ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

日本の官僚達とグローバリスト達との繋がり。

それでは官僚達はなぜ力があるのか、そしてなぜ官僚組織との戦いがトランプ革命とつながっているのかを今日のテーマとしたいと思います。

私も家計学園の問題がこんな急展開していくとは思っていなかったのでいろいろな準備ができていませんでした。

しかし天の摂理が急がれているのか、サタンの攻勢が激しくなり、とても急がれる展開となりました。論理の展開や実証性にやや難もあるかと思いますが、趣旨をご理解いただければ幸いです。

サタンの攻勢のひとつが韓半島の金正恩による核・ミサイル開発の急展開であり、また世においてはトランプ革命にたいしてロシア疑惑をはじめとする攻撃が、すさまじい中で、日本だけが、安泰というはずがありません。

ですから唐突な形でしたが、サタン側から攻勢は必然的です。

サタンの発悪の世界的展開は共産主義の問題、イスラムテロの問題、そして二代目王様の言われるグローバリスト(最近その内容に当たるものをディープステートと呼ぶようです。)

それではなぜ日本の官僚組織が、これらと繋がり、またその戦いがトランプ革命と繋がるかというと日本の官僚組織は昔から、このディープステートと繋がり、彼らを利用するのです。

官僚の力の源泉はどこでしょうか?それは大学卒業以来、ずーと専門的に行政権限のある組織に居続けることによることによって、法律と行政権限により、国の内外にさネットワークを築いて力を蓄えています。

もともと国が建国される時、国王の権限が強い時は軍隊と官僚組織が強くそれに支えられて国政に力がふるえました。

日本の戦前まではそれはあてはまりました。

しかし、戦後アメリカ的な民主主義というほとんど経験のない政治形態にどのように官僚は対応すればよいのか、難しいところが出てきたのです。

もともと官僚とは国家と国王つまり国の最高権力存在に忠勤を励みます。

戦前までは大日本帝国と天皇陛下であったわけです。

それがなくなりましたが、主権在民の観念から、国民とやはり行政のトップに立つ国民の代表である国会議員を中心とする内閣、この内閣に忠勤を励むということになります。

ところが内閣が国民から支持されなくなつたり、また官僚達にとって非常に具合の悪い内閣となったらどうするか?、

官僚が見捨ててしまう、あるいは自分達の意思を影で抵抗するという事態となります。

今回の内閣支持率が急に大幅に下がったのは官僚トップに立った前文科省事務次官の前川氏の形に現れた反乱ということで、一気に支持率が下がりました。

行政機関の事務方トップにはそれだけの国民の信頼があります。

しかし、彼の座右の銘的に大事にしている言葉が、“面従背腹”と聞いて、それを言うというのはあまりにあからさまで呆れました。官僚達の本音をあますところなく伝える言葉です。

それでは彼らは心からの忠勤をしていないとすれば、国家や国民にどのように仕えているのでしょうか?

彼らは省益あって国益なしと言われるほど自分達の権益いわゆる縄張りには貪欲です。

しかし最後はもちろんどこかで国のことも考えています。

しかし忠節を誓う内閣は一年や二年でくるくる変わります。

その都度方針も変わります。大衆迎合的な「筋のよくない」政策も出てきたりもちろんします。

すると法律行政に一番安定的、長期的に精通するのは官僚組織となります。

誰が政権を取っても官僚がしっかりしているから日本は大丈夫などと言われる始末です。

ところが民主党政権となって統治経験のない民主党の彼らは官僚が協力しなければ何もできなくなっていることに気づきました。

最後の野田首相が消費税の最も大きな理解者となり、推進者になった理由がここにあります。

官僚達は彼らを手のひらに入れて牛耳ろうとしました。

ところが、国民の支持が下がったこともありますが、アメリカが本気で民主党政権を見捨ててしまったことを知り、彼らの民主党野田政権を完全に見捨てました。

追い詰められた野田さんは解散選挙に出るしかなくなりました。

なぜアメリカの意向が決定的か?いうまでもなく安全保障を中心としてアメリカに依存せずして国がやっていけないことをよく知っているからです。日米安保を中心とする信頼関係は民主党政権では修復が不可能なまでに傷ついていたのです。

ではアメリカも政権は日本ほどではありませんが、政権はもちろんよく交代します。

すると、アメリカでも変わっていく政権よりも政権が変わっても政権を自分達の手で操ろうとする大勢力があるのです。

それが政府を超えた存在、グローバリストであり、ディープステートなのです。彼らは民主党、共和党両党に力を持っていますが、より操りやすいのは民主党なのです。

共和党はタカ派が多く、自分達の政治信念が固い人が多いからです。

官僚達はダボス会議その他でこのグローバリスト達とよくコンタクトしています。

彼らの力の源泉の隠れた一つとなっています。

ですから、日本の官僚は最後の保障、保険としてのアメリカとの繋がり、それは表向きの政府だけでなく永年にわたり、グローバリスト達との繋がりを持っているのです。

TTPというものの本質も日本の官僚とグローバリストの暗躍?活躍があって出来上がったものであり、資料なとが出てこない一つの背景となっています。

つまり、国民に隠して、国内の議論を避けて官僚達とグローバリストの主導よるものです。つまり国民からの視線を通過せずに決めていくことがトランプ革命と精神が離れています。

そこに問題の本質が見えてきます。

それではまた次回に。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。