ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

李ホテクさんの集団や霊的な証を中心にする方々について思うこと。

二年前ブログを書き始める前から、栄進様が霊界から啓示を降ろされていて、祈祷会が開催されているといった話は聞いたことがありました。

また一昨年の秋ごろでしたか、李ホテク氏のビデオは見たことがあります。韓国での復帰がすごく進んでいるような話もその時聞きました。

しかし、講義の内容を見てこれはサンクチュアリの中の異端ではないか、ちょっとひどいなと正直思いました。

韓氏オモニ(お母様)と亨進様が裏で通じていて、亨進様の非難も韓氏オモニから幹部たちを引き離すためで、やがて韓氏オモニは亨進様と一緒になられるのでその時皆様はどうするのですか?という部分があって、他のところも心霊的に響くところがなくて、なんか理論的に説いたりしていましたが、こんな話でたくさんの人が来るようではどうなってんだろうと思っていました。

やがて消えていくのだろうと思っていましたが、ずっと名前がどこかで出ていたようなので不思議だなと思っていましたが、今回の分裂騒ぎで、やはりこの人かとなるほどというのと残念だなあという気持ちです。

統一教会でも私が入会する前にも、霊能者を中心として、久保木会長は失敗したという騒ぎがあって、混乱したということで、巻き込まれた人がいました。

またその後も最近まで色々な霊的集団が現れました。

理論的な面と、ある程度実証的な面とそれがきちんとしていなければ霊的な証のみで判断するのいうまでもなく危険です。

そのような霊的な啓示は正しいかどうかというよりも、それを用いる人たちが、自己中心的であるかないかが大事なことだと思います。

それは、完全な人はいませんから時間が経過していくうちに、はっきりとその人の方向性が見えて来るのだと思います。

何れにせよ日本はこのようなものに対して亨進様の話されることを、きちんと理解して対応されることを期待しています。

ただ、韓国は先日このブログでも触れましたが、分裂(事実上の内戦状態だと言う人もいますが、)は避けられない状況になっていくのだろうと思います。

サンクチュアリは摂理の中心ですから、大なり小なり私たちミクロの歩みもマクロにつながっています。

韓国に「国をかけて蕩減の中心に立つ人」が現れれば良いのですが、二代目王様の言われるように逆さ十字架の道しかないのでしょう。

二代目王様が言われたからそうであると言うのが適切であるかどうかかりませんが、戦争でなくても、もはや韓国は脱出された方が良いのではないかと言うのが私の意見です。

李ホテクさんやそのグループやおかしくなった方々がどれくらいおられるのか分かりませんが、見分けがつかなくなってくると、日本に来られる際にも障害にならなければ良いと思います。

日本に来られるかどうかは別にして、早く韓国を脱出されることをお勧めします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。