ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

メイ首相はブレグジットができるのか?その疑惑の背景は何か?

メイ英首相にみるブレグジットの危うさがまずテーマです。

二代目王様の最近のみことばを読めばメイ英首相のブレグジット(英国によるヨーロッパ連合からの離脱)への意志への不信感の表明がありました。


〜引用開始〜

(三代王権のブログより引用しさせていただきます。)

6月19日(月)キングスリポートより。

(亨進さまのみことば)

テレサ・メイを見てください。この総理は最初はブラッグシーツを反対しました。 ところで、後でブレグジット(EU離脱)に賛成するふりをして突然投票をすると言って、それはブレグジットを完全に難しくしました。

〜引用終わり〜

これはかなり由々しき事態です。

今回の英国総選挙によってメイ首相の与党保守派は議席を減らし、メイ首相の強硬な離脱方針は国民からNOを突きつけられた形になり、離脱自体に暗雲が立ち込め始めたからです。

メイ首相の意図が初めから、強硬な離脱を主張することで内外の反発を招き、離脱自体を難しくてかえってEUにとどまることを狙っているのかもしれないという疑惑です、

こういった内容の論説はまだほとんどなく、あってもこれから英国のEU残留の道はまずないだろうというものです。

しかし、彼女はもともとはEU残留派でした。それが方針転換して保守派をまとめて権力を握ったのですが、本当の本音はわからないのです。

しかし、彼女の姿勢と方向性はきわめて重要です。なぜなら、英国のEU離脱は、さらなる離脱を招きかねず、ひいてはEu崩壊させかねないからです。

それはビルダーバーグ・クラブをはじめとするグローバリストにとっては痛手どころか悪夢といったところでしょう。

彼らがメイ首相と裏で繋がったその影響を受けている可能性はあるでしょうね。

そういう疑惑がもしかなりでてくれば摂理から見てイギリスの立場は悪くなっていくでしょう。

日本の代わりにエバ国の候補としてイギリスが挙がっています。前回のブログで日米首脳会談でトランプ大統領が安倍首相に辛辣な態度があったと書きました。

もしアメリカとの当事国が日本でなくイギリスであったならば、絶対そのようにはなりません。安全保障では共通の危機認識があれば共同歩調、協同行動をとることはまず確実です。

日本のようなハンディのある同盟国と同列な扱いはあり得ません。

宗教的(キリスト教).歴史的(米国は元々英国の植民地).文化的、人種的(白人、アングロサクソン).思想的キリスト教民主主義)な面が一緒なので、やはり日本のあとはもともと本来の立場があります。

しかし、エバ国家になるための決定的な意味があるのはトランプ大統領の反グローバリズムに合った形で、イギリスがブレグジットを決めていたことにあります。

しかし、これが不透明になってくるならばイギリスのエバ国家への道のりもやはり不透明となったことでしょう。

これはトランプ革命にとっては不利な点です。(しかし、敢えていえば、日本にもチャンスが広がってきたと言えるのかもしれません。)

グローバリスト達の目指しているのは(カイン的)世界政府です。

共産主義者が世界政府を目指して共産、共栄、協働の世界を作ろうとして実際はブロリアリアート独裁の名の下でその前衛である党中央の支配体制(日本共産党では民主集中制)を敷いていくのと同じように自分たちの富と権力を中心とした支配体制を着々と推し進めています。

それを原理講論では世界政府を模索しつつあると表現しています。

共産主義者のあとは資本主義の下での自己中心による世界政府を目論む人達が存在しているということです。

その中心にロックフェラーがいてライバルであり協力者にロスチャイルドがいます。彼らはフリーメーソンという組織やダボス会議を隠蓑にしながら、ビルダーバーグ・クラブを使ってでその戦略を具体化する手段としています。彼らは互いに連携したり、時として協力し、時として牽制し合いながら、その共通の利害を共有しています。

二代目王様からその存在の組織の名前がでていますが、そのビルダーバーグ・クラブは出席メンバーこそ公表されています。

しかし、何をどのように議論されているか誰がどのような役割を果たしているのか全く非公表であり、また全くメディアの取材を全く許可していません。

しかも欧米人のみのメンバーであり、差別的秘密結社の色彩が色濃くあります。日本がバブルで経済的に興隆してきたら、黄禍論が出てきたり、また歴史修正主義者といった中傷まがいの批判が出てくる背景とも言われたりします。

ですから、日本ではその存在すら知る人は稀です。

ロックフェラーがアメリカとの財閥、ロスチャイルドがイギリス人を筆頭とするヨーロッパの財閥ですが、その二地域を中心としながら世界を舞台に世界的に恐ろしい戦略を練ってきました。そのことはまた書く機会があると思います。

そして今彼らと戦う時が来たのです。

その中心こそトランプ大統領です。そして彼の政治的、肉体的生命が狙われてきているのです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。