ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

自分の十字架とサンクチュアリー教会。

「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい」(マルコの福音書8:34)

「イエスは、みなの者に言われた。『だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい』」(ルカの福音書9:23)


有名な聖句です。


今までの家庭連合から新しいところ、例えば、サンクチュアリー教会に移ったとしても、素晴らしい役事を受けられるかもしれませんがそうでもないかもしれません。プログのどなたかがおっしゃっているように、自分自身にとってもあるいは組織ができてきて組織全体にとっても同じことの繰り返しということも充分あり得ます。


同じ課題がついて回ることは間違いありません。その事を深く自覚する必要があります。

例えば、妍雅ニムはもし自分が最後のお母様の失敗を繰り返すようであったら、つまり自分を先立てて夫をないがしろにするようであれば、私に石を投げて打ち殺してください。と言われました。私はよくわかっているのだから同じことはしません。というふうにはおっしゃっておられません。なんと激しい言葉でしょうか?



私達はそれくらい大変な課題を背負っています。あっちからこっちに(所属)が変わったから今日から全てが変わっていくんだと、そう簡単にはいかないでしよう。私達自身の決意、覚悟がいります。例えば、私や共にいる人がサンチュクアリーのことをぶつけて面談をした牧会者の方々に私は痛烈な批判をしできました。


しかし、それはたまたま私が牧会者という立場に今いないだけで、もし自分が今その立場にいれば同じようにしていたのではないか?と常に思っています。つまり、私の自覚は、その人たちと自分にはそれほどの差はないと思っています。


だからこそ相手の考えや感じ方がわかるし、それはもう一人の自分との熾烈な闘いでもあります。私が家庭連合の問題点がわかればわかるほどそれは自分自身の課題であり、つまり自分の十字架です。


そんなことまで、背負うのは無理だとお考えの方ももちろん多いと思います。それはそうです。しかし、自分の堕落性はやはり、自分の十字架です。神氏族メシヤをしようとする時、自分の家庭や自分の氏族の課題は自分の十字架でしょう?


それらの課題は全く変わりません。むしろ本当の闘いはこれからです。なぜなら、勝利してこなかった課題を今こそ順序はあるでしょうが、解決する時が来たからです。国進様が勝利してくださいました。カインとしての完全な勝利をしてくださったのです。


幹部の方々が、今まで中心者と言われた方々が失敗した?とすれば同じことが繰り返されるだけだろう、とかやっぱり失敗するんじゃないか?とか本当にこっちは大丈夫なのか?という疑問は当然でしょう。しかし、国進様が勝利しました。


ですから、国進様ご夫妻が今回、亨進様ご夫妻に王冠を被せ、王服を着せた時、聖霊が働き、涙がその場を覆いました。妍雅ニムの証しのように神様と真のお父様が国進様ご夫妻の手を通してされたのです。この話を今朝妻にすると涙を流していました。



私たちはこれから、安心して国進様ご夫妻に敬礼することができます。裏切られることはありません。私の娘がお父さんとお母さんが間違っていて私たちが地獄に行ったら責任をとってね。とみんなの前で言われましが、私は笑いながらもちろん。と答えました。三代王権の確立は国進様ご夫妻の勝利あってのことです。


私たちは自分の十字架を背負うだけでなく、その十字架さえも否定されたと感じたしても、国進様ご夫妻と一体化し、亨進様ご夫妻と一体化すべきです。

私たちは疲れました。自分の十字架に背負うだけでなく、このダメな組織のために疲れ果ててきました。疲れきった私たちがこれまでのこのような十字架をも自己否定される時がきました。


それは同時に最高の祝福です。今までの苦労も決して無駄なものではありません。イエス様の十字架を思ってください。その十字架の許しのおかげで今日までのキリスト教の出発と人類への貢献があったのです。その恩恵ゆえに再臨主の時代を迎えることが出来たのです。


イエス様にとっては十字架の恩恵までも再臨主の時代が来れば、否定される時を迎えたのです。イエス様の十字架は失敗であったのですと。私たちの背負ってきた十字架も失敗したのかと思われるかもしれません。その否定された十字架をも亨進様を通してお父様に捧げて新しい出発をしましょう。


お父様はご自身のことを肉体の十字架を7回越えてきた。しかし、再臨主の真の十字架は心情の十字架と言われました。新しい葡萄酒は新しい皮袋に入れなさい、とイエスは言われました。サンクチュアリィ教会は新しい十字架を私たちに与えてくださいます。今までの十字架を乗り越えた素晴らしい十字架です。


さあ、新しい出発をしましょう。必ずみなさまを聖霊が働き、天が祝福する時がくるでしょう。その時が来たのです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。