ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

ペンシルバニア、この地に神様が降臨されました。

私ごとで体調のことでご心配のご連絡を何人もの方からいただいて本当に感謝です。この場を借りましてご心配いただいた方々に心から御礼もうしたげます。

だいぶ休めて、疲労もとれてきたように思ったのとトランプの勝利でストレスも吹っ飛んだような気分です。

しかし、あらためて摂理を担う自由と責任を更に感じるこの頃です。仕事も朝早い4時からですが、9時から昼までには終わる半分以下に仕事量にしてもらってアルバイトのはずでした。

ところが社会保険付きの正社員のままで、朝一番のハードな積み込みから、社員出社の点呼する役割が5時まであったりして、かえって責任を感じざるを得なくなりました。でも肉体的にはだいぶ楽になりました。歳なのでそれも感謝です。

人間は常に新しく生まれ変わらなけばなりません。肉体は衰えていったとしてもそれを訓練して補いながら心を鍛え、魂を復活させて生きるべきです。

霊界のお父様と二代目王様は責任を果たしてくださいました。マスコミの影響を受けて、私も本当にトランプが勝つのか葛藤がありました。

しかしお祈りをしてみると、大丈夫だよ。トランプが勝つよ。という返事がすぐ帰ってくるのです。特に10月30日の先祖解怨、生きれなかった胎児新生児堕胎児の解怨後は怒涛のごとく霊界が協助したと思いますし、明確な答えが返ってくるのです。

テレビの開票速報の中でフジテレビの安藤キャスターが、投票した人に取材した報告を聞きました。彼女のリポートではあちこちで投票所に着くまでどちらにするか決められなかった。いよいよ投票するときにトランプになったという有権者の声を聞いた。というのです。

もちろんトランプにした理由は様々でしょうがどうしてもヒラリーには入れられなかったということです。クリスチャンは神に祈ったでしょうし、良心家は自分の良心に聞いたことでしょう。そのような人が多かったのです。

迷った人の後押しを霊界から解怨された霊人達がしたことでしょう。

二代目王様の解怨の役事恩恵を感じます。私達は類い稀な時に二代目王様、三代王権とともに同参しています。本当に感謝です。

国進様が、昨年、ペンシルバニアのスクラントンという町のラッカワナ大学の理事になったそうです。なんとそこにトランプが投票日の二日前に来て集会をしたというのです。ペンシルバニアには私達も知っている独立宣言の出された伝統ある大都市フィアデルヒィアでもなくトランプのターゲットの白人労働者の多い鉄鋼の大都市ヒッツバークでもなく、日本では聞いたこともない町の、聞いたこともない大学に来て選挙集会をしたというのです。

まさに霊界に導かれたのですね。亨進様は自分達の庭と表現されていました。ペンシルバニアの票の勝敗でトランプの勝利が決定しました。まさに導かれた予定された二代目王様の荒野がペンシルバニアのニューファンドランドの地でありました。

神様がこの地をご存知であり、二代目王様を招かれました。そしてこの日を待っておられたことでしょう。

この地この日、神様が、真のお父様が降臨されました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。