ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

北朝鮮が実質ICBM発射実験を強行しました。米国のレッドラインはいつ超えるのか?

昨日はアメリカの独立記念日でしたが、北朝鮮からとんでもない贈り物が届きました。

日本時間の今朝になって米国国務長官ティラーソンはICBMの発射実験であることを認めました。

発射直後は中距離ミサイルというアメリカの発表でしたが、実質、長距離弾道弾でなないかという疑問が出されていました。

ここでICBM(大陸間弾道)と認めたということは、アメリカの軍事行動の決断を迫るいわゆる"デッドライン”にかかわることとなります。

もちろん今の時点で急速にアメリカの軍事行動が差し迫っているわけではありません。

この伝家の宝刀(問題解決の最終手段である軍事行動)を抜くまでにはもう少し時間すなわち一年くらい〜二年前後と見られますが、その理由が三つほどあります。

一つは北朝鮮のICBMがまた完成段階まで来ていないことです。完成段階とは何かというと実戦配備ということです。

軍事専門家の意見を総合すると今回のミサイルは高度約2500km、水平距離約930kmと言われています。これを最も遠い距離を出す角度で発射したとすると距離6500kmを超えるだろうと言われています。

これはアラスカに完全に届きますが、ハワイには届くかどうかわかりません。ハワイにはアメリカ太平洋軍本部があり、大変な脅威ではありますが、アメリカ本土には届きません。

そして今回のミサイルの一段目のエンジンに限界があり、二段目のエンジンを乗っけてやっとこの距離を稼いでいるのでさらに飛距離を伸ばすことが技術的に簡単ではないことが挙げられています。

二段目ロケットをさらに充実させて大型化すると、車両搭載に難点が生じて、移動式が難しくなるという問題が出てきます。

ですからアメリカ本土に届くまでにはもう少し時間がかかるでしょう。

それから高度2500kmというのは大変な距離です。宇宙ステーションの位置が高度が400kmくらいと言われていますからその高度の数倍の高さ、つまり宇宙の遥かから再び落ちてくることになります。

この大気圏再突入時にはロケットの表面温度が六千度にも達すると言われています。

例えは悪いですが、9.11の世界貿易センターのテロ事件の時、ビルの鉄骨が溶けた温度がそれくらいと言われています。そのような高温にロケットの先端部分が耐えられるかどうかわかりません。

北朝鮮と韓国の双方が必死でこの部分の回収を競争して探しています。その破損の程度から再突入時の高温と衝撃にどの程度耐えられるか判明します。

それにより核弾頭の搭載が可能かあるいはコントロールの是非が分析されます。

二つ目が外交的圧力(韓国では対話とか言っていますが。)が完全に失敗という結論が出るまでもう少し時間がかかります。

先の米中首脳会談の結果、アメリカは中国の北朝鮮に対する圧力に期待しましたが、これまでに成果がなく、アメリカは対中政策を変更し、中国に対する圧力を強めました。

その結果を見てアメリカが中国への期待を完全に失うまでにはもう少し時間がかかます。

中国も10月ごろに控えた共産党全国代表大会があり、中国の首脳の人事があります。

それを無事成功させるまでは波風を立たせたくないつまりのらりくらりとやり過ごすしかありません。

また、アメリカとの激突は絶対避けようとするため、時間稼ぎしながら、北朝鮮に圧力を加えるふりをしますが、保守強硬派に配慮し、アメリカにも対抗して、国内の反発も抑えます。

するとアメリカは中国の協力も目に見えては得られず、次の北朝鮮の暴発、例えば、6回目の核実験が行われるなどが起きない限り、急激な政策転換はできないでしょう。

さらに三つ目は韓国が、今の状態ではアメリカの軍事行動には大反対です。

韓国が中国側に付いて、北朝鮮との融和を進めるのか、それともアメリカとの同盟強化をに転換するかを見定めなければなりません。

もし韓国の協力が得られれば、日米韓の連携強化が図られて、北朝鮮への圧力が強くなって行きますが、もし韓国が中国につけば、韓国の意向に関係なくアメリカは北朝鮮と韓国を同質と見て軍事行動を取る可能性が強まります。つまり北朝鮮だけでなく韓国の犠牲も止むを得ずということです。

文在寅は北とは同じ民族であることを強調しますが、それもいきすぎるならば、北とは同質と言うことになります。

もし韓米日が協力一体化すれば、北朝鮮の崩壊を恐れる中国はそれに乗らざるをえず、北朝鮮への圧力を決定的なものにするしかないでしょう。

つまり中朝国境の完全封鎖や石油の供給を完全にストップする、その判断がせまられるのは秋以降となります。

ズバリ軍事行動の危機は来年早々にも絶頂に高まっていく可能性は充分あります。

日本はどのようにすべきか、安倍政権に問われますが、改めて次回以降それに触れて行きたいと思います。

結論を言うと、遅くともアメリカはアメリカ本土特にニューヨーク、ワシントンに届く核搭載のICBMが実戦配備段階に入ると同時に北朝鮮に対する攻撃を実行します。それは来年の春以降ですが、それから一年以内に遅くとも実行されるでしょう。

北朝鮮韓国の対話路線を利用してアメリカを揺さぶりますが、トランプに限らず、アメリカの意思として核の恫喝は許しません。

そうなれば、民主党もニューヨークタイムズもこぞって北朝鮮攻撃を支持します。

それを避けるには?

ひとえに中国にかかっていますが、韓国が中国に屈し、中国につくようならば、中国は判断を誤る可能性が十分あります。

つまり中国が韓国とつるんでアメリカを韓半島から追い出そうとするとアメリカはレッドラインを超えるしか選択肢がなくなります。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。