることはないと思います。

第二次大戦末期、日本が敗戦する直前、二発の原爆が落とされた時、韓国の多くのクリスチャンは日本に審判が降り、火に焼かれたと言いました。

私は統一教会に入教間も無く、韓国のクリスチャンが書いた「たとえそうでなくても」といったタイトルだったと思いますが、その本にそのような言葉が書いてありました。

その本はとても信仰篤いところがあり私に大きな影響をあたえてくれましたが、その部分には若干の違和感がありました。

なるほど韓国の、特に日本の迫害を受けたクリスチャン立場からすれば、そのように思うのかということまたそうかもしれないなとも感じました。

それはわからないでもないと思います。

しかし、韓氏オモニの不信仰と幹部の失敗が日本の神様に対する反逆以下とは思えないのも事実です。

それは半永久的に成約の歴史に刻まれることです。

聖書は一言一句変えてはならない、神の言葉と言われています。その聖書にはイスカリオテのユダの裏切りが書かれています。

イエスの第一弟子であったペテロの不信仰も書かれています。ゲッセマネの園での不信仰もバプテスマのヨハネの最後も書かれています。

なぜならそれらか原因となってイエスは十字架に架けられたからなのです。

ですから、韓氏オモニの失敗、その不信仰が天一国憲法前文に書かれています。

韓オモニと幹部の不信仰により二代目王様は追放されました。

もしどなたかが、その不信仰を蕩減することができると考えるとすればその方は韓オモニと同じくらいの立場にある方でなければならないということになります。

ですから何十人、何百人が束になっても不可能ではないかと思います。ソドム、ゴモラのレベルとは同じとは思えません。

トランプが大統領になることができたのはよく考えれば、三代王権のアベルカインが蕩減条件を立ててくださったからです。

蕩減条件のない奇跡は起こせば、逆にとんでもない穴があくとお父様は言われました。

また蕩減には期間が必要です。韓国動乱は三年ありました。

私も李相烈会長の偉大な勝利を願っています。しかし、それは大統領選挙で終わるものではないと考えています。

韓国大統領にこれから候補者をたてて、選挙に勝つことは奇跡としか思えません。それに見合う蕩減条件が何かと考えることは難しいと思います。

大統領選挙に負けても韓国から脱出することが信仰の全てであるとばかりは思っていません。

しかし、真の信仰が無ければ、絶望的になったり、落胆したり、後悔したりすることになると思うのです。

また、信仰が弱いとサタンに食われてしまう、例えば

血統的堕落となったり、信仰的に死んでしまったり、そうなる可能性が高いということです。

他にもあまり言いたくありませんが、左派政権や北朝鮮、中国に擦り寄る人も出てくるでしょう。生きていくためには仕方ないというわけです。家庭連合の人は多くそうなるでしょう。

気がおかしくなる人も多くなります。国が分裂して崩壊していく様を見ながら耐えるのも辛いと思います。

ですから「犠牲」ということは審判であり悲劇的です。しかし、短い期間ですが、そのような審判がおこらないと、人間の醜さがどっと出ることが予想されます。

そのような意味で、審判を受ければ歴史に残りますが、審判を避ければ、それは韓国はかつて主の国と呼ばれた国と言われかねなくなると私は思います。

ですから、韓国は審判を受けることになると思います。

しかし、審判の後、あまりに偉大な再臨主を生んだ偉大な国として、世界から認められる国になることを願っています。

私は祈ります。必ず再び偉大な主の祖国として韓国が復活する日の来ることを。

また韓国が審判を受けるが?日本はまだ大丈夫などと思ってはいません。

安倍首相は韓国から嫌われてきましたが、安倍さんが安泰なうちは持つでしょう。しかし、今回の森友騒動で見られるように一寸先はわかりません。韓国の次は日本がサタンから狙われます。

しかし、二代目王様から日本が滅ぶのは五分五分と言われました。逆に言えば、五分五分で日本を救えるということです。

そして日本からこんどは韓国、北朝鮮、さらに中国までもサタンから解放できるのではないでしようか?

東アジアの全てを失うのではなく、日本を足掛かりとして韓半島、そして東アジア全体を救いましょう。


日本に特に関西方面への脱出を考える方ご相談ください。


携帯 : 080-9128-0703


メルアド : tamesada.t.0426@ezweb.ne.jp

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。