ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

汝、狭き門より入れ❗️信じて滅びよ。そうすれば生きる❗️

狭い門から入りなさい。滅びに至る門は大きく、その道は広いからです。そして、そこから入って行く者が多いのです。(新約聖書 マタイの福音書7章13節)


狭い門とは?より困難の多い道です。公職者のみなさんは、お母様が正しいのか、それとも享進様が正しいのか、談判祈祷する気がありません。もし自分たちの立場が危うくなる答えを恐れ、はじめから逃げています。



彼らは狭き門を語る資格がありません。私は努力して、自分とその周りの居心地の良い教会を作ってきました。子供の祝福も家庭交流中でそれを考えても敢えて教会を出て行かねばならない理由はありません。しかし、国と世界の運命を考えれば、このままではダメだ。教会は責任を果たしていない。また、自分の教会だけではどうしようもない。



そのような時、享進様の「沈黙を破って」シリーズを知りました。この選択は私にとっても狭き門でしたが、多くの公職にある方々、また、その教育を受けてきたほとんどの食口たちにとってもまさに狭き門となると思いました。広げる努力を懸命にしてきましたが。



何より談判祈祷の中で真のお父様との出会い、魂の交流により、享進様の訴えはお父様の心情からでていると確信して、このプログも開きました。



統一教会、家庭連合側からは、一方的な情報しか流れてこないのが実情です。サンクチュアリー教会側は両方の情報に接した上で、自分の主体的判断を願っています。




しかし、実際はいままでの信仰に固執した方が楽なのです。本気で考えれば、悩むし、判断する辛さがあります。誰かに、あるいは誰かの考えに任せた方が気が楽です。アベルに従う方が気楽です。ましてや子供の教育や祝福も任せた方が楽です。その他の人間関係もあるし、目に見える形、清平や、教会、その他の施設など、それらに依存するほうが楽です。



まさに「滅びにいたる門は大きく、その道は広い」のです。まさに「そこから入ろうとする人が多いのです。」まさか、お母様が過ちを冒していたとは考えられなかったと言うでしょう。まさかアベルが間違っていたとは思わなかったと嘆くでしょう。



私に何ができますか?と地区長まで言います。そうではありません。それは神様や霊界、そしてお父様を信じていない人の言葉です。私が真実を知り、お父様の元に帰ればどれほどお父様が、神様が慰められ、希望をもたれ、よろこばれるのか、実感することでしょう。



さあ、一時的には、辛い、険しい、狭き門ですが、そこよから入ってともに天国への道を歩いていきましょう。待っています。お一人ひとりを。神様もお父様も。聖和三周年は過ぎました。ペンテコステどころではありません。サンクチュアリー対策に追われています。そして審判が始まります。

天の時と共に生きる私たちの選択。その2

さて、サンクチュアリー教会への批判的記事の中に食口ばかりをターゲットにしないで一般の方をの伝道せよというものがあります。それはそれでおかしいわけではありませんが、必ずしも、そのような意見が妥当かどうかは疑問です。



神様の摂理をもう一度考えてみましょう。イエス様は本来旧約時代の摂理完成者としてイスラエル民族に降臨されました。ですから、旧約摂理の最高段階の人がまず第一弟子になるはずであり、それが洗礼ヨハネでした。そしてその父ザカリヤの家庭が復帰され、お父様のみ言葉によればザカリヤ家庭からイエスの花嫁がでなければなりませんでした、




そして、他の祭司長や律法学者パリサイ人、つまり旧約摂理のを担ってきた人たちがイエスを受け入れていたならば、イエスの十字架はありえませんでした。その時、地上、天上天国は成就していました。




それでは再臨主はどうでしょうか?もちろんキリスト教の最高段階の教団に降臨すべきでした。それが金 百文であり、許 孝彬でした。それでは享進様が、お父様の正統な後継者であるとすればどこをまず基盤とすべきでしょうか?それは言うまでもなく旧統一教会、いまの平和連合が基盤となるはずです。ですから、韓オモニやそれを取り巻く幹部たちが受け入れなければならない、ということになります。




それが難しくなったならば、一般食口からでもとなるでしょう。その食口たちから伝道の炎が燃え上がって摂理が一気に進むことが天の願いと思います。しかし、伝道は霊界からの強烈な協助もしくは、伝道力のある伝道師や教会長、あるいは家庭教会の充実などが必要ですが、前回の分析のようにそう時間的余裕がありません。




アブラハムの時、ソドム、ゴムラの街々を神様が滅ぼされようとした時、アブラハムの懸命のとりなしの祈りでたった五人の義人はいれば滅ぼさないと神様は言われました。この韓国、日本を救うお父様の願いに叶う義人、聖人は出ているでしょうか?



まず、この夏、脱会宣言をして、衝撃を与え、脱会旋風を起こした江利川さんはそのお一人だと思います。それに続いて日本の天運を動かす人が、でるでしょうか?




私たちは今歴史の岐路に立たされています。その決意と選択と行動によって日本や韓国、そして天宙の運命が左右されます。私たちのいままでの姿が、問題ではなく、いまこそ神様とお父さまの願いに応える人こそ、最大の功労者です。




いままでの教会のヒエラルキーのピラミッドがひっくり返る時なのです。わたしの願いに応えてくれるのはだれか?血のほとばしる叫びを聞いた人こそこの世界の運命を変える歴史の主役になるのです。

天の時と共に生きる私たちの選択。

天のリズムと共に生きることは簡単ではないと思います。今回取り上げるのは近い将来での中国の動向や混乱に伴う危機に直面しての私達の責任を考えてみたいと思います。



お父様は共産主義は70年を超えられないと預言され、ソ連は全くその通りに政権発足70年で崩壊しました。その程でいくといまの共産党の中国政権は2019年には倒れることになりますが、いずれにせよ、近い将来政権崩壊の可能性は充分あり得るでしょう。




中国は特に近年、日本の脅威となってきたので、良い知らせ?とばかり喜ばしいことというわけにはいかないでしょう。まず、世界第二のGDPを誇り、日本の二倍以上の経済大国であり、その混乱は世界経済に大ダメージを与えるでしょう。世界恐慌の引き金になり得ます。



いま、世界は中国リスクの備えの準備にかかっています。ところが、備えあれば憂いなしとはならない事情の国も少なくありません。とりわけ、韓半島には厳し過ぎるものです。中国なくして生存できない北朝鮮はもとより、すっかり中国にのめり込みつつある韓国にとっても大ダメージとなるでしょう。



さらに最近あからさまになったのは、習近平の韓国朴政権の取り込み戦略です。韓国は安全保障を軸とすれば、中国を取るか、アメリカを取るかの二者択一を迫られているのに、とても危険な難しい道に追い詰められつつあります。



このままでは韓半島統一の時が来ているのに、中国なくして生存できない北はもちろん

韓国までも中国の影響下に置かれ、中国主導による韓半島統一を迎えざるを得ない状況になりつつあるのです。



しかもそれは中国主導によるものでありながら、その時期が、なおかつ共産党独裁の崩壊と重なりつつあるのです。国内の体制維持のため独裁は強化され、軍部の政権での支配力は強くなり、独走、暴発のリスクは大きくなります。中国の体制崩壊に伴い、北朝鮮は存亡の危機にたたされ、金正雲は爆発して無謀な挑発、あるいは内乱へと突入するかもしれません。



その時は中国、韓半島に大量の難民が発生するでしょう。いま内乱のシリアから逃れるため、数十万の大量難民がヨーロッパに押し寄せていますが、その十倍、百倍もの難民が日本に押し寄せることとなります。恐慌とのダブルパンチとなるだけでなく、武力衝突、邦人救出、などの大惨事が予想されます。



それは同時に神様の摂理の本来的成就の失敗を意味します。キリスト教の失敗により、韓国動乱が起こったので、第二の韓国動乱ともいえるかもしれません。それが数年後には起こりえます。すると中国での冬季五輪はもちろん、2020年の東京オリンピックの開催すら危ぶまれるでしょう。むろん、ビジョン2020など吹っ飛んでしまいます。



そのような最悪の事態を防ぎ、どのように時代の傾いた流れを収集して、神様の願いの本来的成就を成し遂げられる道筋を作り出すのか?時間はあまり残されていません。わたしたちはその運命の岐路に立たされています。そして私たちの決意と行動がその歴史の流れを決定していくのです。わたしはそう思います。



では、どのような決意や行動が必要なのか?それを次回お示ししたいと思います。