ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

平和軍、平和警察に向けて大切な注意点。法律問題です。

ナイフや銃による犯罪が後を絶ちません。

私たちサンクチュアリ聖殿聖徒にとってはだからこそ平和警察の必要性を感じるわけですが、一般的な反応は逆であることをまずは認識しておかなくてはなりません。

銃の所持はもちろん法律によって禁じられていることは当たり前によく知られていることですが、違法ではないナイフの所持ですら、普段から持ち歩いたり、車にあるだけでも検挙、起訴される可能性が十分にありますので、よく気をつける必要があります。

次にあげる案件では正当な所持と当然思われる内容のものがなんと有罪判決を受けています。

二代目王様のご指導でブッシュクラフトの練習をしたり、サバイバルの訓練や、実践に興味を持つことはとても良いことなのですが、持っているだけで十分警察から事案化される可能性がありますから、よく熟練者や、詳しい方との情報の交流をされるべきだと思います。

次に紹介する事案については、被疑者とされた方の言い分通りならば、なんら問題のないようなケースでなんと有罪判決が出ています。

よく法律の趣旨や実態を理解して法律の遵守を皆さまにお願いしたいと思います。

腰にナイフを所持して大変な目に遭っているという二世の情報もあります。

弁護士ドットコムからの引用です。


〜引用開始〜

「果物ナイフを所持して「銃刀法違反」で有罪に 弁護人は「正当な理由に該当する」と反論」


ナイフや包丁を持ち歩くだけで、銃刀法違反で逮捕されることがあるーー。

法律小ネタとしては定番だが、「正当な目的があれば、そんなことにはなるまい」と思っている人も多いはずだ。

しかし油断は禁物だ。5月29日、岡山・倉敷簡易裁判所が、車の助手席に果物ナイフを入れたかばんを置いていた男性に銃刀法違反で有罪判決を言い渡した。一体、何があったのか。男性の代理人である板垣和彦弁護士に聞いた。

●夕食を「果物ナイフで刻んで食べる」ために携行

「この事案は、職務質問により発覚し、略式起訴、罰金10万円の略式命令、正式裁判申立、正式裁判(否認)、罰金10万円の判決宣告(簡裁)という経緯をたどりました。

本人(編集部注・被告人)は高齢男性ですが、家庭の事情により昼間の仕事を終えた後も別の仕事をする毎日でした。夕食は、通勤用の車の中で、食材を果物ナイフで刻んで食べることが多かったのです。本人は、他人には容易に理解し難い厳しい経済状況や家庭の事情等を明かしたくないため、事案の概略を認めました。本人は、不起訴になると思っていました」

●「正当な理由」に該当する可能性が十分にある事案

裁判では、どのような主張をしたのでしょうか。

「私は公判段階から関与し、聴取した事情をもとに果物ナイフの携帯は『正当な理由による場合』に該当すると主張しました。勤務状況、家庭事情から上記の生活実態を明らかにし、果物ナイフを携帯する理由と必要があった事実と、果物ナイフを歯ブラシ等日用品とともに手提げバッグ内に収納していた事実を中心に立証しました」

岡山・倉敷簡易裁判所は5月29日、男性に銃刀法違反で有罪判決を言い渡しました。

「本件は、軽犯罪法1条2号にいう『正当な理由』の意義について判示した最高裁の無罪判決(催涙スプレー事件)の判断基準に照らし、正当な理由による場合に該当する可能性が十分にある事案だと考えます。本人の意向を確認し、控訴しました」

(弁護士ドットコムニュース)

取材協力弁護士】

板垣 和彦(いたがき・かずひこ)弁護士

1954年生まれ、1981年中央大学法学部卒、裁判所書記官、検事(東京、名古屋、大阪、神戸、岡山、広島、山口、松山本庁、管内勤務)等を経て、2016年弁護士登録。

事務所名:岡山中央法律事務所

事務所URL:http://www.okachulaw.com/


私たちはブッシュクラフトサバイバル活動は当然必要だと考えています。

また、平和警察につながる格闘技や武道などの鍛錬も大いに推奨されるべきだと考えています。

しかし、現実的に考えて、日本国内では日本の法律の内容、運用の実態をよく知って引っかからないことが大切です。

それは引っかかってしまった本人や周囲は大変な思いをすることでしょうし、また世間の誤解、家庭連合などからの中傷誹謗を招きかねないことです。

「鳩のように素直で蛇のように賢くあれ」という聖句にあるように知恵を持って実践されますように願っています。

日本には運勢があります。サッカーW杯の日本Tの大活躍。

サッカーW杯ロシア大会が盛り上がっています。

日本は初戦のコロンビア戦でW杯史上アジア勢で初めて南米の代表に勝つことできたのです。韓国も北朝鮮もまだできなかった歴史的快挙です。

6大会連続出場の日本は一戦目の格上のコロンビア相手に幸運なことに相手ハンドの一発レッドカード退場により、pkによる先制点をあげ、優位に試合を進め、勝ちきりました。20回やって一回勝てるかどうかの難敵と言われる相手の奇跡的勝利でした。

前回大会では1対4で惨敗しています。

またコロンビアは二戦目予選同組のトップ通過も予想された現在世界ランク8位のポーランドを相手に3対0で勝っており、今回のチームが決して弱かった訳ではなさそうです。

確かに一戦目のコロンビアは開始早々に香川のいきなりのロングパスに対応が遅れて慌てたディヘェンダーの手に香川のシュートが当たり.pkによる得点にプラス一発退場となって11対10となり幸運が重なりました。

試合運び、選手の動きとしてはむしろ二戦目のセネガル戦の方が良くなっていて、こちらも見事に2ゴールを決めて、引き分けによは勝ち点1を勝ち取りました。

正直、もう少しディへエンスがよければ勝てた試合だったので選手たちも勝ちきりたかったと本音が出ています。

二戦目ははっきり言って実力が十分出せた試合だったとも言えます。二戦目のセネガルはヨーロッパの強豪ポーランドを破った相手で二番にとってはやはり格上の相手です。

一戦目がフロック(まぐれ)ではなかったことが証明されました。

日本に天運があるとこのブログで何度も叫んできましたが唯一世界で最も人気の高いスポーツであるサッカーでこれまで大変厳しいと状態が続いていただけに、この活躍はやはり、日本に天運がある証拠であると確信できました。

先回のブログで日本のサッカーに触れた時、ハリルホジッチ前監督の解任問題で日本サッカーの問題は日本全体の短所、長所の両面の問題であると書きました。

日本人は体格的、運動能力的に欧州や南米、アフリカなどとは劣るので集団戦法、組織的戦いに優れている点があります。

日本の短所をなんとか補おうと一対一のプレーの強さを求めた前監督に対してついて行けない面があったという観測がありました。

今回の大会では、小柄ながら、小回りが利いて、俊敏なな動きに従来の組織的プレーがが噛み合って見事に攻撃面での決定力につながっていました。

ずーと言われ続けてきた得点力不足が全体的な底上げにより、カバーされてきたのです。

まだわずか二戦目ですが、初戦のヒーロー“半端ない”大迫、香川、二戦目の本田、乾、それから柴崎、長友といったどんどんヒーローが現れるという点が、誰がトップヒーローはいなくても強さを証明できるところに日本の持ち味が出ています。

予選リーグ突破は予選最終戦のポーランドと他ニームの結果次第ですがかなり有利な展開であることに間違いありません。16年ぶりの予選突破と初のベスト8以上を目指して順調な戦いぶりです、

W杯開幕前に誰がこのようなな活躍を期待できたでしょうか?日本にやはり天運は来ているのだお思います。

わずかの短期間で全体と個の見事な調和と連携のとれた日本チームの躍進を祈ります。

中国がアメリカを乗っ取ろうとしています。

中国は日本乗っ取りだけでなく、すでに米国にスパイを浸透させ、米国乗っ取りまで画策しています。

ライブドアニュースの「日本と世界と宇宙の動向」から引用です。(見出しは黒頭巾)


〜引用開始〜

中国によるアメリカ乗っ取り…スパイ活動の実態

• 2018/06/23 10:21


[ 日本の社会に中国スパイが,,,, ]


日本でもずいぶん前から言われてきたことですが。。。日本、アメリカそして世界中で中国人スパイがスパイ活動を行っています。

トランプが中国との貿易戦争を勃発させている中で、ホワイトハウスは、アメリカ国内にいる大量の中国人スパイにより大きな被害を被っていると発表しました。


日本にももちろん大量の中国人留学生や企業労働者が入り込んでいます。東京などは中国人だらけです。

何しろ政府は外国人留学生や労働者を熱烈歓迎していますから中国人スパイが入り放題なのです!

日本の大学は学生不足を解消し経営を維持するために、中国から大量の留学生を受け入れています。

しかも日本の納税者の血税を使って彼らに豪華な補助金を与えるという特別待遇でです。

大学だけでなく大学院にも中国人研究生が大量に蔓延っています。

また有り余るほどの中国人教授(高給取り)が日本の大学で反日左翼共産主義洗脳のために教鞭をとり学生を洗脳しています。

人手不足が深刻な日本の産業界は、優秀な中国人を大量に雇っています。企業のR&Dにも中国人が「活躍」していることでしょう。ただ、彼らの活躍の多くがスパイによる功績ですが。

日本は中国人スパイにとって世界一のスパイ天国です。しかも政治家の多くが中国とつるんでいますから、中国人のスパイ活動が発覚しても見て見ぬふりです。


日本の大学や企業に潜入している中国人スパイは、日本社会に溶け込んでいる(日本のルールを守る)良識ある学生や社会人のふりをして、スパイ活動を継続しています。彼らはスパイ活動を楽しみながら、日本政府からは補助金を、中国政府からは潤沢な活動資金をもらっているのでしょう。

中国人が非常に多く入り込んでいる大学や企業(工場、ホテル、旅館、観光施設、娯楽施設も含む)はそのうち必ず潰れると私はみています。そして潰れた後に中国がそれらを次々に買収し日本を乗っ取ります。

大企業のシャープは台湾系の企業のふりをした中国人経営者の中国企業に乗っ取られました。

マスコミには報道されていませんが、多くの日本企業が中国系企業やオーナーに買収されていると思います。


[ 米国をも“盗む”中国スパイ ]


問題は、中国政府と背後で繋がっているのがディープステート、影の政府、民主党、共産主義のイルミです。彼らは中国による世界支配を通して世界を完全支配するNWOを狙っています。

トランプによる中国との貿易戦争は、ディープステートと繋がった中国経済を破壊する目的があるのでしょうか?

ただ。。。その前にアメリカ経済が破壊されたらどうするのでしょうか?

http://beforeitsnews.com/science-and-technology/2018/06/white-house-releases-bombshell-chinese-spy-manifesto-keep-your-eye-on-china-2929281.html

(概要)

6月22日付け


ホワイトハウスが中国による国内外のスパイ活動の実態を公表しました。彼らはアメリカ国内のあらゆる場所でスパイ活動を行っています。


ホワイトハウスが中国のスパイ・マニフェストを公表しました。

FBIは中国人がアメリカのあらゆる場所でスパイ活動をしていると警告しました。


2018年6月に発行されたホワイトハウスの貿易製造政策報告書(一部)によると、

中国は、俳優、留学生、教授、企業の従業員、他を装ったスパイを大量にアメリカに送り込み、アメリカ各地でアメリカの最先端テクノロジー、秘密情報、資金、その他を盗み続けています。

中国の世界的な経済侵略により、アメリカや世界の企業のテクノロジー、取引に関する秘密情報、ビジネスプロセス、知的財産、他が脅かされています。アメリカの取引に関する秘密情報が中国に盗まれたことで1800憶ドルの損害が生じました。

中国によるサイバー侵略で、米企業はビジネスの機密情報(IPアドレス、取引に関する情報、技術データ、交渉の立場、センシティブな所有権に関する内部の重要なやり取りなど)が盗まれています。


[ 世界支配を目指す中国は米国乗っ取りを企む ]


中国は、包括的長期産業戦略を実行し世界支配を目指していることが明かになりました。

その戦略の最終目的は、重要テクノロジーや製品の製造や設計に携わる国内外の外資系企業を中国企業に乗っ取らせることです。

中国の産業政策とは世界中のテクノロジーや知的財産を導入(盗む)→吸収→再導入するということですが、そのやり方は、アメリカのあらゆる分野に中国人スパイ(盗人)を潜入させ、物理的に盗み出したり、サイバー攻撃で盗み出したりしています。彼らは言い逃れをしてスパイ活動を否定します。


ホワイトハウスは中国がアメリカ国内で何をやってきたかを全て暴露する必要があったのです。中国の経済侵略により米国民や米ドルが深刻な被害を受けています。

ペンタゴンも、アメリカの警察が中国人スパイのスパイ活動(盗み)を十分に追跡、捜査、検挙できずにいると報告しています。

その理由の一つとして、米企業の多くが中国人の従業員(スパイ)から被害を受けたことが明かになれば彼らのビジネスに悪影響を受けるとして警察に通報するのをためらっているからです。

被害を受けた企業がやれることは中国人従業員(スパイ)を解雇することしかありません。

企業側は、企業が中国人スパイからの被害を政府に訴えても、政府は中国に対して訴訟を起こすことなどできないと思っているからです。

もちろんその通りです。中国は共産主義国家です。中国に対して訴訟を起こすことなどできません。

中国はやりたい放題です。誰かが中国に大打撃を与えない限りはやりたい放題なのです。

2015年にオバマと習はスパイ行為に関する協定に署名しましたが、何の役にも立っていないどころか、中国のスパイ活動は益々悪化しています。


FBIによると、中国人スパイは表向き留学生や教授としてアメリカの大学に潜入し大学内部でスパイ活動を行っています。彼らはアメリカの高等教育制度をうまく利用し、大学の重要資料、技術手法などを次々に盗んでいます。

彼らのスパイ活動によりアメリカは何千億ドルもの損害を被っています。


中国による米企業乗っ取り方法とは、多くのスパイを米企業に送り込み(就職させる)、そこでスパイ活動を行なわせながら米企業を破産させた上で米企業を買収しています。

中国がアメリカで使っている資金の95%は米企業の買収用です。中国は米テクノロジー企業を支配するためにシリコンバレーにある多くの企業を買収しています。

〜引用終わり〜


これまでも何度も指摘してきましたが、北朝鮮をめぐる韓半島問題は中国抜きに解決はあり得ません、

中国との戦いはすでに貿易戦争という形で信仰していますが、短期的な混乱を恐れるのではなく、中長期的な視野で中国が米国を凌いで覇権を確立しようとしていることを知らなければなりません。

もちろん自由貿易のルールの中での公正な競争なら良いのですが、不正かつ不公平なやり方で(例えば産業スパイもそうですが)で米国に勝とうとしています。

共産主義ももちろんですが、独裁的開発、強引な独善的自国中心主義は結局は世界を破滅に導きます。

ビジネスつまり金儲けでは中国との付き合いをしたがる産業界ですが、中国のような政治体制、社会体制が良いはずもありません。

中国との戦いはすでに始まっています。