ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

韓国大統領選挙、安哲秀候補が猛追!左派文在寅候補を逆転するか?

  韓国大統領選で「国民の党」安哲秀候補が「ともに民主党」の文在寅候補に支持率が肉薄してきました。韓国の世論調査の二社でもほとんど差のないあるいは誤差の範囲の争いになってきました。


(朝鮮日報日本語版より引用します。)


韓国ギャラップが7日に発表した韓国5政党大統領候補の仮想対決調査で、最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)候補(38%)と野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)候補(35%)の支持率が誤差の範囲内(プラス・マイナス3.1ポイント)で競り合った。


韓国ギャラップが先週行った調査では文候補が40%、安候補が29%だったのと比べると、文候補は2ポイント支持を落とし、安候補は6ポイント支持を伸ばした。安候補に続いては与党「自由韓国党」の洪準杓(ホン・ジュンピョ)候補が7%、保守系野党「正しい政党」のユ・スンミン候補が4%、野党「正義党」のシム・サンジョン候補が3%で、支持候補なし、もしくは無回答は13%だった。


 また今回の調査では、民主党予備選で脱落した安煕正(アン・ヒジョン)候補と李在明(イ・ジェミョン)候補の支持層から、安哲秀候補の側へ移動した票が少なからず存在すると分析されている。

民主党予備選が終わる前の先週行われたギャラップの多数対決調査では、安煕正候補(14%)と李在明候補(8%)の支持率合計は22%だった。

当時、安・李両候補を含む多数対決調査で文在寅候補は31%、安哲秀候補は19%の支持を集めた。


今週の調査では、安・李両候補が大統領選レースから脱落したのに伴い、文在寅候補の支持率は7ポイント上がって38%、安哲秀候補の支持率は16ポイント上がって35%となった。

すなわち、安・李両候補の支持層の多くは安哲秀候補の側へと移動し、文在寅候補の側への移動は少数にすぎなかったわけだ。


 安哲秀候補の支持率が上昇傾向にあることをめぐり、世論調査の専門家らは「4月15・16日の大統領選挙候補登録の後も、安候補が上り調子を維持できるかどうかに注目すべき」と語った。


キム・ヒョンジュン明知大学教授は「歴代の大統領選挙で、候補登録の後、(二大政党以外の)第三候補の支持率が下落した前例がある」と語った。また、カンター・パブリックのキム・ジヨン副社長は「最近の安候補の支持率急上昇は、彼を好きではないが文候補の方がもっと嫌いで、しかたなく支持している保守票がかなり寄与したもの。安候補側に多数移動した保守系有権者の票の行方が中心的な変数」と語った。


(次に時事通信からの引用です。)


 【ソウル時事】韓国の朴槿恵前大統領の罷免に伴う5月9日の大統領選に向け、主要政党の候補が固まった。


最大野党「共に民主党」の文在寅前代表(64)が支持率トップを独走してきたが、直近の世論調査では第2野党「国民の党」の安哲秀前共同代表(55)が猛追。支持率が逆転する調査も出ており、「2強対決」の様相となってきた。


 韓国紙・中央日報が4~5日に実施した世論調査では、文氏が38.4%で首位を守ったものの、2位の安氏が34.9%まで接近した。

 

3月18~19日の前回調査では、文氏は34.7%、安氏は13.0%だった。同紙は共に民主党予備選で保守系勢力との大連立を呼び掛け、文氏に敗れた忠清南道知事の支持者が安氏に流れたと分析。保守層の多い50~60代でも、安氏の支持率が上がった。

 


さらに、候補者を文氏と安氏に絞った場合、文氏は42.7%の一方、安氏は50.7%と支持率が逆転。前回は、文氏が50.1%で安氏は38.6%にとどまっていた。


〈引用おわり〉


韓国ギャラップ社と中央日報のどちらの世論調査でもほとんど同じ結果となりました。

他の候補者は大きく引き離されていますのでこの二人の一騎打ちですが、その場合保守系の票はほとんどが安哲秀に流れる予想ですので、この二人の差は逆転するということです。

安哲秀はTHHADとの撤廃には反対する予想ですので、在韓米軍の撤退はなさそうです。


すると安哲秀が大統領となった場合、反日姿勢は変わらないようですが、最悪の事態は免れそうです。前途多難とはいえとりあえず、安候補に当選してしてアメリカが離れる事態は避けなければなりません。

その上で韓日関係を良くする努力を重ねながら、安全保障を中心に連携を模索して行くしかないのでしょう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。