ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

二代王の鉄の杖こそ天一国の扉を開き、それを相続すれば私たちの国も救われることでしょう!

いうまでもなく天の摂理の中心は真の父母でありその唯一の後継者は文亨進師です。

それではその善天宙的中心者とは全ての悪に打ち勝つ立場であるということになります。

その真の父母の勝利を相続され、その継承と相続のそしてその発展の起点に立っておらられるのが二代王としての文亨進師であります。

亨進師はアメリカに行かれてサバイバルのあらゆる実地的体験を重ねられ、また格闘技の習得を最優先のごとくされてこられました。


なぜか、世界が滅ぶような局面となっても生き残り、摂理を進めるための準備をされました。

ですから時には実体的に命がけでサバイバル訓練(たとえは氷点下10度以下の山中で火打ち石で火をこ起こせなければ凍死する可能性があるとか)をされました。

もし核戦争が起きなければ、そのような訓練は必要なかったという人もいるでしょう。

しかし、常に最悪を考えて準備をされます。

一般的に私たちも核戦争の確率がゼロではないことは知っています。しかし、それを念頭において準備している人はあまりいないのも事実です。

お金持ちは核シェルターを作るかもしれません。

なぜそのような最悪を常に想定されて準備されるのでしょうか?


それは天宙の中心の位置におられるからです。

あらゆる悪の試みを受けるからです。

たとえば、核兵器で脅されれば、韓国も日本も屈服するしかありません。いかなる脅しにも屈しない立場に立つためにはあらゆる脅しに対して準備がなければなりません。

悪は人を恐怖に陥れてコントロールします。

独裁者のやり方を見ればわかるはずです。

わたしたちは真の父母と同じ基準で天国に行くことはできません。

たとえば、氏族メシアを勝利して、真の父母の天宙的、世界的、勝利を相続する立場に立って天国への道が切り開かれます。あくまでも真の父母の勝利を受け継ぐ立場に立つというギリギリの恩恵であったということです。

真の父母の勝利は絶対基準ですがそれを相続する幹部や子女は相対的です。

しかも、真の父母のうちの一人真の母の立場にあった方が倒れました。メシヤとしての真の父母は本来真の父お一人です。真の母は真の父の勝利を相続することで真の母になられます。

ところが真の母はその使命を見失い、真の父の相続者であられる亨進様を追放されました。

韓国はもちろんですが、世界の運命は大きく狂いました。

ただ単にか二代王を韓国から追放したというのは家庭にある親子ゲンカのように見る家庭連合の見方はあまりに表面的です。

それは天の血統を無視して王の王という位置を奪い取った(簒奪)行為です。それは幹部に取り込まれて誤ったとみておられて、救い出そうとされましたが、完全に反逆する立場に立ってしまわれました。

いわゆる韓氏オモニの呪いの始まりです。

真の父の立場であった文鮮明師の代わりに天一国憲法を発表され、また天一国に入る道筋を決められたのは二代王ですが、それは同時に真の父である文鮮明師の決定と同じ意味があります。

それを認めないとすれば、文亨進師を真の父の真なる後継者としては認めていないことになります。自分の都合で家庭連合から離れてサンクチュアリに移られたとしても、家庭連合の考えを受け継いだものとなってしまいます。

あくまでも二代王を文鮮明師の後継者として悔い改めて選んだのであれば、天一国実現する道筋も受け入れなければならないでしょう。

天国までの道の途中に天一国があります。真の父母とその後継者が王となる国です。

その天一国の真髄は変わらないはずですが、二代王がアメリカでその位置に立たれて、摂理的中心国家が、韓国からアメリカに移り、天一国憲法はアメリカ合衆国憲法を下地にしたものとなりました。

もし文鮮明師が地上におられた時に発表されたならば、同じものになったかどうかはわかりませんが、いずれにせよそのようなものとなりました。


天一国は天国への道筋です。

天一国では麻薬も銃も合法化されると二代王は語られました。

万一、隣人が麻薬の常習犯でしかも武器として銃を持っていたらどうしますか?と問われました。

天一国の住民は銃で武装しておかねばなりません。

それも最低でも強盗になるかもしれない隣人以上の武器でなければなりません。もちろん一人で戦うのではなく、その町や村で住民たちによる平和警察、平和軍が組織されていなければなりません。その村ならば、その村で平和軍、平和警察を住民の手で組織して悪を封じ込めなければなりません。

あらゆる悪に対応できなればなりません。

メシヤが世界的天宙的レベルでの悪に戦い打ち勝つ内容があるようにわたしたちの

天一国には、自分たちの家庭、氏族、地域住民を悪から守らなければなりません。

悪人に殺されたり、女性たちがレイプされてはならないのです。

日本や韓国では国家が私たちの代わりに守ってくれていると思っています。

しかし、今現に韓国では共産主義者、文在寅の政権ができているではありませんか?共産主義の世界、独裁者の世界に無法がはびこらない保証は全くありません。

国家が悪にならない保証はありません。

より善を求めて、より神を求めて、より信仰の自由を求めて。あの大英帝国からさえも四百年近く前に宗教的迫害をのがれてピルグリムファーザーズはアメリカに逃れたではないですか?

イギリスからの独立を求めて、それを達成するには銃がなければなりませんでした。

20世紀のイスラエルの建国ももちろんそうでした。

その歴史ゆえにアメリカはアメリカ足り得ていますし、福音派などのキリスト教右派はトランプ大統領を熱烈に支持しています。

またあくまでも隣人が悪人であったとしても平和警察、平和軍の武器は身を守るためのものであって悪人が改心するのはいうまでもなく武器の力ではなく(真の)愛の力あるいは原理(真理)の力であることは明白です。

地獄を実体で解放する者であってこそ、メシヤの勝利を相続できるのです。

鉄の杖(AR-15)を持つこと(実際に持てなければその気概を持つこと)は天一国の記念すべき橋頭堡となるのでしょう。

天一国実現を進める本拠地はアメリカです。日本を梃子(テコ)の支点にして韓国を救いましょう。

前回と同じように仁さんからのご質問にお答えしょうと思います。




投稿者:仁さん

コメント本文:亡命政権的な韓国サンクチュアリですか?具体的には韓国サンクチュアリ自体を日本に持ってくるということでしょうか?ということは韓国メンバー大移動ですか?



私が亡命政権的な韓国サンクチュアリを提起したのは事実です。

その理由は文在寅一派の目論見が功を奏して、韓国の赤化統一の可能性が高まっているからです。そうなった時、どのようにされますか?

そのことについて何回も書いてきました。失礼ながら、もしアメリカが撤退してしまったら、多分思考停止になってしまわれるのではないでしょうか?

その時二代王からどのような指示が出されるかわかりませんがこれまでのみことばからすると韓国から脱出せよということでした。その時はその時でしょうか?

文鮮明師はアメリカの失敗を予想され、あらかじめ、70年代後半から、ブラジルを準備されました。

「久保氏木、船を買えとあれほど言ったではないか、何をしている!」と何度も叱咤されているみことばを思い出します。

もし日本が共産化されれば真っ先に二世が犠牲の道を行く!迫害の十字架しかない!

と言われたのです。

70年代、日本は本当に危ういところにいました。

私は当時学生でしたので、ホームチャーチをどう取り組むかを考えながらホーム生活を中心にしつつ、気を揉んでいました。

アメリカが韓半島から撤退した時のため、今から準備することは決して遅くはないし、その時のための生き残りの手(作戦)が必要です。

また、日本までもが中国の手に落ちれば、どれほど摂理がたいへんことになるかわかりません。

韓半島がもし、中国の主導下に入れば、日本はアメリカともに総反撃に出なければなりません。

もちろん韓半島の混乱は言うまでもありません。

しかし、中国になびいても良いのではないかと言う議論は韓国にもありますし、日本にもあります。

それは大変なことになります。中国は一党独裁の国です。今の経済だけで中国寄りになっては絶対にダメです。

韓国はアメリカに付くか、中国に付くか、いよいよとならなければわからないというのも事実です。

今の文在寅の支持者が多いのですが、やはり最後はアメリカを選択する人が多いのも事実です。それを知っているのて、文在寅はアメリカにもよい顔をしておくことも忘れません。

しかし、アメリカが韓国の要請にいつも答えるかは不確定要素もあります。

文在寅政権がどこまで信じられるか戸惑う部分はあると考えて置く方がいいでしょう。

たとえば、つぎのような分析もあります。

(引用開始)


鍛冶俊樹の軍事ジャーナル

第315号(1月26日)

*台湾はどうなるか?


 日本新唐人テレビに出演して「安全保障から見た今年の中国の動向と米朝関係の行方」について語った。新唐人テレビはニューヨークに本部を置き、中国共産党とは一線を画した報道をしている華人ネット放送局である。


【東京発信・cool eyes】第14回  軍事ジャーナリスト・鍛冶俊樹氏 安全保障から見た今年の中国の動向と米朝関係の行方


 収録時、風邪気味だったもので、若干お聞き苦しい点もあろうかと思うが、台湾と朝鮮半島の情勢が密接に連動している現在の国際情勢を端的に説明した。要するに米国は韓国を捨て台湾を取る算段を練っているのである。

 文在寅政権の親北振りを見たら、米国はとてもじゃないが韓国を守るために米国の若者を犠牲にしようとは思うまい。北朝鮮の核兵器さえ除去できれば、あとは野となれ山となれというのが本音だろう。

 一方、台湾は南シナ海と東シナ海の交点に位置し、シーレーン防衛の要衝となっている。ここを中国が占領すれば、東アジアの自由と繁栄は圧殺されよう。しかも蔡英文政権は親米、親日で文在寅政権の反米、反日と好対照だ。


 ならば、在韓米軍を台湾に移動させるのが極めて合理的なのである。


軍事ジャーナリスト 鍛冶俊樹(かじとしき)

1957年広島県生まれ、1983年埼玉大学教養学部卒業後、航空自衛隊に幹部候補生として入隊、主に情報通信関係の将校として11年間勤務。1994年文筆活動に転換、翌年、第1回読売論壇新人賞受賞。2011年、メルマ!ガ オブ ザイヤー受賞。2012年、著書「国防の常識」第7章を抜粋した論文「文化防衛と文明の衝突」が第5回「真の近現代史観」懸賞論文に入賞。


(引用終わり)


私が言いたいのはアメリカがすでに韓国を見捨てている、見放している思っているわけではありません。

この分析の通りとは思いませんが、さまざまな検討がアメリカ政権内部でもされていることはほぼ間違いないでしょう。

深刻ではあるが、悲観的ばかりとも言えないとは思います。

熾烈な戦いが霊界ではされています。

子供のような心だけでも難しいのです。残酷な運命を受け止めてぶつかっていく覚悟と勇気が必要です。

そして冷静な判断と戦略も必要だと思うのです。

準備が必要です。


人数だけが問題ではありません。アメリカのサンクチュアリもわずかです。

韓氏オモニの呪いから韓国を解放するには日本を利用すべきだと思うのです。

韓国が厳しくなってどうしたら良いのか二年間散々悩み、考えてきましたが一つにはテコの原理を利用することが挙げられます。

ご存知のようにテコの原理では大きなものを動かしたり、持ち上げるのに大きな力を発揮します。

日本にはさほどの力がありません。力があるのはサンクチュアリ本部のあるアメリカです。距離は日本が韓国に近いのです。

それで日本を支点にして、アメリカの力すなわちアメリカを力点にして力を加え、作用点に韓国を置くのです。

そうすると韓国を持ち上げて、北朝鮮から切り離すのです。問題は中国です。それでアメリカは中国を北朝鮮から引き離す努力を一年間してきました。

日本を支点にすべきです。

そうすればアメリカの力は何倍もの威力を発揮し、韓国を助け出せるでしょう。

そういう段階です。韓国が韓国だけで助かる道が困難です。(日本もそうですが、日本よりもはるかに今の時点では韓国は厳しい状態です。)

力を発揮するのは作用点ですが、力の負荷というか最も力を受けてしまうのが日本です。

安倍首相も本当に苦労しています。韓国の聖殿シックを迎え入れようとした日本の聖殿シックも正直大変だったでしよう。

(もちろん一番大変なのは韓国から移り住もうとされた方々ですが)

一国をしかも摂理的中心国家の運命がかかっていると私は見ましたので、どれほど難しいだろうかと思います。

去年は二代王は韓国から逃げなさいを言われましたが、韓国に残る人も脱出する人も同じく「韓国」を背負っているのだと思います。

なぜなら、聖殿シックはミクロであり、マクロの運命を担っているのです。


韓国がアダム国であれば、日本はエバ国です。それが確定的でなくても、その実体を求めてことに変わらないでしょう。

韓国だ、日本だと言っている場合ではない!アメリカPAニューファンドランドの鉄の杖から天一国は始まるというのもその通りです。

日本も韓国も摂理的な重要な国ですが、鉄の杖(一定レベルの銃)を持てない時点で既に天一国としてのレベルはアメリカより劣ると言わざるを得ません。

天一国を段階を踏んで建設するためには、韓国も日本もそのようなナショナリズム的なものを超えて天の摂理または天一国実現の作戦を考えるべきだと思います。

今の時点で日本を根拠地に韓国を云々というのは逆に現実的ではないとお考えかもしれません。

しかし、天一国も実体的につまり完成期の完成級の段階に進むにはどれほどの過程があるでしょうか?

モーセのカナン復帰の工程は21日路程もありましたが、実現しませんでした。

私たちにはまず、鉄の杖が必要とされました。韓国も日本も持つことはできません。

天の目から見ればどれほど歯がゆいことでしょうか?

ではもし私たちの国で鉄の杖を持つことが法的にに許されていたとするならば、どうでしょうか?

共産主義は悪です。

悪と戦う鉄の杖を持つことはすなわち鉄の杖で悪を打ち負かす強烈な意思表示となったことでしょう。

天から見ても地から見ても韓国を守る鋼の鉾であり盾となったことでしょう。

今回の祝福式にはアメリカで参加したとしても韓国も日本も実体としての鉄の杖を持つことはできません。

しかし、実体で持てなくても、代わりの条件などで、救われる道があればどれほど感謝でしょうか?

日本と韓国も未だに恩讐関係です。それを実体的に乗り越えていけば、どれほど摂理は進むでしょうか?

文在寅政権に対して反対運動を起こし、韓国世論を分断して、ロウソク革命によって誕生した左翼政権を打ち倒す保守の逆革命が実現できれば良いと思います。

そのために日本からの支援があっても良いし、日本と韓国のサンクチュアリが力を合わせて共産化阻止することができれば良いと思います。

韓国に希望はあるか?2月28日と平昌五輪がか分かれ道なのか?

実は先週インフルエンザにかかりその後も仕事に追われるなどして仁さんからいただいた新しい投稿に今朝気がつきました。とりあえず早速ご返事をしたいと思います。


投稿者:仁さん

コメント本文:韓国聖殿では 昨年3月に

1、亨進様が [韓国に天運がまた戻ってきた]と言われた事

2、そして昨年12月に摂理国家のアダム国家が韓国であると亨進様が 言われたこと

この2つから 希望的な捉え方をしているように見られます

これらについてはどうお考えでしょうか?


投稿者:仁さん

コメント本文:亡命政権的な韓国サンクチュアリですか?具体的には韓国サンクチュアリ自体を日本に持ってくるということでしょうか?ということは韓国メンバー大移動ですか?


さて、なるほど希望的であることの根拠はあるということですね。

まず一つ目の去年の3月韓国に天運が戻ってきたというみことばがあるとのことでした。

それについての記憶がわたしには残念ながらありません。どこ(どの文脈)で言われたみことばてあるのかわかればよいのですが。

それから去年の3月ということですと韓国からの避難が叫ばれた頃ですし、四月危機と言われたかなり二代王が韓半島の戦争の危機を訴えておられた頃かと思います。

そういう意味でもどのように天運が来たと言われたのかが気になるところです。

それから去年12月に摂理的な中心国家が韓日米の三ヶ国であるとのみことばがあるのかもしれません。

ずいぶんわたしも探してみましたが、私が見れるような範囲では見当たりませんでした。

ただ江利川会長から大陸会議で直接二代王に摂理的国家についての質問をされた時にそのような発言があったという報告が、公式サイトに出ていました。

まずアダム国家が韓国なのかアメリカなのかその判断もそれだけではわかりません。

摂理的三国としか表現されておらず、韓国がアダム国家であり、また滅びることから免れている、あるいはその可能性があるというみことばはまだ見いだせていないのも私としての実情ではないかと思います。

ともかくアダム国家もエバ国家も天使長国家も確定的ではないということかもしれませんが、アメリカが最も中心国家であるというのは天一国憲法がアメリカ合衆国憲法を基としていることから明白です。このことは次回議論したみたいと思います。


ここではエバ国家、天使長国家はイギリス、ロシアといった国家が有力な候補とされたのでしょうが、その後の情勢では厳しくなって相対的に韓国、日本の立場がやはり強かったとも言えるのではないかとしておきます。

そこには韓国、日本のサンクチュアリの頑張りももちろんあったのでしょう。


そして、韓国が非常に困難の立場にあることに変わりはないのではないかと思います。それをどう変えるかは難しいわけですが、韓国聖殿では2月28日の祝福式に多くの方々が参加されようとしておられると聞いております。

私が言うまでもないことですが、まずはしっかりとアメリカPA本部、二代王とつながって天運の相続されることが一番であると思います。行ける方はアメリカに参加し、また同時中継などで天運を相続されることが一番だと思います。



問題は文在寅政権です。平昌オリンピックも北に利用され、危機は逆に深まっています。

その中で逆に若者層を中心に文在寅大統領の支持率が落ち始め、批判が増えてきました。

ひょっとすると文在寅政権の盛衰の分水嶺となるかもしれません。

実は仁さんからのメールを最初に頂いた直後に若者が文在寅大統領から離れ始めたというある記事を見つけ、ひょとして現実的側面でも希望が出てきたのかもしれないと感じたりしました。

さらに平昌のアイスホッケーの南北統一チームをごり押しすることの批判が高まってきました。


現実とみことばの両面から実体を知らねばなりませんが、今回の祝福が大きな転機となることを祈っていますし、また注視しています。

現実的には希望と言えるかどうかもまだわからない兆しや小さな兆候といった程度かもしれません。

文在寅大統領やその政権の本質は変わっていないでしょうし、国民の支持率も下がったとはいえ六割くらいはあります。

保守派が勢いを増してきたのは事実ですが、これから韓国は分裂します。

北寄りの政権側と北と対決する野党側とが激しい戦いが待っています。国を二分するような厳しいものになることが予想されます。

そうならなければ、真の希望はないでしょう。

アダム国家は国家としては堕落した立場になりました。もちろん韓氏オモニの失敗が本当の原因です。

天一国憲法の前文にある通りです。もしそれがなければ韓国の伝統や背景、東洋的な発想が天一国憲法にも反映されたと私には思えます。東洋的スタイルの悪い面が現実になったからです。サタンにやられたのです。

アベルのカインに分立されなければなりません。現実はカイン(北寄りの政権)が圧倒的に優勢です。

これをひっくり返すにはよほどの天運というよりも信仰が必要だろうと思います。

アメリカから、二代王から、三代王権から天運をいただき、自由の責任で真の希望を現実化していきましょう。

もう一つの問題は韓国と日本の問題がありますが、一度に議論すればややこしいのでまたの機会にします。

もともとのアダム国家と現在の中心国家(アダム国家?)が摂理的に一体化すれば、問題は大きく変わるでしょう。

しかし、もしミクロが少しでもずれれば、それは大変なことになります。大きな摂理の節目にきました。

韓氏オモニの呪いからの韓国の解放があるのかもしれません。

摂理の本当の意味は終わってからわかります。

安倍首相もアメリカの大統領トランプからの要請もあって平昌参加を決めたようです。

摂理は薄皮一枚でつながっているように思います。

韓国の希望が現実となるように願ってやみません。


鉄の杖(AK-15)が「呪い」を吹き飛ばしてくれるように祈ります。