ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

韓氏オモ二の過ち。その三。

お母様に別のサタンが近寄りました。それはなんと大母様あるいは訓母様と呼ばれた方の姿で現れたのです。清平の摂理は当初は95年から98年までの三年間のはずでした。しかし、延長を重ねて今日まで引き続いています。


その功績については多大のものがあり、他の誰より素晴らしいものがあったことは事実でしょう。しかし、その裏で次第に問題が深くなっていました。去年10月、清平のお金の動きについて内部告発により背任の容疑で告発されました。日本のマルサにあたる国税庁当局が捜査を開始し、今年一月には実務責任者であったとされるもと清平中央修練院の元院長が事情聴取を受けています。


このことは韓国の食口の間ではよく知られたことで、清平は地元の韓国よりも何も知らされていない日本の食口で一杯です。訓母様夫婦はうまくやっているなと噂されています。つまり妻である訓母様がお金を役事で集め、その夫の事業につぎ込んで、それが回収不能となり、さらに始めから、返すつもりのないお金だったのではないか?というわけです。そこで背任と横領の嫌疑がかかるのです。


元検事総長をはじめとして早々たる弁護士達、検察OBを雇い、圧力をかけて捜査を阻もうとしているようです。なんともたいへんな話です。顕進様グループとの訴訟など沢山の裁判を抱えるだけでなく、お膝元にあたる清平までがこのように一触即発の危機です。お父様は生前、清平を早く整理するように。政府がその気になればあっと言うに潰されてなくなると言われたという話があります。国進様もなんども財団の理事長当時清平の監査をしようとされましたが、訓母様グループに阻止されてきました。


訓母様グループは日本の食口達の清平信仰の篤いことを最終的にとことん利用しました。清平グループと他の幹部グループは時に結託してついにお父様の聖和を絶好のチャンスと捉え、亨進様と国進様を追放することに成功しました。お父様の聖和を巡りこのような暗闘が繰り広げられたことがどうして歴史の審判を受けないでしょうか?


ところが、お母様は清平のことをとやかく言ってはならない。大母様を地上で役事する訓母にもいろいろ言うな。と言われるとです。このことは独生女のことと同じ時に語られています。日本では隠してきました。7.1講話と呼ばれていて、去年の7月1日の善進様の世界会長指名の時のお母様の言葉です。

(訓母はとっくに大母様ではなくなっているのにそれを演じ続けていたのです。)



お母様はともかくお父様まで訓母にだまされ、この事態を招くことを知っておられなかったのか?このことが疑問で霊界におられるお父様に直後お聞ききしました。するとお父様はとんでもないお答えをされました。私の個人的体験で確認はできませんので各自でお受け止めください。「先生はね、訓母にね、脅されていたんだよ。もし自分の正体をバラせば、清平を火の海にして一家心中をすると脅してきて難しい問題だった。」


他のブログの方々もお書きになっているように功労ある大幹部にサタンが入り、お父様を脅したり、お母様を誘惑したりするその戦いがどれほど熾烈か、それはご子女様にしか処理できないことも多いことをご理解してください。


お父様の聖和の際、訓母の勧めでお父様の生命維持装置を外すことをお母様が主張されました。それを亨進様と国進様が必死で反対されました。その時、韓オモ二が亨進様を叩いて、「おまえには霊界がわからない。私は育て方を間違えた。」という話がその場の目撃者から伝わっているそうです。私もある中心者からそのように聞いた記憶があります。そして国進様には理事長を辞めるよう命令されたとのことです。


その少しのちにお父様の聖和は本来決められた時間になされたと今ではされています。このことの本質は訓母の働きかけ、主導でお父様の聖和がなされようとしたことにあり、それを必死で阻止しようと亨進様国進様がされたということにあります。お母様はすでにそれまでに訓母の影響圏にあったということです。


それではなぜそのようになったのか?その理由や背景とその事態の深刻さを次回書きます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。