ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

米韓軍事演習が近づくなかで、トランプ大統領に「激しい怒りの夏」が来た!

再臨の救世主、文鮮明師の真正なる後継者話、文亨進師の八月15日の説教「王国のカオス」からの引用です。(サンクチュアリニュースからの転載です。いつも翻訳などのご苦労、ありがとうございます。)


〜引用開始〜

(前略)

しかし預言と予言が実現したことをはっきり見ることができます。

韓国・朝鮮は呪いを受けいまや、対アメリカ核戦争の淵に追い込まれています。

経済も壊滅的な状態です。

韓国もここに来て、脅威を感じ始めています。映画のマトリックスのような脳死のような状態を過ごしていたからです。

日本も国レベルで、危機に対する避難訓練をしたと聞きます。グアム島でも実施しています。シカゴ、アラスカとハワイも警告を発しているそうです。


このようなことをもし2、3年前に言ったとしたら、気違い扱いされたでしょう。皆から気が狂ったといわれたことでしょう。

世界の大国が警告を発している現状にどんな反論ができますか。

核爆弾についての警報と避難訓練です。

日本からも来られていますが私が嘘を言っていますか。どうですか、日本人の皆さん。皆さんの国で、避難訓練をしているのではありませんか。

アメリカのグアム島でもです。とてつもなく危険な時にいるのです。これは学校の遊び時間ではありません。砂遊びの時間ではないのです。深刻な時を迎えています。

韓オモニがお父様を裏切ったとき、はっきりこう言いました。オモニがそのようなことをすれば、世界を審判に叩き落とすことになるだろうと。組織の馬鹿者たち、反逆者、裏切り者どもは、私を嗤(わら)いましたが、その者たちは、韓オモニの祝福によって世界はみるみる素晴らしくなり、より豊かになると豪語していたのです。

どうなったか。真逆の事態になりました。世界経済の問題ばかりでなく、国際政治、地政学的危機はほとんどマックスの状態です。専門家も、過去60年間で最高の緊張状態だといっています。


〜引用おわり〜


四月(五月)危機が去って、もう戦争はないのではないかと安堵されておられる方々もいらっしゃるとは思いますが、決して状況が良くなっているわけではありません。

北朝鮮のアメリカに対する脅しはますます度を超えてきました。

金正恩はアメリカ軍の基地のあるグアムへの包囲射撃と称する四発のミサイル発射はしばらく様子を見る(アメリカの出方を待つ)という表現で、中断して当面の危機はやや後退した感があります。

アメリカの譲歩を引き出す戦術です。

それではなぜ金正恩はこのような挑発というか駆け引きをしているのでしょうか?

一つはアメリカや国際社会の出方を見る、いわゆる揺さぶりで様子見をしていることがあります。

それでわかったことがあります。一つは猛烈なトランプの怒りを買ってどうやらアメリカはグアム近辺にミサイルを落とせば、軍事行動に出るかもしれない、いわゆるデッドライ(軍事行動に出る限界線)を越える可能性があることを知ったことです。

もう一つはそのようなことばのやりとりを心配して、対話路線をとるように迫る、アメリカ国内世論と西欧各国の反応も見ることができた点です。

しかしアメリカとの軍事衝突を恐れる金正恩は一応鉾を収める形で、チキンレースを中断しました。

それではアメリカに当面何を望んだかというと21日からと言われている米韓軍事演習(ウルチフリーダムガーディアン)をやめさせることができないとしても、アメリカのグアム基地から出撃してくるB1爆撃機と圧倒的攻撃力を持つ空母の軍事演習参加をさせないよう牽制していると言われています。

日経新聞からの引用です。


〜引用開始〜


米戦略爆撃機、自衛隊・韓国軍と訓練 対北朝鮮圧力強める

2017/7/30 18:56

アジアニュース

 米空軍のB1戦略爆撃機2機が30日、朝鮮半島やその周辺で自衛隊と韓国軍とそれぞれ共同訓練を実施した。防衛省や韓国軍関係者が明らかにした。北朝鮮による2回目の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を受け、日米韓3カ国が軍事的な圧力を強めた。

(中略)

 米B1戦略爆撃機は米領グアムの空軍基地から飛来した。まず朝鮮半島沖で航空自衛隊のF2戦闘機2機と編隊を組む訓練を実施。空自機と別れた後、韓国上空で韓国軍の戦闘機4機と合流した。同様の訓練をしながら黄海へ抜けたという。


 朝鮮戦争の際、北朝鮮は米軍の爆撃で大きな被害を受けた。戦略爆撃機の飛来には強く反発するとされる。日米韓はICBM発射直後に連携を示すことで北朝鮮をけん制した。

〜引用おわり〜


次は産経ニュースからの引用です。


〜引用開始〜


米NBCテレビは9日、国防総省が北朝鮮に対する先制軍事攻撃の選択肢の一つとして、米空軍のB1戦略爆撃機による北朝鮮の弾道ミサイル発射基地などに対する精密爆撃を実行する準備を整えたと伝えた。トランプ大統領による命令があれば、いつでも実行できる状態にあるとしている。


〜引用おわり〜

このB1爆撃機は核兵器は搭載していないが、正確にピンポイントで(誤差はレーザー誘導ならばわずか数メートルといわれている)で標的を攻撃できるし、北朝鮮領内に入ることなく韓国上空からもこの誘導ミサイルで平壌を精密な精度で攻撃できるものです。

その結果、金正恩は姿をくらまし、中朝国境付近で舞坪里で姿を現したといわれているくらいこのB1爆撃機を恐れています。

21日から始まる米韓軍事演習でこのB1爆撃機と空母群が出て来なければ、アメリカは金正恩の脅しに配慮したことになります。

もし、どちらかでも出てくれば、恐怖とともに金正恩は再びアメリカを脅すチキンレースを再開することでしょう。 その場合、九月九日の建国記念日あたりでグアム攻撃の何らかの実行に移す可能性が高いでしょう。

しかし、もしアメリカが譲歩しても、同じ九月九日辺りに第六回目の核実験を実行する可能性も十分あります。

どちらかにせよ、二代目王様は九月二十三日には天体上でも大きな異変があると言われています。これと朝鮮半島の危機がどう繋がるかはわかりませんが、X-dayに向かって危機は着実に迫っています。

トランプ大統領のために祈りましょう。最後に文鮮明師の後継者、文亨進師の8月13日の説教を再び引用でします。


〜引用開始〜


今世界では様々なことが起こっています。今、摂理の中心はトランプ大統領です。

ありとあらゆる霊的悪魔の勢力がこれに反対しています。すべての主要な勢力が反対しているのです。霊界のデーモンすべてが彼に反対しているのです。

なぜなら神様がトランプを天の使者として、メッセンジャーとして用いているからです。マクロ・天宙レベルで「主権」のために戦っています。


そしてTPP脱退やNAFTA(北米自由貿易協定)に関しても期待通りの働きを見せています。

人々の医療費を3倍から5倍も引き上げるオバマケアを廃止しようとしました。

健全な世界に戻そうとしているのです。国境も封鎖して、不法移民を70%もシャットダウンしたのです。

前例がありません。

株式市場の規模は3兆ドルに達しています。今4兆ドルですか。

とても凄い働きをしているのですが、トランプも一人の人間です。


ディープステート(闇の政府、国家内国家)が一つになって彼に反対しています。ディープ・ステートはその霊的在り方、文化からいっても完全に天使長のものです。


夏に彼らは攻撃に出るつもりなのです。この夏、カオス(大混乱)をつくりだそうとしているのです。

「激しい怒りの夏」と呼ばれています。

9月のシュミータにどんどん近づいています。

さらに一層の混乱と暴力が起こることでしょう。

目覚めている人には私たちが言っていることが本当だとわかるでしょう。それが分からなければ、もうどうしようもありません。自分が愚か者だといっているようなものです。


〜引用おわり〜

72回目の終戦記念日に寄せて。敗戦の時と同じく日本と韓半島に国難が迫っている。

昨日は戦後72年を迎えた72回目の終戦記念日でした。この日は日本人にとってもちろん感慨深いものがあります。

この72回目というのは私にとっては節目の年であると考えています。

毎年終戦記念日を迎えるわけですが、特に今年ほど感慨深いものがあったことはありません。

よく巷では戦争絶対悪といった声もよく聞きます。そういった立場からは特に戦争体験を風化させてはならないという話しによくなります。

それも一定の理解ができますが、私なりには終戦というと終戦間近に行われた特攻の悲劇が毎回のように思い起こされてきました。

日本の国を守った英霊達にどう向き合い、何を感じ、どう生きていこうとするのかといった感じです。

もともと特攻に対する敬意と感謝はありましたが、そのような思いを強く思うきっかけがあったのかと言えば、80年代後半に日本にお見えになった、文鮮明師の次男興進師が広島など日本の戦争の犠牲者などを慰霊されて回られた時の印象がありました。

特に当時、たまたま広島にいたこともあり、広島での慰霊の様子をお聞きして涙が止まりませんでした。

広島での原爆の被災により、日本を代表する立場( 原爆投下により日本の敗戦が決まり、本土決戦が回避された )で犠牲になられた方々はどれほど苦しかったのか、またどれほど無念であったということ、またそれらの方々の恨みが解かれていく様子、神様の愛が感じられてまた泣けて仕方ありませんでした。

しかし、次の鹿児島での特攻での記念館に興進様が行かれたときのご様子を伺って、本当に身が引き締まる思いでした。

それは特攻での記念館に興進様が足を踏み入れられた瞬間からお顔が別人のごとく変わられて、「ここには日本で最も純粋な自己犠牲の心であふれた聖い日本の若者の魂に満ちている。」という趣旨のことばを語られたのです。

そこで明らかに他の場所とは全く違うまさに神様とともに号泣という涙の祈祷をされたということでした。

人間的には同じく若き日に友のために自らの命を犠牲とされた興進様とは同じような気持ちが通じ合っておられた面かもあるのかとも思いました。

私は同じ日本人として彼らに恥ずかしく無い生き方をしなければならないと思い、時折彼らの純粋な国や家族や将来の日本を思う気持ちを共有したいと考えてきました。

今年の終戦記念日はそのことよりももっとさまざまな思いが絡んでいます。

それはまさに七十年以上前の国の危機と同じ国の危機が迫っているからです。

七十数年前の日本は国際情勢での冷静な認識が足りませんでした。

太平洋戦争に至る敗北に向かう歴史的流れに向かって抵抗することも別な道へ向かうこともできませんでした。

何か別な道があったという研究の成果もなく、従って認識もありません。

今の北朝鮮もそうですし、韓国も結局同じ流れの中に入ってしまいそうです。(つまり北朝鮮の戦略のなかに取り込まれつつあります。)

日本は明治維新以来、西洋列強に対して追いつけ、追い越せとばかり、富国強兵の道を歩んできました。

戦後、軍国主義の道を敗戦により、閉ざされて、経済大国の道を目指しました。

もし、あのとき敗戦がなかったらどうだったでしょうか?

いずれにせよあのような劇的な幕切れでなかったにせよ、それまでの歩みの延長は行き詰まって大日本帝国は倒れたのではないかと思います。

戦争の災禍は二度とあってはならないとよく言いますが、あの災禍を伴う敗戦無くして日本が変われたという保証はどこにもないでしょう。

これは全く難しい問題です。

北朝鮮を今の価値観から、非難するのは簡単ですが、日本は悲惨な敗戦無くして軍国主義を捨てることはできませんでした。

よって戦争無くして北朝鮮を封じ込めるには日本のこれまでの経験からすれば、難しいかなという結論になります。

従って、日本を超えた考えがどうしても必要となります。

その葛藤のなかで72回目の終戦記念日を迎えました。

次回は日本が過去の経験を超えて、日本も含めた国際平和へのどのように道を開くのか考えてみたいと思います。

誌上説教。 「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。」

誌上説教です。よければお読みください。

○ 聖書拝読 ヨハネによる福音書三章16節〜18節

「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。

3:17 神が御子を世に遣わされたのは、世をさばくためではなく、御子によって世が救われるためである。3:18 御子を信じる者はさばかれない。信じない者は神のひとり子の御名を信じなかったので、すでにさばかれている。」

○説教

「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。」

これも実に有名な聖句です。

ひとり子とはイエス様のことです。

まず、ではなぜイエス様が神様のひとり子なのでしようか?聖書では人類歴史はアダムのエバからはじまりました。それ以後、それこそ何十億、何百億数かぎりない人間が、誕生したことでしょう。

しかし、本当に神様の子と言える人はイエス様しかおられませんでした。

なぜでしょうか?それは人類始祖と言われるアダムから人類が出発し、このアダムから原罪と言われる罪をその後の人類すべてに遺伝していったと聖書に書いてあるからです。

アダムの原罪とは神様が取って食べてはならないとされた善悪知る木の果(実)を食べることによって生じました。

そしてそれ以後その血統から生まれたすべての人類は原罪を持ったと考えられています。

その証拠に神様が創造されたのになぜ人間が悪なることを考えたり、またそれを実行してしまうのかという人間の不完全さ、あるいは悪性(堕落性)を説明できません。

ところがイエス様だけはその原罪とも全く無関係な完全な神性を持つ神様の息子であることを神様のひとり子と表現されたのです。

イエス様の完全な神性については十字架上で示された“無償の愛”によって示されています。

神様から人類を救うための救世主、メシアとして送られながら、みことばと愛の役事(さまざまな奇跡)をされながら、最後は弟子たちにも結果的には背かれ、不信されて、迫害と誤解、曲解のさなかで十字架につけられました、

しかし、この死の絶頂にあっても十字架につけて迫害する者たちに対して、「父よ!彼らをお許しください。かれらは自分が何をしているのかわからないのです。」(ルカによる福音書 23章34節

と死に至る痛みの頂点で魂の叫び声を上げられました。

この十字架で示されたイエス様の愛によって原罪を持つ堕落の血統である私達人類に救いの道が与えられたのです。

そして生きて行く上で、意識的であったり、無意識的であったとしても罪を犯して、地獄に行くしかなかった人間もイエス様を信じることによって救われる道が生まれたのです。

それは「私を受け入れる者は私も天にいます私の父の前で受け入れる」(マタイによる福音書10章33節)と言われたイエス様は罪の持った私達を救い主となられたのです。

そこで、「私は道であり真理であり命である。私を通さなければ誰一人父のみもとに来ることはできない」(ヨハネによる福音書14:6)とも言われました。

私達に罪の自覚があれば、救い主イエスを信じることによって自分も救われるということです。

しかし、イエスの十字架で示された救いは無限の救いかというと限界がありました。

それはイエスを信じた篤実な信徒の子供もやはり、原罪をはじめとする罪に苦しみ、人類はいまだ原罪から解放されたとは言えないからです。

そこで神様は再臨のイエスすなわち再臨主を遣わされるのです。

それは初臨のイエスと同様に

「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。」のです。

私達は再臨主としてこられたお方を信じ、イエス様の時と同様ですが、イエス様の時にできなかったこと、すなわち自らの十字架を取り、その痛みを共有して、再臨主と一つになることによって救いを受けることができるのです。

『わたしについて来たい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのために命を失う者は、それを得る』」(マタイ16:24〜25)

再臨主の十字架とはなんでしよう?

再臨主としてこられた文鮮明師はイエス様の“肉体の十字架”を七度も越えられました。ご家庭も犠牲にされたのは、肉体の十字架以上の心情の十字架と言われます。

私達の自分の十字架がどんなに重いものであったとしても、イエス様や再臨主よりも重い十字架はありません。

人類歴史上、 神様がひとり子として送られた方は人類始祖のアダム、イエス、そして再臨主しかおられません。アダムは失敗して原罪を人類に与えました。イエス様は十字架を通して人類に救いの恩恵を授けました。しかし、限界もありました。


再臨主である文 鮮明師はイエス様のやり残したすべての使命を全うするためにこられました。

そしてその使命のほとんどを果たされましたが、残された使命を、息子である後継者に託されたのです。その後継者は末の息子 文 亨進師です。

再臨主はただお一人ですが、人類救済の使命は残されたのでその使命はその息子に託されたのです。直接再臨主自身が後継者を決定されたのです。 それは「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。」という聖句の通りです。