ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

朴大統領の危機と韓オモニの失敗と私達の覚悟。

今急展開している内外情勢と言えば、当然韓国大統領をめぐる混乱があります。朴大統領の支持率は5%と一桁以下となり特に全羅道では1%未満すなわち0%となりました。

これはまさに審判の始まりすなわち外的粛清につながるものでしょう。韓オモニの衝撃は計り知れないものがあるでしょう。

韓国は神の祖国、漢民族は選民であり神の保護の中にあるという考え、認識が崩れつつある恐怖の中にあると言っても過言ではないと思います。

もし大統領の辞任となれば次の大統領が実権を握るまでの約二か月に及ぶ力の空白は北の介入を招く絶好のチャンスとなり、暴発を呼び寄せかねないのです。

ここでも戦争、内戦、紛争の危機があります。ここではやはり韓オモニや家庭連合の幹部など責任分担や北の金正雲がどのように判断するかで大きく左右されることでしよう。

朴大統領が、一民間人で、しかも霊的能力に長けていると言われる崔女史に大きく国政でも左右されてきたという構造は、韓オモニと金孝南氏との関係を想起させます。

崔女史の父親が朴大統領の母親の死後、母親の霊が降りてきて、自分が死んだのは娘である貴女の時代を開くためであったと語ったといわれるのはまさに瓜二つの経緯を感じさせられます。

母親に会いたければいつでも自分を通せば会えると言っているのも同じでしょう。

薄気味悪いほど関係性がにていることに韓オモニご自身も驚かざるを得ないと思いますが、家庭連合の方々は何も感じないのでしょうか?

いよいよ明るみに出ざるを得ない時が来ました。

朴大統領が断罪される時が迫っているように韓オモニの過ち、失敗、犯罪が明るみに出る時が近づいてきました。

なぜそのようにいうかは歴史的審判であるがゆえに避けられず、また国と世界に深刻な影響を与えるものだからです。その審判に家庭連合は耐えられず、審判を境にして神のなせる業が明らかとなるでしょう。私達は昨年から始まった七年の艱難に対して心して向かわねばなりません。

朴政権が音を立てて崩れる時、その受け皿が準備されるか否かは、家庭連合が崩れる時にその受け皿が準備されているかどうかを神様が問うておられるそのような難局に差し掛かっていることを強く感じさせられるのです。

国を救う真の「サムライ」が立ち上がる時が来ました。サンクチュアリーで王国の基盤と確かなものにすることこそこの艱難の時を乗り越えるものであると確信しています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。