ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

韓氏オモ二の過ち。その二

ご子女様がご指摘されることを同じ内容であったとしても、一信徒の立場で表現することは覚悟と困難が伴います。私にとっては神様から、お父様から書きなさいとおっしゃっていると感じるので、万難を排してという思いで韓氏オモ二の過ち。とさせていただきました。


そしてまた、亨進様がどれほど深刻にこの内容を語ってこられたのかと思うと辛くても避けては通れないと思うのです。真のお母様が過ちを犯したといえば、傷つく方も多いでしょうし、そんなことは信じられないと拒絶される方も多いと思います。


先回の記事で真の家庭はあまりにも悲惨でしたと書きました。それは本当に信じられないほど苦難の路程です。それはお父様をめぐる食口の女性信徒達の関係でした。六マリアと一般的に言われたりします。私も実は反対派が言っていることと受け止めてきました。家庭連合、統一教会では口をつぐんでいますし、事実をはっきりさせることはありませんでした。お父様の聖和をめぐって亨進様、国進様とお母様が決定的に対立したとき、そのことを公にするとおっしゃられたとお聞きして信じられない思いでした。


しかし、亨進様はそれを実行し、恥ずかしいことではないと断言されました。驚かずにはおれませんでした。これは多くの食口が信仰の危機となると思いました。私は神様と霊界に守られて、お父様を不信することにはなりませんでしたが、世の中はもちろんどれほど多くの食口が、揺さぶられ振り落とされるかと案じられました。


分派、分裂と大騒ぎすることも吹っ飛んでしまうくらい衝撃的な話です。そのことの摂理的意義や事情は今回は触れませんが、真のお母様はそれは神様の摂理と受け止め、その苦難を耐え忍ばれ、真の母として完全な勝利をおさめられました。耐え難い試練を超えてこられたとはお聞きしてきましたが、実体的にまさかそのようなことがあろうとは考えられませんでした。


女性としてのすべての試練を超えてこられた天地の公認をお父様からいただきながら、それでも超えられないものがあったのか?亨進様は言われました。お母様は「私が止めていなければおまえ達の異母兄妹があちこちにできていた。」と言われたそうです。興進様の聖和、ダンベリー路程と試練の先に、ご子女様の御家庭に起こった様々な悲劇、さらに庶子の存在などあまりにも多くの衝撃的事件が続き、ご心労、ご心痛は想像を絶するものです。


家庭連合、統一教会の知恵ある幹部達がそれを隠そうとしてきたのは、無理からぬ事とも思います。もし私が幹部であったとしてもどのような悲劇があったか、どれほど御家庭が悲惨であったかを伝えてどんな結果を招くか、それを考えるれば、隠すのはやむを得ないと考えたでしょう。しかし、いつかはすべてか、あるいはかなりの部分が明るみに出てああだこうだとなるでしょう。蕩減時代はお母様はじっと耐えられました。お父様に第一のお母様、第ニのお母様の話をしてくださいと多くの食口の前で質問する方がいました。あるいはお父様の女性との噂話の真偽を聞く人もいました。お父様はそれはオモ二に聞きなさい。オモ二がすべて知っていると。もちろんお母様は沈黙してこられました。


そして、うちひしがれておられるお母様に弟子の姿となったサタンが近寄りました。「お母様はあまりにも多く苦難の十字架が背負わされてあまりにもお可哀想です。お父様のために苦労を背負われました。お母様が耐えてこられできたからこそ今のお父様がおられるのです。お母様の犠牲無くしてお父様がメシヤとして一日もいることはできませんでした。お父様がメシヤとしてやってこれたのも、お父様がメシヤになることができたのもお母様の犠牲のゆえです。」と。「メシヤを勝利させたのだから、貴女こそ本当のメシヤです。」と。


また別の観点から考えてみましょう。国進様の絶対的信仰は、例えばもし万が一亨進様の身に何かがあってもその息子である信俊様を立ててその後継者とされるということです。自分の亨進様をその位置にしてあげたのだから自分が亨進様の位置を奪う、窺うということはあり得ないということです。ですから三代が必要です。そのことを天宙に誓われたのが王冠をかぶせ、王衣をまとわせるという儀式でした。


お母様は「私がメシヤです。」とお父様の位置を奪われました。本来は絶対的アベルとカインが一体化したところに真の父母としてメシヤが絶対的にこられなければならないのです。


そしてまた別のサタンが近寄りました。その話は次回にします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。