ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

もし万一お母様が地獄に行くとしても最後まで信じて従う。その3

もし万一お母様が地獄に行くとしても最後まで信じて従う。その2までで詳しく述べましたが、統一教会の幹部の多くはタイトルのことばの通り、実感としての地獄を理解していません。そしてそのことは本当の実体的、実感的な信仰生活が無いとも言えるでしょう。



今のお母様に従うことは文字通り地獄に行くことであり、むしろ新たな地獄を作ることと言えるでしょう。私には悪に染まり、その魂、すなわち霊人体の姿が崩れ始めているのが見えてくるのです。



なぜそうなるのでしょうか?亨進様はお父様から指定され、任命された唯一の真正なる後継者です。誰もお父様がそのようにされたことを否定できません。ですから、亨進様を名指しで攻撃することを躊躇しています。絶えず、他の子女様の名前を出したり、郭Gをあげつらい、それと同じようにというようにサンクチュアリィ教会を分派扱いしました。


このことは直接非難する根拠の乏しいことを意味しています。お母様が正しいのか、亨進様が正しいのかきちんと整理して善悪を言いません。例えば郭先生やそのグループうそをつくと言います。このように分派はうそをつくと言って亨進様側がうそをついているとイメージを植え付けています。お母様は何時でも会いに来るのを待っているのに会いに来ないという例を一つあげていましたが、亨進様、国進様が聖和一周年の墓参に見えた時もお母様は会おうとはされなかったことには触れていません。


一般的に今残っている食口達は目の前のアベルに従うことが信仰であると信じています。しかし、そのアベルが間違った信仰を持った場合、一緒に地獄に行くことになります。今回の場合、(やや間接的ですが)亨進様を否定し、分派と決めつけ、食口達をお父様から遠ざけて行くことはその分サタンの手先となり、その勢力を広げているのです。


食口達をお父様から遠ざけてサタンに売り渡して行くことは罪でなくてなんでしょうか?サンクチュアリィ教会を紹介し、亨進様のお話や映像を見せることを怖れ、それを阻止しようと血まなこになっている姿を見る時、まさにサタンの手先となっていると実感します。それが組織の上からの指示だと言うのです。(本心ではなく)仕方なくそのようにする。と言うのです。


それではそのような指示の頂点にいるのはだれでしようか?言うまでもなくお母様です。今回の江利川サンクチュアリィ教会対策の集会にしても1人の食口もサンクチュアリィ教会のもとに行かせないようにという趣旨のご指示があったと公文にありました。


それは救い主と信徒を引き裂こうとするものです。サタンと一体となった行為です。サタンの願いを実行し、その願いを果たす行為をすることの、その可能性があることの恐ろしさを考えてはみないのでしようか?もしサタンと一体となった、サタンの願いを果たすその人の霊人体がどうなっていくのか、わからないのでしようか?よく考えて、よく祈らなければならないのではないでしょうか?


聖和三周年を迎えた今、全ての食口達にその信仰を揺るがす「大患難」の時代を迎えました。真剣に祈らなければならないのです。神様は、そして、真のお父様は霊界に実体として実在しておられるのです。私達は信徒として、そして家庭を犠牲にしてそのあまりにも貴重な愛を受けてきた子女としてお父様に会いに行かねばなりません。お父様はあなたをじっと待っておられるのです。

お父様を求めて・・・もっと強くなりなさい。

昨夜、ある元統一教会に幹部に「あなたは強いよ。強いねェ。」と言われました。…



今日はお父様の聖和3周年の大記念日です。お祝いのメッセージやセレモニーが続く中で、とても辛いことを語らねばなりません。


今からちょうど2年ほど前にある本部の偉い方が、大母様(当時)にペンテコステは「いつ起きるのですか?」とお聞きになられたそうです。すると大母様(訓母様)はににっこりと笑って「今(霊界で)準備していますよ。」と答えたそうです。それからもう2年が経ちました。


今、訓母様も表舞台から退かれて、その幹部の方はもちろんそんなことはおくびにもだされません。そうです。ペンのコステは起きないのです。幹部の方の中には聖和三周年を過ぎれば(良いこと)が起きてくるとほのめかす方もおられましたが、それはどうでしょう?


むしろ亨進様の言われるように「天の裁き」が始まるのかもしれません。亨進様は世界経済、あるいは凶作といったことを言われています。

先回、指摘してみたように、アベルが信仰を立てられず、カインが悲惨な悲劇を生み出す可能性が高いのです。


世界経済(特に中国発の世界恐慌)、や第ニの韓国動乱のことは深刻です。上海発の世界同時株安、 南北非武装地帯での韓国兵地雷負傷事件に発する準戦時体制、はそれぞれ世界恐慌、第ニ韓国動乱の前ぶれと思わされます。


つまり、天は警告を与えておられます。そのことの対応は次回以降に譲りますが、いずれにせよ、これから私達にとって大艱難辛苦の7年間の真っ只中に入ります。私達食口は世の中に対してアベルの位置すなわち責任を取り世界を救うとりなしの立場にあります。天に代わり、世界の全ての問題に責任を負う心情を貫かなければならないのです。


これまでの3年間は天が辛うじて保護してこられました。しかし、続く4年は地が天の心情を背負い、責任を負わねばならないのです。本物の信仰とは何でしょう?それを真に自覚していくには、冒頭のタイトルの如く「お父様を求めて・・・もっと強くなりなさい。」



統一教会側からすれば、「分派」問題ですが、私達からすれば真の信仰をどのように立てるか?その葛藤の嵐の中で、お父様とひとつになる信仰の本筋を立てる時なのです。る

もし万一お母様が地獄に行くとしても最後まで信じて従う。その2

さて、タイトルの言葉はある統一教会のバリバリの現役幹部の「分派」に行きそう人への面接での別れ際での言葉ですが、確かにお母様への忠誠心と信仰、あるいは愛情も感じられる言葉です。

私は昨日そのような愛情や信仰は間違っている、逆にお母様を地獄に追いやるものと言いました。そのような情緒的信仰は、底の浅いまた危険なものになりかねません。

勝利したお母様が地獄に行かざるを得ないという状況は大変な事態です。たとえば洗礼ヨハネがイエス様を不信して彼の運命はどうなったでしょうか?そのことを考えて見てください。それは遠い昔の話、原理講義な中で聴いてきたお話しの1部ではなく、現実の世界の話です。


真の父母がメシヤということはイエス以上の王の王です。お母様がお父様と行く方向が違うってしまえば、たとえどんなに勝利したお母様であられてもサタンが真の家庭に侵入し、子女様方をお母様から引き離し、そしてそれまでも幹部達を操ってきたサタンの思いのままに統一教会に侵入してくるようになります。


またある幹部はこう言います。不正を働く幹部達はいるでしょうが、それは時が来れば裁かれるでしょう。しかし、私達が関与すべきでなく神様がされるのを待って従うべきだと言います。しかし、それはサタンの活動を放置するだけのことです。

もはや幹部を叱り、諌め、おさめるお父様はおられないのです。お母様は幹部達と妥協し、利害をともにされる道を選択されました。メシヤともうわさされた洗礼ヨハネに対して従うだけの彼の弟子達はどうなるでしょう?


1945年.韓国は開放され、メシヤである真のお父様は家庭から民族、国家を超えて世界的勝利基盤を7年間で完成されるはずでした。その時、不信をしたのは金百文でした。その結果はどうなったでしょうか?お父様は家庭を捨てて北韓にただ一人で行かれ、韓民族は分断され、同族間で血を血で洗う骨肉の戦いが繰り広げられ、お父様は興南に行かれました。


後世の人々は誰を非難し呪うでしょうか?お父様ではなく、お父様を不信し、お父様を異端としたキリスト教界の指導者を呪うでしょう。

その悲劇の責任は誰にあるのでしょう?統一教会の教祖はただの一宗教の開祖ではありません。世界の運命を背負う文字通り地獄と天国を分ける方です。地上天国が遠のき第ニの韓国動乱となる時、また同時に中国共産党が倒れる時、どれだけ悲惨な事態となるか。


その責任を問う讒訴は誰に向かうでしょうか?お母様がもしお父様と方向を違えてサタンが統一家に侵入し、韓民族に侵入し、国家に侵入し、世界に侵入し、悲劇的結果を招く時、その責任を問う讒訴は誰に向かうというのでしょうか?お母様に向かわざるを得ないというのです。


その責任を取りお母様をサタンに讒訴から、守らなければならないその幹部達が、身の保身のゆえに互いの罪状を覆い隠しているのです。


そのような悲劇を許していいのでしょうか?