ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

脱会宣言から一日が経って感じたこと。やり切れない思い。

昨日の脱会宣言から1日が経ちました。思った以上の反響があり、あらためて脱会という行動が結構インパクトのあることを感じました。



しかし、今の気持ちは複雑なものがあります。続いてぞくぞくと脱会してほしいかというと正直に言うと必ずしもそのようには思えません。



脱会などしたくなかったというのが正直なところです。だからと言って後悔しているわけではありません。



幹部方々や食口たちが真剣に祈り、考えて真実に気づいて欲しかった、というやり切れなさ、情けなさがあります。



確かに亨進様はお母様をますます激しく叱責され、 断罪されておられます。それはとても辛いことばです。しかし、私が辛く感じるその数十、数千、数万倍亨進様の方が苦しい厳しい闘いをされてこられたと確信しています。



それに思いが至らない幹部たちの無神経さ、無能さ、いい加減さに呆れます。



お母様は韓家の家系をメシヤの血統を生んだ文家の血統よりも重んじてこられました。私は産まれながらにして胎中から聖別された者でお父様はそうではないとか、神の一人娘(独生女)であり誰からも教育されていない、というお母様のお言葉はあんまりです。



そういう言動に対して幹部の誰からも疑問の声が上がらず、亨進様を嘘つき、親不孝と非難するばかりの幹部たちには本当に失望しました。

お父様が給料をもらって公職をしてはいけないと言われたことがよくわかりました。



しかし、お父様は食口や幹部たちが自らの考えや判断で改革の狼煙をあげて欲しいとお思いであったと思います。亨進様の9月27日の説教の中でお父様とお母様の子供や食口への教育のやり方に大きな違いがあったことを語られていました。



子供や食口たちに自由を与えていくお父様のやり方に合わせるべきでした。それに統一教会の失敗があったと思います。お母様のやり方は幼児や幼い時期なら、良いかもしれませんが、結局ただ従うだけの自らの判断や決断のないつまり頼りにならない今の幹部食口の姿にしてしまいました。



さまざまなブログ村の指摘を待つまでもなく自立できないあっちからこっちに従う相手を変えるくらいにしか考えられないレベルでしかありません。その意味で真剣に考え、祈ることもできない兄弟姉妹が哀れです。



私が愛した教会の食口たちはこんなはずではなかったはずだ、とお父様も嘆かれておられるのではないでしようか?



正直、私も似た思いがあります。したがって脱会などしたくはなかったのです。亨進様、国進様が教会の中枢から去られて、アメリカの片田舎に行かれた時どんなお気持ちだったでしょう?



お母様はすっかり変わられました。お父様にもっとも忠実であられ、もっとも模範的であられたお母様をもはやおられず、自らを神とする恐ろしいばかりのお姿です。それが本当のお姿ではないと思いたいですが仕方ありません。一方が神ならば他方はサタンです。相対立するようなどちらも信ずるのは多神教です。神様は絶対的に一つです。



いずれにせよ新しい出発です。賽は振られました。私の心にやり切れなさはあるとしても微塵も迷いはありません。



私にとって、明日30日は統一教教会、家庭連合から決別する日です。キリスト教が失敗しなければ、統一教会はありませんでした。統一教会が失敗しなければサンクチュアリー教会はありません。苦渋の決断を経て、今の亨進さんがおられます。もはや必然です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。