ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

安定か?自立か? 天一国を作るには。

実は職場ではなかなか厄介な事柄が存在していてその件が絡んで人が辞めたり、パワハラとかなんとかで中核メンバーが休んだりして、落ち着かない状態になっています。

会社に対して厳しい?要求をしてくる外部の組合に2割近い社員が所属しています。

その組合と会社側の社員との激しいバトルの中で私は従業員のある面、管理的部門の一端を任されているので、両者との付き合いを業務上でもすることがあってな仲良くはさていますが、神経をすり減らしながら、日々を過ごしています。

会社、従業員双方にとってつまり、会社全体をよくしようという建前は共通するものもあるのですが、まあ、レベルの低い問題でも、街宣車、拡声器などを用いたり、噛み付いてくるようなものの言い方をしてくる人達です。

もちろん警察も何度も呼んだりしていますが、簡単に終わらない問題です。

六十人以上が働く職場には現場を回しているのは班長、副班長しかおらず、それ以上の責任者はほぼ不在であり、班長や降りた立場の元主任とかの負担も相当なものがあります。

会社は結構大きな会社ですが、組合は本社との団交を一年以上続けていて、止むを得ず会社も要求に応じている面もあれば(コンプライアンスの面で)応じられないのか長引いている問題もあります。

その組合はあの辻元清美議員も絡んでいる極左グループで、検挙歴のある活動家も多く、家宅捜索やらでネットで見てもある程度有名な団体のようです。

私が入社したときは、大変なところだからという理由からか、取締役の1人が職場にほぼ常駐してしていましたが、組合の分会長としている代表者がいないときにしか顔を見せない様子でした。

ところが、私が入社して半年後には取締役は人事で移動し、元センター長という実質的な業務を仕切る立場の人までも三月末には人事移動となってたまに手伝いに来るくらいになりました。

全くと言っていいほどほぼ責任者は不在状態になったのですが、それでも残った主任や班長などで業務を回しています。

今月2人いた事務員の1人が会社を辞め、来月には組合にいた中堅社員が辞めることになり手続きに入りました。

基本的には人間関係のもつれから、組合に入って会社に圧力をかけるという構造です。

私は新人ながら、職務上もあって両方とのコミニュケーションをとっていますが、前の取締役も含めて、相談やら何やら私のところに話しに来られます。従業員も含めた会社全体にとって良い方向に向かっていくように調整が必要です。


ブログを書くのも成長につながりますが、社会での体験も刺激的で、いろいろ考えさせられます。


もう一つ最近アドバイスに苦しんでいる?のが知り合いの二世からの電話で軽い相談を受けたことです。

ある一流の上場会社で、本人曰く、かなりのホワイトな会社で、有給を使って、去年、今年と海外やら何やら出かけている社業でもかなり有能な社員ですが、最近外資系の世界的企業にヘッドハンティングされているそうです。

そこに移れば、すごい金融関係の勉強をさせてくれるらしくて、(本人曰く、勉強が好きなのです。)

コンサルティング的な提案型営業で ほぼ自立して自由な時間が使える魅力があるそうです。

ある程度二年くらい?で完全歩合制になってやがて、億以上稼ぐ人もいれば、収入ゼロになって辞める人もいる職場だそうです。

こちらの経験やらネット情報も含めて基本、慎重な判断を求めましたが、最終的には自分が、家族とよく相談して腹を決めるしかないのではないかと思います。

食口の家庭ですので、例によって親は貧しく、彼は長男で、自分の家庭だけでなく、親や兄弟まである程度いろいろと、面倒を見なければならない立場です。

しかし、有能でかつ覚悟があれば、社会的に上位層に入り、所有権移転をして、土地を持ち、資産を持ち、天一国の基盤を作らなければなりません。

まあ、私もささやかなお手伝いをしたいとは思いますし、コンサルティングで腕を磨いて、社会の上位層に渉外をしていく立場に立ってほしいと願っています。

親に連絡すると本人は時機を見るけれども近い将来転職して自由を手にしたいと転職する気満々ということでした。

まあどうなるかはわかりませんが。皆さんはどう思いますか?せっかく大変な就職試験をくぐり抜けて、一生ほぼ安泰?なサラリーマン生活を捨てて、自立的職業を選ぶことになりますが。

しかし、安定か、自立か、を問われれば、間違いなく、自立を選ぶのが、サンクチュアリィの基本です。

二代王は安定よりも変化を求めることを進めておられます。

もちろんその方が試練が多いかもしれませんが、それだけより成長できるからです。

そうでなくて、どうして天一国が実現するでしょうか?

世の中の不純な悪魔的支配から逃れるためには、世の中を批判する立場で発信し、それを糺すためには、あらゆる意味で自立していかねばなりません。

しかも上手にやる必要があります。

そのような成功した例をたくさん作りながら、力を合わせて天一国を作らなければなりません。

外に向かって切り開かなければならないのに内向きなまたマイナスなエネルギーの使い方は無意味です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。