ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

誌上説教。「天の父の御心を行う人が、私の兄弟、姉妹、また母である。」康賢實先生が真の母となられました。

誌上説教。9月18日に行った礼拝での説教の内容を再現したいと思います。

その時はまだ、康賢實お母様はその位置に折られず、またそのことを知る由もなかったので、説教さの内容に少し加えて、まとめましたので、新しいものとなっていると思います。参加者は7名でした。


○聖書拝読マタイによる福音書12章46節〜50節


 イエスがなお群衆に話しておられるとき、その母と兄弟たちが、話したいことがあって外に立っていた。そこで、ある人がイエスに、「御覧なさい。母上と御兄弟たちが、お話ししたいと外に立っておられます」と言った。しかし、イエスはその人にお答えになった。「わたしの母とはだれか。わたしの兄弟とはだれか。」そして、弟子たちの方を指して言われた。「見なさい。ここにわたしの母、わたしの兄弟がいる。だれでも、わたしの天の父の御心を行う人が、わたしの兄弟、姉妹、また母である。」


○説教「天の父の御心を行う人が、私の兄弟、姉妹、また母である。」


イエス様の母はよく知られているように聖母マリアです。またイエス様には同じマリアから生まれた兄弟がいました。

聖母マリアはイエス様をお産みになったいきさつについては聖書にかなり書かれていますがその後についてはあまり聖書には登場せず、このようにイエス様との関係もギクシャクとした様子が描かれていたりしています。

普通に読めばなんとも冷たいイエス様の母や兄弟に対する接し方です。

ここにイエス様のやるせない悲しみと憤りの感情が隠されています。なぜ天の父の御心がわからないのか!?

私(イエス)の結婚を真っ先に考えなければならないのに、他の人の結婚式にわずらったりして、無知と不信仰とイエスに対する反逆の道を行った母マリアよ。

どれほどの嘆きがこのことばの背後にあったでしょうか。

母マリアは洗礼ヨハネの母エリザベツとは親戚関係(一説には義理の姉妹)にあったと言われています。

そして祭司長ザカリヤとエリザベツとの間の子供が洗礼ヨハネでした。彼は誕生の時の奇跡やまた荒野での修道生活、またユダヤ人たちに悔い改めと洗礼を与えて,多くのユダヤ人に彼こそが来るべきメシアではないかと言われた人でした。

文鮮明先生はこの洗礼ヨハネの妹とイエス様が結婚しなければならなかったと言われました。

もしそうなったならば、まさしく洗礼ヨハネとイエス様は兄弟となり、ともに協力して天の父のみ旨を行い、十字架で亡くなられるのではなくて、天国を地上に築くはずでした。

今それを蕩減(失敗を埋め合わせて失敗しなかった立場を取り戻すこと)して実行しておられるのが二代目王様である亨進様とその兄国進様です。

イエス様の母マリアはイエス様をお産みになられた偉大な使命を果たされた方でしたが、イエス様を生涯お守りし、神様の御心をともに行うことに失敗しました。

文鮮明先生の妻となられて人類の真の母と位置になられた韓 鶴子オモニも14名もの文鮮明先生の血統をお産みになられたのはまことに立派な使命を果たされましたが、摂理が文鮮明先生から二代目に移されようとする時、完全にその使命を失敗されました。

その結果真の母の位置を完全に失われるようになりました。

もはや失われた時は取り戻すことはできません。

イエス様の母マリアが失敗して、イエス様の十字架が決定していったように、韓鶴子オモニの失敗により二代目王様がアメリカに追放され、家庭連合全体が天の父のみ旨から離れ、さらに二代王である亨進様に反逆したことにより、洗礼ヨハネと同じ立場となりました。

亨進様が歩まれる道は家庭連合の言うように親不孝なのではなく、まっすぐに天の父の示す道、真のお父様に従うことを選択されたのです。

韓氏オモニはメシアの後継者を立てて、自らの夫であり、後継者の父である文鮮明先生とは別の道を行くことを選択したのです。

イエス様を産んだ後の道がイエス様の生母マリア は天の父とは別の道を行ったため、イエス様はマリアを拒否されたのです。

そして天の父のみこころを行なうものを自らの兄弟、姉妹、そして母とされたのです。

二代王はなぜ、王冠を被りながら、ここまでこられたのか、イエス様が王冠を無理やり被らされて、十字架という死の道を行かれました。

亨進様は王冠を被らことにより、嘲笑をうけながら、その地獄をともに通過されながら、蕩減を払い、再臨主を地獄から解放されたのです。

文鮮明先生は真の父として完成されながらも、韓氏オモニを真の母を完成実体として迎え入れることができませんでした。

そして韓氏オモニは最終的にはサタンと一体化して真の母の位置を離れました。


これは動かしがたい事実です。ですから、康(姜)賢實お母様を再臨主である文鮮明先生の完成祝福をされたのは、再臨主をある意味地獄から解放されたに等しいことになります。

また、二代王亨進様ご自身が、真の母を迎え入れることにより、失敗してサタンと一体化してしまったご自身の母の息子という立場から解放されたのです。

ですから私達一世が肉身の母から離れて、真の母を得たのと

ある面同じ立場で真の母をえられたのです。

ですから、私も生まれ変わることができたとおっしゃられたのです。


サンクチュアリnewsからの引用です(翻訳いつもありがとうございます。)〜引用開始〜

2017年9月24日 礼拝 お知らせから


 私たちは「真の父母様」を取り戻しました!



だから二代王は今日再び生まれたのです。再誕しました!

〜引用おわり〜

どれほどありがたいことでしようか?

さて、「天の父の御心を行なうものが……私の母です。」

私達の基盤がさらに確固たるものになりました。

イエス様の最大の恨みも再臨主最も深いの恨みも解けました。

こうしてサンクチュアリ(聖殿)は実体の真の父母様をいただいた聖殿となりました。

天の父のみこころを行うものすなわちサンクチュアリの聖徒が真の意味での兄弟であり、姉妹となったのです。

アージュ。


(今月の礼拝は10月8日日曜10時からいつもの場所です。)

康(姜)賢實お母様、億万歳🙌🙌🙌🎊🎊💝❗️

実は康賢實お母様と個人的にお話ししたことがあります。とても尊敬していましたので、お目にかかったときは嬉しく光栄に思いました。

時期は90年ごろでした。場所は康賢實先生が、礼拝を主管しておられた立派なビルのかなり広い部屋でした。

早大原研の先輩に連れられてその礼拝に参加してそのあとその先輩から紹介を受けました。

先輩はそのあと霊の子の関係で用事があったので、私は康賢實先生とその場でお話しをさせていただきました。

どうして韓国にいるのか、いつまでいるのか、何をしているのかと聞かれてお答えしているとでは食事をしましょうと言われました。

最も確か上の階の韓国式のお食事どころに連れていかれて多分タチウオかなにかの白身の魚の定食をいただきました。お魚は食べれますかと随分気を使ってくださいました。

いろいろ話をしてくださいました。

お父様から、韓国への交換人事とか言われて、韓国人事として日本の各ブロックから選ばれて、何十名かと一緒に日本人宣教師とか、牧会者とかとよばれて韓国に来ました。

しかし、特に責任分担もなく、あちこち散策したり、旅行したり、お父様の大会に参加したり、動員に走ったりしていました。

しかし、特に決まった責任分担はなかったのです。

そのような話をしながら、あなたの伝道の実力がどの程度がわからないけれども、なかなかやれそうなので、見込んで私と一緒に教会を作らないかと言われました。

今は一応韓国の教区本部での人事なので、自分ではどうしたら良いかはわかりませんと答えました。

そんな中途半端な人事で数十人も各教区にいるのなら、私がお父様と直接話をして人事してもらいますと言われました。

私はお父様とは二人だけで何時間もお話する間柄だから任せなさいと言われました。

まあこんな風に話は進みかけたのですが、問題が生じてこの話は無くなりました。

この間の経緯はある程度わかっていますが、機会があればご紹介します。

このとき、康賢實先生は私のアベルは韓国会長でもなく、お父様と直接といったお話でした。いつもお父様から直接こういう伝道をしなさいという感じのお話ぶりでした。

当時、ソウルの教区は東西南北の四つがありました。康賢實先生はお父様からそのどれにも属さず、真ん中にあなたの教会を作りなさいと言われたそうです。

そして半年もすれば、たくさんの人を伝道して立派なビルで礼拝をされるようになりました。

すると、教区長たちがやって来て、自分の教区に誘ってくるのだそうです。

その日もあのように来て勧誘しているんだと指さしながらおっしやっておられました。

康賢實お母様は「全く仔羊ドロボウみたいなことをする」と憤っておられました。私はう〜んと考えさせられてほとんど答えられなかったような気がします。

そんな康賢實先生でしたのでまるでお父様のふところの中で生きておられるような印象でした。

私の思い出も多分もう覚えてはおられないと思います。

それまでも日本での証しも礼拝の場で直接うかがつったこともありましたが、いつも、お父様の香りがするような感じで、いつか私がお母様にとても似ているような雰囲気をお持ちですねとお声をかけるととても嬉しそうにされておられました。

その賢實先生がまさか本当にお母様の位置におなりになろうとはご本人も夢にも考えられなかったことだったのではないでしょうか?

私達の本当の真のお母様になってくださいました。

み旨一筋でつねに伝道の最前線に立とうとされ、お父様を証されることを願いとされて来られました。

九十歳を超えられたのに人類の真の母、文鮮明先生の夫人となられました。

今まさにお父様のふところの中に入られてその願いに生きておられ、その使命に生きておられます。

これ以上の奇跡があるでしょうか?

真のお父様のお喜びはどれほどでしょうか?

あまりに胸が痛いほどなので今日はこれくらいにします。


今から思えば、まるで夢のような話ですが、私のささやかな康賢實先生との思い出は夢ではなく事実です。

その早大の先輩は今でも韓国におられるようです。

小山田さんの側近のような人でしたので、サンクチュアリとの縁は遠そうですが、一緒に韓国でも過ごしたので私のことは覚えていることでしょう。

康賢實お母様と縁のあった家庭連合の人たちも多くお父様のもとに帰って、戻ることができれば良いのですが。

どれほど康お母様が慰められ、喜ばれるでしょうか?

それをご覧になられる神様と真のお父様もどんなにな喜ばれるでしょうか?

真のお母様が康賢實様です。ハレルヤ❗️億万歳

九月二十三日は真の母が立たれた日でした。お名前を康賢實と言われます。

真のお父様の実子であられて、その唯一の後継者、代身者であられる亨進様が真の母を迎えることができたことを次のように喜ばれておられます。


ファンクラブさんのブログからの引用、抜き書きです。(翻訳いつもありがとうございます。)


〜引用開始〜


2017年9月24日 礼拝 お知らせから

私たちは「真の父母様」を取り戻しました!


2017年9月23日この日、

人類歴史上はじめて神様が願われた完成聖婚がなされるこの日、

何千年に一回と言われるこの星の並びでなければできないこの日、

つまり、人類歴史上たったこの一日しか無い天宙歴史的ワンチャンス、

どれほど緊張したかわかりません。

……………………


(姜先生に)もう一日中キスしたいくらいです。本当に愛らしく可愛らしい方です。

私の母親だから恥ずかしいことは何もありません。今やお母さんだからキスしまくりますよ!とにかく素晴らしい。

……………………


これが真の父母様です!



私たちは真の母を取り戻しました!

お金と権力と嘘と偽りに自らを売り渡しておられない方です!あざけられ、ばかにされ、憎しみを受けてきた!それは主を愛するから。

神を愛する者たちにとって素晴らしいお母様ではないですか!これから新しく真尊影をつくらなければなりません。


〜引用おわり〜



康賢實真のお母様が立たれたことを知った家庭連合時代の先輩家庭が、真剣に考えもせず、笑って「あれはないな」と馬鹿にするようなことを言いました。

私ももしまだサンクチュアリにきてなければ、そのような反応にそう違和感もなかったのかもしれないと考えながらも、反論をしました。

韓氏オモニが自らをメシアとするなどその失敗は明確です。

真のお父様は失敗を完全にしてしまった方とは別れなくてはなりません。

そして神様は真の母となる相対を再びお迎えをするしかありません。


最も若い十代の何もわからない何も知らないような娘のような方を迎えて、真の母に立たせようとして来られました。

そして最後の段階で失敗をされました。

そこで蕩減復帰の道として、キリスト教をよく知って、統一教会の最も初期のボンネッルの最初に来られたお方、すなわち統一教会の歴史を全てことごとく知った方を選ばれました。


若くして選ばれた方は最後に自らの権力の権威と富とこの世の美しさを求めて、堕落して行きました。


最後に選ばれた方は一信徒として、地道に篤実に自らの立場よりも真のお父様を優先して今日まで来られました。


そのようなお方がおられたことを心から心から心から感謝しております。


最も若く、美しく、何も知らないかたが失敗したので、最もお年を召された地味なお方が詔命されました。

自分の目でどう見えるかが問題ではなく、神様の目、天の目から見るならば、どれ程誇らしく、喜ばしいことでしょうか?


そのようにお答えしました。