ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

将棋界のレジェンド、引退した加藤一二三九段から何を学ぶか?

若者を見ればその国の将来がわかる!という趣旨のお父様のみことばを少し前に紹介しました。

それはその通りですが、高齢者の方が、すばらしい業績を上げたり、意欲的な姿を示してこそ若者も国民も安心することができます。

なぜなら高齢者の姿は若者や中年者にとっては未来の自分達の姿ともなっていくとも言えるからです。

その代表的な方の一人として今話題の藤井聡太さんの将棋界から加藤一二三(通称 ひふみん)さんをあげたいと思います。

加藤さんは藤井聡太四段が現れるまでの史上最年少プロ棋士14歳7ヶ月の記録保持者でした。また神武以来の天才と歴史上始まって以来空前絶後の天才と言われました。

それだけでく、70歳を過ぎてもまさに全身全霊で将棋に打ち込む姿はまさにレジェンドと言えるでしょう。

彼がプロ棋士となったのが昭和二十九年ですから私の生まれた年です。そして私の生きた63年間を現役プロ棋士として身を削る、まさに魂を賭けた勝負の世界で生きてきました。

それがどれくらいすごいことか、羽生三冠以下現役最強棋士達も絶賛を惜しまず、絶超人的な記録であることを強調しています。

そしてそのユニークなキャラクターは高い声質と率直で多弁な話し方は多くのファンを引きつけました。若者からも “ひふみん”と呼ばれて人気があります。

彼の引退は成績の不振からの強制的引退だったため、ある意味壮絶な戦いの結果でありそれもまた鮮烈な印象を残しました。

またそれは藤井四段の将棋界の歴史を超越した登場とレジェンドの幕引きというまるで歌舞伎の回転舞台で役者の交替と配置転換でもみるようです。

さらに彼の偉いのは長年連れ添った奥様に内助の功をたたえ、それに深い感謝をされておられることです。

私たちはそこから何を学ぶべきでしょうか?私たちは神様を信仰するもの達ですが、いつも希望があるのは限りません。絶望的なときもあります。

しかし、神様とともにあるべきです。

真のお父様はお母様を捨て、たったお一人で、何も知らない妻と乳飲み子を捨てる立場で、38度線を逆に超えていかれたのです。

そのときのお母様はお父様が誰であるかも知りませんでした。北韓で興南にいかれた時はどうでしょう?

神様とサタンの戦いで勝つ時ばかりでなく、悲惨な時も次の戦いに向けて挑戦する挑戦者の人生であったのではないでしようか?

どんな時も戦いは続くのです。もうダメだという絶望的な場面でも戦いは続きます。

なぜか?私たちには神様がおられるからです。

私たちの神様は天地を創造された全ての根源の父なる神様です。

勝負の世界で生きる人はその人それぞれの“世界”での神様を知っています。

ヤワラちゃんで知られる谷(旧姓 田村)亮子さんは金メダルを確実視されたオリンピックの決勝で伏兵の北朝鮮選手に敗れました。茫然と畳に座り込む姿は今でも目に焼き付いています。

そのあと彼女は「神様はその人の乗り越えられない試練は与えない。」という友達の言葉に神様からのメッセージと捉え立ち上がり、見事に連続金メダルを取りました。

「神様が勝たせてくれた。」という世界のトップアスリートからはよく聞く言葉なのです。

将棋は頭のスポーツでですが、そのような勝負の世界で63年間も戦い退場させられるまで戦い抜く生き方は凄いの一言です。

私たちは永遠に生きるアスリート以上の戦いの場にいるのです。

負けを認めることはできません。次の戦いに向かうのです。勝つまで死の場面まで闘わねばなりません。お父様が共におられるのです。お父様は最後まで闘い、最後には勝利を収めるみずからの息子娘として信じておられるのです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。