ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

韓国に対する審判とは?戦争は避けられるのか?

前回の続きです。

韓国に対する審判はどうなるのか?

審判の意味は滅ぼすことに意味があるのではなく、いかに蕩減条件を成立させるかにあります。

イエスの十字架は再臨主が現れるまでの二千年間の蕩減期間が必要になりました。

しかし、今は再臨主は三代王権を立てられました。そこで審判は七年間と言われることになります。しかし、七年間は家庭連合にもそうなのか、韓国に対してもそうなのか、サンクチュアリの聖殿だけになのかよくはわかりません。

三代王権とともにあるサンクチュアリ聖殿の責任がどこまで果たせるのかにかかっているのかもしれません。

責任とは罪を清算するという蕩減をいかに成し遂げるかに大きくかかっていると言えるでしょう。

まとめると審判は避けられないということは韓オモニと家庭連合の不信の蕩減を果たすために必然であると言えます。

第二次韓国動乱つまり戦争はその蕩減となりうるかもしれませんが、日本も韓国もその選択はありえないと考えています。

そこでそれ以外の選択肢を検討しなければなりません。

どんなにトランプ政権が、マティス国防長官を送り、今回のティラーソン国務長官を送って先制攻撃といった軍事行動を含めたあらゆる選択肢があると考えていると言ったところで韓国も日本もアメリカの先制攻撃には猛反対をします。

つまり先制攻撃をしたところで報復攻撃を受けて韓国側(ひょっとすると日本側にも)ある程度の被害がありうるからです。

90年代に、北朝鮮が国際社会を裏切り、核開発を進め、国際社会とアメリカの警告を無視した時、当時のクリントン大統領は北朝鮮の核施設への空爆を韓国側に主張しました。クリントンはまさに本気でしたが、韓国大統領金泳三はそんなことをすればソウルは火の海になると言って大反対しました。

戦争は避けられましたが、危険性は二十年後さらに大きくなりました。どこかで決着をつけなけばなりません。

ティラーソン国務長官はアメリカの北朝鮮政策は過去二十年失敗したと言いましたが、それはそういうことです。

今回もここしばらくは平和が続くでしょう。

しかし、その平和はベトナムの時と同じく偽りのものです。

繰り返しになりますが、アメリカはオバマ政権での北朝鮮に対する戦略的忍耐と称した無策という失敗を繰り返さないと明言しました。これは北朝鮮に対する警告ですが、韓国に対する警告でもあります。

それでも北朝鮮は大陸間弾道弾(ICBM)の開発を猛烈に急いでいます。この度のエンジンの燃焼実験でその成果を誇っているのはICBMの完成が近づきつつあることを意味しています。

アメリカの警告にもかかわらずなぜ北朝鮮はそのようにICBMの開発を急ぐのか?


それは北朝鮮はアメリカ政権の言葉よりも行動を信じているからです、(とくにオバマ大統領は言葉だけの人でしたが。)アメリカは核、科学兵器といった大量破壊兵器を持つに至った国は決して先制攻撃をしないというわけです。

リビアもイラクも核を持っていなかったために滅ぼされたと北朝鮮は思っています。

確かにイラクは化学兵器という大量破壊兵器を隠し持っているというCIAの報告があったために滅ぼされたとされていますが、実際はそのような化学兵器はありませんでした。

国際社会はアメリカを多少は非難しましたが、問題はCIAはイラクが大量破壊兵器を持っていなかったことを知っていたからこそアメリカはイラクを攻撃できたと思われていることです。

それを知った金正恩はなんとしてでも核ミサイルや同じく化学兵器であるVXといった大量破壊兵器を持たねば生き残れないと確信したのです。

そしてアメリカは北朝鮮の核ミサイルがアメリカ本土に届くICBMを完成させる前に北朝鮮金正恩政権を倒さなければならないと判断しています。

もしそれができなければ、今の金正恩北朝鮮王朝を永続させていくことを意味します。

まず、北朝鮮が核保有国とアメリカが認めることになり、もはや北朝鮮の体制存続を認めるしかありません。

今の時点ならば、北朝鮮が暴発しても核使用の可能性は避けられる可能性がありますが、来年以降は核使用の可能性が大きいと考えられます。

肉親と言えども殺す金正恩にとって同じ民族であってもアメリカであっても核使用をためらう可能性は低いと思われます。するとその恫喝には屈するしかありません。

ですから遅くとも来年にはアメリカの軍事行動を取るしかないでしょう。


アメリカが軍事行動を起こせば、北朝鮮も反撃して韓国が審判を受けることになりますが、そうなれば今のままでは北朝鮮はもちろん韓国も先制攻撃をしたアメリカを憎むことになるでしょう。そして韓国は分断されます。

それではもしアメリカが、韓国を諦め、北を認めて、撤退すれば、韓国は自ら核武装するか、北朝鮮核ミサイルの前に支配されるかしかありません。

その悲劇については次回書きます。

韓国は大統領選挙のあとどのような運命になるのか?

摂理的中心国家であった韓国がその位置を降りたことが明らかとなりました。そして韓国という国がなくなって行くことが危ぶまれています。

韓国はイエスを十字架にかけたことにより、国を失い、二千年間世界をさまよいました。二代目王様も国進様は韓国もそのような運命であることを示唆されました。

真のお父様のすべての勝利基準は後継者、相続者であられる亨進様が受け継がれました。その亨進様を追い出した家庭連合はユダヤ教徒と同じ立場であり、韓国はイスラエルと同じ運命ということになります。

そして亨進様は韓国は審判を受けると明言されました。


それではその審判とはなんでしょうか?その内容については詳しくは語られていませんでしたが、様々なやりとりからまず核戦争が起こる危険性が高いことがありました。

しかし、昨年の11月のトランプの勝利により世界的な戦争、すなわち世界大戦は避けられたと言われました。

それでは韓半島の審判は戦争となることなのかどうかははっきりとはわかりません。

しかし、韓国からの脱出が指示されているこやとから戦争の可能性も充分ありそうです。

一方で、李相烈会長を中心とする韓国聖殿によるトランプ大統領支持のデモを亨進様は高く評価されました。それはどの程度韓国の審判に良い影響があるのかはまだわかりませんが、トランプ米国政権にしか韓国を防衛できないことを意味しています。

今後の展開を考えると5月9日文在寅左派政権が誕生する可能性が高いので、その後の予測が非常に難しくなっています。

北朝鮮の暴発の恐れは低くなりました。なぜならほっといても韓国は左傾化し、北朝鮮にすり寄ってくることは明らかだからです。文在寅政権から引き出すのはまずお金です。そしてそのお金で核ミサイルを開発、装備するのはいうまでもありません。

この文在寅は金大中、盧武鉉政権下の太陽政策を受け継ぎ、とくに盧武鉉政権の時にこの政策を推し進めてきた張本人と見られてきました。

それだけに親北つまり北朝鮮に擦り寄ることで権力を手にしようとするいわば売国奴とも言える人物であり、韓国はその人を大統領にしようというわけです。

韓国社会は分断されます。イスラエルまで遡らなくても、最近ではベトナムの悲劇が挙げられます。

1974年までベトナムは共産主義国である北ベトナムと資本主義国である南ベトナムに分断されていました。

南ベトナムはアメリカが支援し、北ベトナムはソ連、中国が支援し、多くの年月と多大な犠牲が払われました。よくこの頃南ベトナム政権はアメリカの傀儡であり、外国により侵略され腐敗した政権とよく言われたものです。

その結果、策略の講和がなされ一時的な偽りの平和が実現し、ベトナム、アメリカの両外相がノーベル平和賞が贈られました。(北ベトナムは拒否しましたが。)

しかし、数ヶ月後、北ベトナムの戦車が南の首都を陥落させました。大新聞社どもは

これを南ベトナムの解放と書き立てました。

なぜ解放か?南ベトナムでは政権が腐敗し、汚職にまみれ、様々な批判が国内でなされて、南ベトナム民族解放戦線(通称ベトコン)なるものは愛国者的民族主義組織とされました。いずれにせよ仏教団体やら愛国者団体やらも反政府でした。

そして、アメリカは傷つき撤退しました。その後は政府寄りだった資本家達だけでなく愛国者的、民族主義的組織は徹底的に弾圧され粛清されました。

その結果、その後粛清から逃れようと数百万と言われる人々がホートヒープルのなって南シナ海をさまよい、大半の避難民は海の藻屑か、サメの餌となったのです。

そのようなことは今の韓国でな起こらないだろう?と思うかもしれません。

しかし、それでもいままでよりは中国寄り、北朝鮮寄りになることは疑う余地はないでしょう。

その時に、アメリカが去るのかどうなのか?在韓米軍を維持できるかどうかが運命のポイントです。今までのような韓国でおられることはできないでしょう。

戦争を避けるとすれば、北朝鮮、中国に妥協せざるをえないことになります。戦争でなくても経済的に行き詰まることがまず予想されます。

中国はサード(THAAD)の配備を撤回させようとします。アメリカとの間で韓国は引き裂かれます。その時に中国はロッテをいじめ抜いているように韓国を経済的に締め上げます。

左派政権がどこまで耐えれるか?経済がさらに悪くなり、窮乏すれば、どのように国内をまとめるか?同じ民族のアイデンティティを優先させるとか、して国民には忍耐を説くしかないでしょう。

つまり反日、親北です。同じ民族だから、親しくすれば、攻撃してきたり、戦争してきたりしないだろうという極めて楽観的な思考にとらわれていきます。そして北朝鮮を善意を信じて北朝鮮のミサイルを無力化するサードは必要なくなると説明してくるでしょう。

ところがアメリカは違います。サードは韓国を守る為だけでなく、今年中にも完成する可能性があるアメリカ本土を狙う大陸間弾道弾(ICBM)を撃ち落とす為のものでもあるので譲ることはできません。

この先は次回にします。

もはや限界が近づきました。事態は深刻です。

もはや限界が近づいています。韓国は五月九日に大統領選挙が行われ、ほぼ左派政権が誕生することは確実です。

二代目王様は文在寅(ムンジェイン)かアメリカが要らないと言い、アメリカが韓国を去れば聖殿達も韓国を去るように言われました。



左派政権は中国を選ぶか、アメリカを選ぶか選択をします。

その選択の中心にTHAAD(サード)があります。中国は新政権にサードの配備中止を迫ります。

サード配備中止もしくは撤去を決めれば、アメリカは去ります。

すなわち在韓米軍の撤退に直結します。

今日、ティラーソン国務長官が来日して、岸田外相と会談し、共同記者会見をしました。

会談の詳細についてとくにアメリカの北朝鮮に対する先制攻撃などについてはコメントを控えますと語りませんでした。

しかし、緊密な連携と何度も語っていた内容は日本もしくは韓国の同意なくして先制攻撃は無いという文脈が読み取れます。

日本とくに岸田外相は時間を稼いで、アメリカの武力介入つまり先制攻撃をどこまでも防ぐ形が取れそうなので満面の笑みを浮かべて見せていました。

日本では森友問題でタカ派の稲田防衛大臣は窮地に追い込まれていますが、野党の狙いは安倍首相自身です。サタンは中心人物を狙います。

そして安倍首相が後継者とみなす稲田防衛大臣はいわば二世の立場です。一世が強ければ、二世の(政治)生命を狙います。

こういう状況なので稲田防衛大臣達のタカ派は身動きとれないので、アメリカの先制攻撃に対応することは現時点では不可能です。

これで中国の戦略が成功しそうです。つまり、中国寄りの政権を韓国に立てて、韓半島全体からアメリカを追い出し、その勢力圏に取り込んでしまうことになりそうです。

これに対して有効な対応策はなさそうです。韓国はサタン勢力圏に落ちます。




私もなんとかしようともがきました。日本だけでなく、(おこがましいかとですが、おまえごときがと言われそうですが、)韓国までも霊的に背負うつもりでした。

しかし、13日の月曜日、サンクチュアリの娘が、東京から帰ってきて、過労!で倒れました。夜中に掛けて按手によってなんとか持ち直しましたが、娘は救急車を呼ぶつもりだったと言っていました。

どれほどの悪霊が憑いていたことか❗️死相というか死神が憑いているかのようでした。

今までも娘には按手つまりマッサージで悪霊を追い出しできましたが、その娘が、こんなにくるしかったことはなかった、死ぬかと思ったと言いました。

確かに二世を犠牲にすることはできません。

韓国はサタンの手に落ちつつあります。二代目王様に従い、大統領選挙後、左派政権ができれば韓国を脱出すべきです。

たとえ、死ななくても、二代目王様の言われるように血統的問題が起こるでしょう。

残念ながら、韓国は世界最悪のサタン勢力圏に落ちて行きます。



韓国聖殿の皆様、

日本へそしてアメリカなど海外に脱出する用意をしてくださいますように。どなたかの警告にありましたように二世がサタンに狙われるでしょう。

私は身を以て体験しました。

韓日、日韓家庭は日本へ来てください。韓韓家庭は子供を留学させるとか海外に働きに出るとか知恵と勇気を持って対処されますように是非お願い申し上げます。

もはや、躊躇する余裕はないと思います。急いで準備しても半年なり数ヶ月要るかもしれません。しかも状況が変わるには一年以上、数年はかかると見なければならないでしょう。次の摂理に対応しなければなりません。ともに苦しくても行きましょう。

私は皆様とともにある!つもりです。