ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

信仰の成長過程とは?

信仰には成長過程があります。人間の大人になるまでの成長過程と比較してみましょう。統一思想では、7歳くらいまでを情緒教育、14歳くらいまでを規範(善悪)教育、21歳くらいまでをて天才(技術)教育、としています。情緒教育では親の愛情を感じて、親を絶対的に信じて、親の言うことは全て正しいと思います。そこには自分の判断を主張する明確な根拠を持っていません。親が嫌だ、嫌いだ、と思うことが悪であり、親が喜ぶことが善であります。


しかし、14歳ごろまでになると親が必ずしも全ての面で絶対的な存在ではないと気付き始めるとともに自分の感性や自分なりの判断ができてきます。この段階を思春期の始まりとか、時に反抗期とか一般的に言います。これは同時に自分の判断で善悪をしっかり認識して行く時期にあたります。異性に関心ができて、また関心を引きたいと思うようになりますが、異性問題では善悪の基準が絶対的に必要です。


最後に社会に出ていくために、どのような分野で身を立てるか?社会性や専門分野、職業の選択に必要な教育があります。それは本人だけの適性や、自覚する使命分野、貫きたい、やり遂げたい社会や家庭での責任や貢献を見いだし、実行するための教育があります。



信仰においても神様、メシヤを知ってまず自己を否定して、神様、メシヤの代身であるアベルに従います。神様がよくわからないので、アベルの判断に委ねます。アベルの意向や、願いに応えることが信仰であると自覚してそのための努力を惜しみません。それはいわば、幼児教育に近いものです。しかし私達はもはや幼児ではありませんし、いつまでもそれで良いはずもありません。


原理を理解して生活に応用して真の愛が信仰を自己の内面を見つめて、成長しなければなりません。そうでなければいつまでも幼い信仰の持ち主となり、世の中からも思考停止状態にあるとみなされます。そしてそれを幹部達は利用し、またそのような幼い信仰のままにさせようとします。その方が扱いやすく、言葉を変えれば主管しやすいからです。そして、成長するための様々な情報から遠ざけます。


これは一見、幼い信仰を守るための思いやり、配慮のようですが、いつまでも幼い信仰のままにさせようとする危険きわまりない教育です。それをサタンは狙っています。いつまでも小学生、幼稚園児で良いはずはありません。中学生にもなれなくて良いでしょうか?中堅幹部レベルでもほとんどが中学生にもなれるかどうか。ましな人でも中学生程度です。例えば、原理講論はほとんど理解できて中学生卒業レベルでしょうか。



タマルの信仰、胎中聖別、原罪清算、さらにはイエスの結婚とザカリヤ家庭との関係、マリヤとエリザベツの関係などすでに明らかにされた重要なみ言葉があります。最近では八定式や信仰の八段階、神氏族的メシヤなどがあります。それを現実の世界に応用して問題解決をしていくつまり受肉化していく必要があります。少なくとも理解できていなければなりません。



さらには未だ定着化できていない様々なみ言葉があります。原理本体論も消えてしまいました。真のメシヤ観すらはっきりしません。それを確立研究するのが大学、大学院以上のレベルです。例えば、経済学を学ぶのに私達のあるいはその前の世代ではマルクス経済学か近代経済学かを選択しなければなりませんでした。マルクス経済学を選べば、それはサタンの経済学です。今、お母様が神様であるという神学が登場しようとしています。それでも良いという話もあるのです。それをどう判断しますか?全てを

アベルに委ねますか?セマウル号でしょうか?


この大艱難の時代をどのように乗り越えますか?お母様ですら、最後の最後で乗り越えられ無かったこの時を。ですから神様は24時間、365日祈り続けているというのです。私達、一人一人のために。自分の内面の奥深くにある本性に目覚め成長させ、神様を掴みましょう。



追記。

お父様が聖和される数カ月前に統一教会は失敗したと言って号泣されたという話を以前しました。その情報の根拠は?という質問を受けました。2年ほど前に太田洪量世界平和連合会長のある教区本部教会での講話で直接聞きました。ただ、失敗したことの理由については確かな言及がなかったのではないかと思います。私達食口の足らなさのような印象であったと思います。

実感のない信仰に陥っていないでしょうか。

少し突飛な例えかもしれませんが、赤ちゃんがお腹の中にいるとしましょう。お母さんは毎日、それは生まれてくる子供を実感として感じ、幸せを感じるでしょう。それは確かに実感ですが、お腹にいる間だけでなく、やがて出会う我が子を感じて、喜びがより大きく感じられるでしょう。


信仰もそれに似ていて、ご父母様を信じ、お慕いしているだけでも希望や幸福感を持てます。しかし、本当の信仰の目的は自分自身がご父母様と深い心情の交流があり、ご父母様の愛を自分自身のものにしていくことにもっと大きな喜びを実感する実体的生活にあります。



私達はどこで満足するのでしょう?聖和されたお父様はお母様と一緒です、一体化しておられます。という単純な言葉だけで、どれほどそのことを実感する自分自身でしょう?お父様とお母様が一体化しておられるお姿を想像して、しあわせを感じることもできるかもしれませんが、どのように、具体的に一緒におられるのだろうか?お母様のお姿からお父様とお母様がどんな愛に包まれておられ、私達にどのように語っておられるのか、それが今、特に聖和以降実感としてどれほど伝わってきますか?


急にそんなことを言われても普段からあまりそんなことを深く考えていないし....と思われるかもしれません。ーーそう、それが今までの実感する信仰ではなく、観念的信仰、実感のない自自己次元の成長のない姿なのではないでしょうか?


実感する信仰生活を伝えられなくて、観念的信仰生活しか指導することのできない組織維持しかほとんど頭にない組織維持論者達の悲しい姿です。


私達はその組織の中で守られていることに間違いはないのですが、その組織の角度がお父様と心情や目的の角度が合わなくなるとやがて大変なことになっています。私達はそのような危険性の高い観念的信仰にどっぷりと浸かってしまってきたのです。大変な事になる?危険性が高い?そうです。セマウル号に乗っているのです。


お母様がおられるではないですか?そうですが、お母様までもお父様と角度が合わなくなっておられるのです。それをそそのかしてきた幹部はどれほどサタン的でしょうか?そして現幹部達はそれを必死で隠そうとしています。


いまや、目覚めるべき時です。なんのための訓読でしょうか?形にとらわれ、なにかの行のようなものでの信仰生活だけで、どれほど成長してこれたのか?10年、20年、30、40、、、


生霊体の霊人体をどれほど成長させてきましたか?お父様との出会いがどれだけあったか?いまお父様はどうしておられるか?実感的生活をするにはどうしたらよいのか?霊界におられるお父様とチャンネルを合わせてください。いまや非常事態です。正しくチャンネルを合わせることです。組織のアベルが天国にあなたを連れて行ってくれるのではありません。サタンからあなたを守ってくれてきたのは過去の話です。


自由に、主体的になってください。ある教会で30年近く前、その教会で最初の壮年部長になった兄弟がいました。その兄弟である夫から復帰された妻は30年近い日々み旨に一生懸命でしたが、ご主人は途中で組織につまづいてこなくなり、教会長は何度も教会に連れてくるように指示しました。しかし、ご主人は反発してきません。私は奥様に言いました。あなたの信仰がないからご主人は来ないのです。教会長の指示だから夫を連れて来ようとするので、夫は当然反発するのです。と言うとその通りのことを夫は言うと言うのです。どうせ教会長から連れてこ来いと言われたんだろ、と言うのです。


なぜあなたと一緒に天国に行きたいから、来てください、と言わないのか?もし本気で夫との天国を夢見て、せめてこの夫と永遠に一緒にいたいと切実に実感できれば、夫に必ず伝わるのです。夫は必ず来るようになります。お父様との関係も同じです。お父様とどれほど一緒いたいですか?それが切実であれば、必ず、伝わりお会いできるのです。


お父様とお会いしましょう。その先頭におられるご子女様はどなたでしょうか?私達とお父様を繋いでくださるご子女様は?本当に本気で考えましょう。

サタン分立はいけないことなのだろうか?

子女様を支持し、教会側の問題を指摘すると、きちんと議論するのではなく、「分裂すれば、サタンが喜ぶだけ。」と言う人が多い。それこそサタンの目眩ましなのだが、そのレベルで大体の人が納得してしまっているようです。


分裂を望むのではなく、サタンを分立をするのです。とよく説明するのですが、それは父母様やその代身であるアベルの位置のある人が言えばいいのでしょうが、そういったみことばの類いのことばはアベルの位置の方がたの特権のようです。


特に婦人の方がたはお母様か慕わしく、また母親というご自分の立場と重ね合わさるようで、私はお母様の側につくと単純に言います。

子供につくか、親につくかという単純な話ではないのですが、難しい話はいいです。と避けて行きます。


これまであんなにお父様を慕ってきたのに今お父様がどうしておられるか、無関心です。幹部の方々は命懸けでお父様を慕ってきた食口達の心を利用しては地位や名誉や権力を握ってきました。そのことでお父様はひどく傷ついてきました。


その結果、統一教会は失敗したのです。お父様が聖和される何か月前に統一教会は失敗したと号泣されたという証しを去年聴いてやはりそうだったかと思いました。


そのことを幹部達は隠し、自己保身に全精力を傾けてきました。それでもお父様は許し続けて、最後まで愛を食口達に注ぎ、お母様にもそのようにされました。そのお姿はまさに胸が張り裂けんばかりだと私におっしゃいました。父母様は栄光の王の王であるべきなのにいつまでアベルとしての犠牲の道を歩ませるのか、神様の嘆きはあまりにも深いのです。

アベルとカインの模範的なお姿を拝見できるのはどこでしょうか?そこにお父様、いや真の真の父母様がおられるのです。お母様がそこに行かれてこそ真の父母様となられるのです。



真のお母様はそこにおられてこそ真に真のお母様です。亨進様は決して真のお母様を否定しておられるのではなく、本来のお姿に帰っていただくことが、本当の孝行息子のすることであることを知っておられるのです。


しかし、サタンと同化してしまった幹部達の囚われの身となり、幹部の身に変えたサタンの誘惑に乗ってしまわれました。そのことは息子だけではなく、神様とお父様の胸に深いくぎを打つこととなりました。このくぎを誰が抜けるでしょうか?


ご子女様とともに私達食口達、親孝行したいと願うお父様子供達全員でそのクイをぬかなければならないでしょう?お父様、亨進様、信俊様の三代による三大王権の相続に対して億万歳のハレルヤをお捧げしましょう。



統一教会の名前がどう変わろうと実体のご父母様がおられなげれば、そこはサタンの巣窟であり、実体のご父母様がおられれば、そこには永遠の神様と私達の安息権があるのです。