ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

ケンカしてもサタンとの戦いは勝利しましょう。

今更ながらですが、わたしたちは信仰生活のほとんどを統一教会、今の家庭連合で送ってきました。そこで意識して或いは無意識に身につけた感性やら感じ方があり、すぐにはサンクュアリ、二代目王様のみ言葉とすぐには消化できないところもあるようです。

たとえば、ケンカもしていいのですと言われるとえ〜〜っと思います。そういえばご子女様達は幼い頃からよくケンカをしたり殴ったり殴られたりする話しが結構ありました。

躓くこともあるだろうとおもいますが、それはありのままの現実です。なぜそのようなのでしょうか?

そのことの理由の一つはサタンとの戦いにさらされる立場での訓練と見ることができます。

サタンとの戦いは観念的なものではなく、隙あれば即侵入しようとする霊的存在であるサタン勢力との戦いはいつからでしょうか?

幼い頃から訓練を受けて次第に本格化するその戦いに備えなければならなかったと思います。

その戦いの肉体的先端こそ総合格闘技と言えるでしょう。相手に一瞬の隙あれば相手を秒殺し、逆に自分に一瞬の隙を見せれば、秒殺されます。そのような戦いに私達もまた無縁ではありません。

私達3000双はサタンとの戦いの最前線から復帰されまた、これから家庭連合の数万、数十万の人々を救うための初穂であり、霊的戦いの先陣をきる尖兵でなければなりません。

もちろんそれは中央集権的全体主義、集団的ではなく、個人では心と体、或いは祈り、み言葉、ために生きる生活、などであり家庭では伴侶や子供に尽くし、よく授受して良き家庭を作り、ともに歩めるように、家庭を天国基地とすることができるように信仰的戦いをすることが基本です。

特に夫や妻が家庭連合にとどまっておられる方は深刻だおお思うのです。家庭連合のときの既成家庭のご主人復帰以上の大変な霊的、実体的実践の戦いの場であ流と言えるでしょう。

国進様からの助け船としてタマル方式と呼ばれる祝福がありましたが、タマルのような「血統に対する命懸け」の信仰がなければなりません。単に形式的な便宜主義的手段にとどまっては霊的活力を失います。

そのようなみ言葉に沿った本質的戦いを家庭連合ではやりきれませんでした。そのような曖昧さが霊的にボケてサタンの侵入を結果的に許してしまいました。

ケンカと見えても(ケンカするのがいいとばかりも言えませんが)真剣に向き合い自然屈服の戦いを粘り強く、執念を持ってまた確信と信念と何よりも全てを勝利された真のお父様とともに乗り越えて勝利をつかむことが大切です。

そのような勝利のためにはサンクュアリ人との授受作用が重要です。信仰の友、信仰のアドバイスを受けられるひとを持ちましょう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。