ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

脱会して思うこと。サンクチュアリー人となった感想。


ブログ数日お休みしておりました。脱会宣言したその翌日から急に仕事が忙しくなってこの5日間16,13.11.10.13.時間といった勤務状況で、人手不足で仕事が詰まって最後はミスだらけになって力仕事も多いので、ブログ書いている時間もありませんでした。


一方で、霊の子も昨日サンクチュアリーに入りたいと言ってくれたし、近所の婦人も集会があれば、参加したいといわれて、今までの教会にはもう行かないと言ってくれます。ほかにもサンクチュアリー人からの連絡で日曜日に会う人がいて、そのあとも会わなければならない方々が、おられますが、だんどりがつかない状況です。


ブログ更新も気になりますが、みんなブログは見ていませんと言われて、(苦笑い)数日お休みしていました。


先回、「やり切れない思い。」を読まれてくださった方の中には頑張ってと言った励ましをいただき、そういう状況ですので、この場を借りてお礼を申し上げます。


今迄の教会に40年以上いたわけですから、駄目になったとなれば、その責任は自分にも当然跳ね返るものだろうとおもいます。失敗をみとめ、再出発をすることは謙虚でかつその原因を自分の中にも求めねばならないでしょう。この教会を通して、南北統一も含めて神の摂理が全うされると信じて、やってきたので、苦い思いを持ってきました。

しかし、その責任かは自分にあると自覚し、サンクチュアリーに参加しました。3月の家庭連合側の対応でそのことははっきりとしました。神様のみ旨を果たすためにも、お母様を救い出すためにも、神様が摂理を進める足場を造らねばならないと思いました。



2月から亨進様の説教などブログ村の記事を読んで、またこの一か月くらい日本のサンクチュアリー人と接して思うことは改めて、その違いを実感しています。



一言で言えば、天国は組織で入るものではなく、自分の手で扉をこじ開け、家庭を通して、氏族とともにはいるところということでしょうか。一番の違いは教会はそのための協助役であり、平たく言えば、天使長的役割でしょう。アダムとエバを育てる使命です。ただ、対外的には、組織がしっかりとできているべきですし、渉外活動などは組織的なところが必要です。



統一教会のアベル、カインの関係で組織の上位者がアベルであるというのはお父様の心情、みことば、あるいは情報の提供といった面では否定はできませんが、直接、お父様、亨進様ご夫妻につながるべきでその仲保の役割が中心ということでしょう。



日本に於いて組織の在り方、組織論の中でアベル、カインが語られてきた傾向があります。


これから、具体的に教会を内外ともに築き、育てることは大変かなと思いますが、皆様のご理解とご協力、また厳しいご指摘も含めた叱咤激励があってこそ成り立つものと自覚しておりますのでよろしくお願い申し上げます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。