ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

もし万一お母様が地獄に行くとしても最後まで信じて従う。その2

さて、タイトルの言葉はある統一教会のバリバリの現役幹部の「分派」に行きそう人への面接での別れ際での言葉ですが、確かにお母様への忠誠心と信仰、あるいは愛情も感じられる言葉です。

私は昨日そのような愛情や信仰は間違っている、逆にお母様を地獄に追いやるものと言いました。そのような情緒的信仰は、底の浅いまた危険なものになりかねません。

勝利したお母様が地獄に行かざるを得ないという状況は大変な事態です。たとえば洗礼ヨハネがイエス様を不信して彼の運命はどうなったでしょうか?そのことを考えて見てください。それは遠い昔の話、原理講義な中で聴いてきたお話しの1部ではなく、現実の世界の話です。


真の父母がメシヤということはイエス以上の王の王です。お母様がお父様と行く方向が違うってしまえば、たとえどんなに勝利したお母様であられてもサタンが真の家庭に侵入し、子女様方をお母様から引き離し、そしてそれまでも幹部達を操ってきたサタンの思いのままに統一教会に侵入してくるようになります。


またある幹部はこう言います。不正を働く幹部達はいるでしょうが、それは時が来れば裁かれるでしょう。しかし、私達が関与すべきでなく神様がされるのを待って従うべきだと言います。しかし、それはサタンの活動を放置するだけのことです。

もはや幹部を叱り、諌め、おさめるお父様はおられないのです。お母様は幹部達と妥協し、利害をともにされる道を選択されました。メシヤともうわさされた洗礼ヨハネに対して従うだけの彼の弟子達はどうなるでしょう?


1945年.韓国は開放され、メシヤである真のお父様は家庭から民族、国家を超えて世界的勝利基盤を7年間で完成されるはずでした。その時、不信をしたのは金百文でした。その結果はどうなったでしょうか?お父様は家庭を捨てて北韓にただ一人で行かれ、韓民族は分断され、同族間で血を血で洗う骨肉の戦いが繰り広げられ、お父様は興南に行かれました。


後世の人々は誰を非難し呪うでしょうか?お父様ではなく、お父様を不信し、お父様を異端としたキリスト教界の指導者を呪うでしょう。

その悲劇の責任は誰にあるのでしょう?統一教会の教祖はただの一宗教の開祖ではありません。世界の運命を背負う文字通り地獄と天国を分ける方です。地上天国が遠のき第ニの韓国動乱となる時、また同時に中国共産党が倒れる時、どれだけ悲惨な事態となるか。


その責任を問う讒訴は誰に向かうでしょうか?お母様がもしお父様と方向を違えてサタンが統一家に侵入し、韓民族に侵入し、国家に侵入し、世界に侵入し、悲劇的結果を招く時、その責任を問う讒訴は誰に向かうというのでしょうか?お母様に向かわざるを得ないというのです。


その責任を取りお母様をサタンに讒訴から、守らなければならないその幹部達が、身の保身のゆえに互いの罪状を覆い隠しているのです。


そのような悲劇を許していいのでしょうか?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。