ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

韓オモ二の過ち。

真のお母様は最後の最後でその使命を終わられました。なんと残念なことでしょうか?どうすることもできないもどかしさと当惑と悲しさ、やり切れなさをひきずりながらも、新しい出発を決意し、覚悟する時を迎えました。私自身40年を超える信仰生活の中で、このように思いになることはありませんでした。


真のお母様はどうしてこのようになってしまわれたのか?もはや厳密に言うと真のお母様とお呼びすることすら不可能となりました。その位置は妍雅様に移りました。三代に延長されてしまいました。アブラハム、イサク、ヤコブの神と聖書にあるように真の父母様の王権は三代に延長され、真のご父母様、亨進様御夫妻、そして、信俊様とその将来の夫人に継がれました。本来、そのこと自体別に問題はなかったはずです。



しかし、真のお母様は亨進様をと離れ、さらに真のお父様の位置までも奪ってしまわれました。真のお父様の位置は亨進様が受け継ぎ、母子協助によりお支えする側に立たれなければなりませんでした。「亨進様の王冠」でも触れましたが、お父様の後継者としての位置は絶対であり、その位置に対して絶対的に侍る国進様の勝利こそこの真のご父母様の絶対王権の確立の最重要事項でした。



もし万一亨進様の身の上に何か重大な出来事が起こったとしてもその位置はそれを全面的に支えた国進様が窺うことはあり得ないということです。ですから三代が必要です。まだ幼い信俊様をどの様に支え、育てるかが問題です。その環境を求めて、亨進様は、アメリカの片田舎に住む決意をされました。


国進様の勝利がどれほど偉大でしょうか?亨進様の位置は絶対です。その位置は侵すことのできないものです。なぜか?善悪闘争歴史の全ての蕩減がかかっています。どれだけの血が権力闘争で流されてきたでしょうか?王統とは好むと好まざるに関わらずその様な運命を逃れられません。王の中の王である家系は人類歴史と無関係でしょうか?


亨進様はその様な戦いには向いていないと無関心でありたかったようです。しかし、お父様の後継者としての位置と責任を離れれば真のお父様がどれほど悲しむか。お父様の愛と期待に応えるしか道がないことを悟られました。宗教者としての静かな生活は許されませんでした。ですから、国進様はその様な弟を守るために「おまえが、血を流すことは耐えられない、それは私がやる」と決意されました。人にはその人それぞれ引き受ける役割があります。自己否定は自分がするものではなく天の願いを知り、それに殉ずることです。


結論を急ぎます。真のお母様、いえ、韓オモ二は第二の教主になられたならば、お父様の後継者の位置はみ言葉通り亨進様にお譲りにならねばなりませんでした。それを奪ったことは国進様が切り開いた王権の確立を台無しにされ、闘争歴史を繰り返す愚を犯されました。天一国憲法のもと最高委員会❓が後継者を決定する?それが原理的?⁇一体誰が、誰をを選ぶのか、派閥と多数派工作が永遠に続き、最高委員会の委員長や委員を巡っても幹部達の血みどろの戦いが続き、どうにもならない状態になり、やがて独裁者が現れ、判断力のない衆愚となっている信徒達に君臨することでしょう。何れにせよまず自分たちの操りやすい後継者を選ぶことから始まります。


真のお父様がどれほど悔しく思われるか?韓オモ二は失敗をされました。もはや後戻りはできません。


韓オモ二は本来、永遠の真のお母様です。二度と真のお母様は必要ありません。その勝利は確定しておられます。しかし、最後の最後で失敗されました。残された王権を中心とする使命と責任は妍雅様に移されたのです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。