ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

金正恩委員長はなぜ米朝首脳会談を決意したのか?トランプ大統領を信じたのか?

hide6500さんからコメントをいただきました。


〜引用開始〜

投稿者:hide6500さん

コメント本文:人の病気も、国際情勢も、似ているところがあると思います。どちらも、私たちの内面に原因の多くがあります。この人のこういうところを直せば病気も良くなるのに、と思うことが多いように、国際情勢も、私たちの心の持ちようで、どうにでも変わっていくと思います。だだし、分岐点を過ぎてしまえば、元に戻すことは不可能でしょうが・・・。数年先、数十年先を見通す英知を、神様に乞い求めましょう。私たちの、神様に対する姿勢が、未来を決定していきます。必要なのは、神様を愛し、悪を憎む心。

〜引用終わり〜

金正恩委員長は今回の米朝首脳会談に際して、もしトランプ大統領が米国の大統領でなくてほかの人だったら首脳会談はできなかったという趣旨の言葉を述べたといいます。

もちろんオバマ元大統領までの政策からの大転換をして軍事的選択も含めた最大限と言われる軍事的、経済的、政治的圧力を加えました。

しかし、それだけでなく、真摯に解決のための努力をして、誠意を持って北朝鮮と向き合った最初の大統領であったと思います。

もちろん、核兵器を持ちさらに米国に届く大陸間弾道弾(IC BM)を持つことで米国との交渉をするという悪の枢軸国らしいやり方ではあったのですが、それでも真剣に取り扱ったトランプ大統領に対して、本心ではとても敬意を払っていたのです。

6月12日の会談が中止にするとトランプ大統領が表明した時にはすぐさまその敬意を伝え、今回の会議の実現にこぎつけました。

このことはかえってトランプ大統領と金正恩委員長の信頼関係を築くきっかけの一つとなったとみています。

しかし、それが本当に証明されるにはこれからが問題になります。

非核化が本当に実現するのか、北朝鮮で非核化のプロセスで反発が起き、逆回転の動きが制御できなくなって急激に悪化することはないのかはまだ予断を許しません。

そのことはトランプとの会談よりもはるかに困難な作業であるはずです。

国の体制を変えるということはどれほど困難なことでしようか?

例えば、鎖国をして身分制度の強かった江戸時代から、開国して和魂洋才で改革した明治維新を成功させるまでの混乱と激動はたいへんなものがありました。

世界一の反米と独裁の国を根底から変えることはできるでしょうか?

このような試みは世界史上かつてなかったことと思います。

金正恩が良い人間というつもりはありません。

しかし、トランプ大統領との信頼関係が現に存在しているということは北朝鮮が変わることができる可能性があるという意味につながります。

揺り戻し、反動も含めて一国の統治することの難しさから見てどうなるかはまだわかりません。

もちろん安易に信ずることはできません。

それは北朝鮮にとってもおそらく疑心暗鬼から抜け出ることも簡単ではないでしょう。中国との関係もあります。

米国だって.、過去にはいや現在にもでしようがC IAは都合の悪い政府の転覆を図り、またディープステート、グローバリストたちが戦争を起こそうとしてきたのです。

朝鮮半島の問題が東西問題や世界の問題の縮図であるとするならば、その解決は地球的レベルでも象徴的、シンボル的課題でしょう。

この時、この機会に神はトランプ氏を米国大統領に用意し、選び、準備してきました。

是非とも良い方向がさらに前進するように祈り、またその一助になることを真剣に考えたいと思います。

NWO(グローバリストが作ろうとする世界政府)は世界の悪魔支配を完成するための手段。そこから抜け出すことは創造主が人類に与えた課題である。

二代王文 亨進師はグローバリスト(イルミナティ、世界政府NWO.影の政府、ディープステート、など)がサタン勢力下にあることをその所業から語っておられます。特に小児性愛犯罪などの悪魔崇拝儀式を行っています。

日本では行われている話があまりないのですが、欧米では深刻な事態が進行しています。

日本の児童虐待も大変ですが、それをさらに深刻化したものですし、さらに悪魔化したものと言えます。


次にあげるのはライブドアニュースの「日本と世界と宇宙の動向」の記事です。

長文ですが、生々しい証言などの悲惨なそしておぞましい現実がわかるものです。


〜引用開始〜

世界で起きている小児性愛犯罪、戦争、操作、策略は全て悪魔崇拝儀礼によるもの

* 2018/06/16 10:09

すでにお分かりかと思いますが。。。この世界を支配しているのは悪魔崇拝者の集団(イルミナティ、NWOエリート、影の政府、ディープステート、世界的な機関や団体)であり、彼らを支配しているのは悪魔です。

地球は何千年も前から悪魔(堕天使、邪悪なエイリアン、異次元の敵対する勢力)に乗っ取られ支配されています。神の手が届かないほど地球は闇の中にすっぽり入ってしまっています。人類は彼らが作り出したマトリックスの中に閉じ込められ騙され続けながら生きています。


しかし今でも多くの人々がそのことに気づいていません。そのことに気づいたなら、悪魔に憑依され操られないないように注意できるはずです。NWOは地球の悪魔支配を完成するための手段です。

一体、いつになったら地球は悪魔支配から解放されるのでしょうねえ。

彼らが作り出したマトリックスから人類がいかに抜け出すかが創造主が人類に与えた課題なのではないでしょうか。


http://beforeitsnews.com/alternative/2018/06/the-satanic-ritual-abuse-is-a-stark-reality-which-results-in-all-the-pedophilia-war-manipulation-and-deception-we-see-around-us-2-3619840.html

(概要)

6月15日付け


イルミナティの血統を引く家族、軍人家族、マインドコントロールと関係のある家族、NWOで世界を操っている者たちと関係のある家族の子供たちの多くが悪魔崇拝儀礼虐待(SRA)を受けています。

SRA(悪魔崇拝儀礼虐待)は何世代にもわたりこのような家族の中で引き継がれてきました。


心理学者らはずいぶん前から加害者も被害者であることを知っていました。子供たちに暴力や虐待を行っている者たちもまた過去に味わった恐怖の体験で深い傷を負っていたりトラウマから立ち直れずに苦しんでいます。

SRAは、家族の中だけでなく拉致した子供たちに対しても行われます。被害者の子供たちは虐待のトラウマに苦しみながら彼らの奴隷となっていきます。 


このような悲惨で恐ろしい事実があることを理解すれば、なぜ世界的な陰謀やNWOが存在するのかを理解できます。


世界を操っているNWOのエリートの殆どが民族、宗教、家族の繋がりを持っているというわけではなく、悪魔崇拝カルト教の一員と言う共通点があります。


彼らは、悪魔儀式で闇の勢力(悪魔や悪霊)を誘い出し、悪魔や悪霊に自分たちの思考や行動をコントロールさせ、世界中で小児性愛犯罪、戦争、陰謀、策略などの悪事を行っているのです。



テッド・ガンダーソン氏(元FBI長官、2011年に死去)は彼が目にしたSRAについて暴露していました。


ガンダーソン氏は数十年間の独自調査を行った結果、世界を支配している集団とは、世界的なネットワークを通して、組織的に世界の子供たちの人身売買(子供たちを奴隷として売ったり、政治家たちの性的虐待のおもちゃとして子供たちを飛行機に乗せてワシントンDCに連れていく。)や小児性愛犯罪を行っている組織を運営している悪魔崇拝カルト教であると言う結論に達しました。

ガンダーソン氏によると、アメリカ国内で年間10万人以上の子供たちが行方不明になっています。FBIは彼らと共謀しその事実を隠蔽しています。悪魔崇拝カルト教のメンバーには、多くの専門的職業(判事、スポーツマン、警察、セレブ、政治家、法律家、他)に従事する人たちが含まれます。


ガンダーソン氏は、ゴミの中に見つけた動物の骨や悪魔のシンボルなど、SRAや生贄の実態を証明する証拠を提示しました。

悪魔崇拝者は、虐殺した犠牲者の血液(死亡時に情動神経に影響を及ぼす物質が犠牲者の血液内に含まれる)を飲んで悪魔的にハイの状態になります。


元悪魔崇拝者のザチャーリ・キング氏によると、悪魔崇拝者=黒魔術師は幼児を強姦するのが好きでたまらないのです。なぜなら、儀式的な強姦を行うことで彼らは幼児の若いエネルギーを吸い取ることができるからです。


キャシー・オブライエンさんなど、悪魔崇拝者らのマインドコントロールの被害者らは、勇敢にも、自分たちがどのような虐待を受けてきたかを公の場で暴露しています。

例えば、彼らは、悪魔崇拝者、心理戦のスペシャリスト、NSAのマイケル・アキノによって膣を切断されるなどの虐待を受けてきました。

このようなおぞましい犯罪を止めさせるには、現実にアメリカや世界中でこのような組織的な陰謀が行われていると言う事実を認識しなければなりません。


SRAやマインドコントロールの被害に苦しみ続けた多くの被害者(生存者:ブライス・テイラーさん、シスコ・ウィーラーさん、アリゾナ・ウィルダーさん、サバリ&キャシー・オブライエンさんなど)が公の場でその実態を暴露しています。

驚くべきことに、 彼らはあれほど恐ろしい体験をしてきたのに、トラウマから抜け出ることができたのです。

被害者の一人のキャシー・コリンさんは強烈なトラウマになるような恐ろしい体験(幼少時代、プロジェクト・モナーク、CIAのMKウルトラのマインドコントロール・プログラムに利用されり、ボヘミアングローブのような場所に連れて行かれた。)をしてきたのにもかかわらず正常な精神状態に回復できたのです。


コリンさんは、3歳の時に実の父親にジャガイモを入れる袋に押し込められ、悪魔儀式の会場へ連れて行かれました。会場で彼女は強制的に人間の血を飲まされ、成人の男女から性的暴行を受け、その後、売春婦のように扱われ性的虐待を受けました。また彼女は麻薬を投与されたり、電気ショックやストロボライトで実験されました。

さらに、彼女が5歳の時には、ボヘミアングローブに連れて行かれ、裸にされた後、石の祭壇にロープで縛りつけられました。 その後、3人のフードをかぶった者たちが彼女を囲み、彼女の魂を抜き取ろうとしましたが、彼らは彼女を壊すことができなかったのです。さらに、彼女は子供の生贄儀式の様子を無理やり見せられました。

また、彼女や他の少女は、ボヘミアングローブの森の中でかくれんぼをさせられた後、野生動物のように銃を持った者たちに狩りをされて追われました。

彼女が最終的にマインドコントロールや虐待から逃げ出すことができたのは彼女の実の父親が死んだ時でした。


幼少期から悲惨な試練の連続だったコリンさんはどのようにしてトラウマから立ち直ることができたのでしょうか。

彼女はある時点で自分を被害者として考え行動してきたことに気が付きました。もちろんそうなるのも当然のことですが、我々は宇宙に(我々の思いを)発信した後に、その思いをこの世界で具現化しているのです。

我々は大抵、宇宙に発信した思いと似た世界をここに再現しています。自分を被害者として見る理由としては、顕在意識ではそう思いたくないのに、潜在意識の中でトラウマを再現しているからです。

なぜなら、トラウマの被害者はトラウマやドラマを体験することでセロトニンを分泌するということを学びました。

コリンさんの場合、トラウマから立ち直る方法は、トラウマを受けずにどのようにセロトニンを分泌するかを知ることです。彼女の場合、夕焼けやチョウチョが彼女を治癒してくれました。


トラウマから立ち直るのに、特別な場所に行く必要はないとコリンさんは主張しています。そこにはゴールもなく一次的でもないのです。

進化は周期的なものです。治癒を急ぐのではなく、次々に思い出される抑圧された記憶にどう対処すればよいのかを学ぶべきなのです。

コリンさんの場合、その時その時の感情に打ち勝ち、古い記憶を思い出した時、うまく反応できるようになることです。また、苦痛を友達にして、苦痛が自分に何を教えてくれているのかを理解することです。

辛い体験を思い出すのを拒否し続けるとトラウマはいつまでも離れません。

また治癒にはユーモアも重要です。癌などの重病を患っても笑い続けることで病気を克服できた人もいます。

また、自分の身体に耳を傾けることです。身体は心が感じ取る前に苦痛や恐怖を感じているのです。身体に耳を傾けることで身体は心にどこが辛いのかを教えてくれます。


コリンさん曰く、自分の行動に責任を持てば変化が起きます。

立ち直るには許しが必要です。何の判定も下さずに、第三者的な目で冷静に自分の過去を思い出すことです。

コリンさんはこのようなことを繰り返しながら何年か経った後に、虐待(苦難)は神からの贈り物としてとらえることができ、トラウマから完全に立ち直ることができました。

そのように思うことで彼女は成長できたからです。

彼女は本当にパワフルで素晴らしい女性です。


NWOの陰謀は我々人間が成長するために与えられた試練なのです。我々はそれに打ち勝つ必要があります。


以下省略

〜引用終わり〜

小児性愛や悪魔儀式や人身売買、生贄による殺人などどこかの発展途上国の犯罪集団の話のように思ってきたのです。

それが欧米のトップエリートのさらに上層部に蔓延っているのは信じがたいことです。

しかし、どうやら事実のようです。

私たちはある面アメリカやヨーロッパに憧れたりしますが、とんでもない闇があり、その闇の主人公たちがそのおぞましい悪魔的犯罪から悪魔的エネルギーを受けて目指していることは何か。

私たちはこの文の作者が言うようにトラウマに打ち勝ち、成長の為与えられた試練に打ち克たなければなりません。


そのドロドロの世界を変えようと戦っているのが、ミクロとマクロの中心者です。

トランプ大統領を支持する大きな理由です。

北朝鮮は中国につくのか、大転換を図り、アメリカにつくのか、究極の選択をするしかない!

これまでの議論を整理してみます。

北朝鮮はアメリカにつくのかそれともやはり中国に依存する道を選ぶのか究極の選択を迫られています。

北朝鮮にとってアメリカは朝鮮戦争以来不具戴天の敵であると同時に最も対等以上の関係に持ち込みたい相手でした。

一方の中国はやはり朝鮮戦争以来の血で固めらた同盟関係でありながら、千年の恨みもあるギクシャクとしたところも出て来ています。

今回の米中首脳会談ではあまりcvidを性急に求める(軍事的圧力をかける)と北朝鮮を中国に追いやってしまうので程よいころ合いを図り、アメリカに惹きつけたことで成功と言えるのかもしれません。

しかし、これまでの北朝鮮の経緯を見れば楽観的になれないのは当然であり、またトランプ大統領自身どれだけ韓半島問題に精力を注げるか疑問視するところもあります。

そこに注目してアメリカに頑張ってもらう、もちろん日本も協力するというトランプ・安倍ラインが重要な柱です。


ここですでにご存知の方も多いと思いますが、文 亨進師の今回の首脳会談の感想をご覧ください。


三代王権・サンクチュアリ...のブログより引用させていただきます。(いつも翻訳ありがとうございます。)


〜引用開始〜 (一部抜粋)

朝鮮戦争の終結は韓国にとって大惨事である。


キングスリポート6月11日(月)The King's Report 2018/06/11より

残念なことに、ティムが何度も分析して話したように、中国の権力が北朝鮮に覆いかぶさってくることは議論の余地がありません。貿易の90%は対中国です。だから北朝鮮に対して大きな影響力を持っています。

これから金正恩がどういう方向に向かうか誰もわかりません。ひょっとして中国の代わりにアメリカを頼ってくるかもしれません。アメリカとしても、とくにトランプ政権は、もはや韓国に米軍を置いておくのをやめたがっています。韓国からとっとと兵を引き上げて、建国の父もいっていたように、そこでのややこしい国際関係の駆け引きから足を洗いたいでしょう。しかしそうなると不幸なことに、韓国は「赤化統一」することになります。すなわち中国の一部になるということです。


アメリカの存在が韓半島からなくなれば、朝鮮戦争が公式に終了すると-メディアはお祭り騒ぎで、「平和」「平和」と叫ぶでしょう。

しかしこれで、韓国が内部からすごい勢いで中国に向かうようになることは保証してもいい。大きな(中国の)資産になることでしょう。ここ数十年いや、建国以来、もっとも左派の政権と共に。現在の韓国は以前よりも巨大になったディープ・ステート、制御不能の官僚制度を有しているのです。このスーパー左翼、文在寅大統領の仲間で、税金逃れできる者も増えています。(朝鮮戦争の)終戦は、韓国にとっては大惨事です。


しかしトランプにとっては大きな政治的勝利です。それが韓国にどう影響するかはまだわかりませんが、トランプは今まで以上に経済に集中できて、アメリカを偉大な国にすることができるでしょう。アメリカ人のほとんどは外国でのいざこざに本当にうんざりしているのです。とりわけ、自国の国境すら守れないこと、自国民の経済政策に集中できなかったことに。トランプは大きな雇用を生み出しましたが、とくにこれまでのオバマ政権での話です。


国の借金が大きいのです。21兆ドルの負債があります。トランプは軍事費を増強するために、そこに1.3兆ドルが加わります。これにはロン・ポールをはじめとする多くのリバタリアンが、トランプがディープ・ステートと同じことを言いだした、と批判することでしょう。

国民もトランプも巨大な災い、すなわち国が支えきれない財政の問題に取り組まなければなりません。たとえ国際関係の泥沼から足を抜いたとしてもです。連邦政府をカットして縮小したとしても。この国の共産主義の脅威を取り去ったとしても―しかしこれをするにも極端大胆なやり方をしなければなりませんが―。

今後、北朝鮮と韓国がどうなるか誰にも分かりませんが、とにかくこれがスタートです。希望的でもあります。人々も、そしてトランプ大統領も相応の安らぎを得ることも必要です。

われわれとしては、祈りと共に、ここから動き始め、何が起こるか見定めなければなりません。


繰り返しますが、最後の時、審判の期間は、良くなる前に、悪くなるということを頭に入れておかなければなりません。良くなる前に先に悪くなる。トランプ大統領がいみじくも言ったように、6カ月後に「思ったようにはうまくいかなかった」ということにならないかと、注目していかなければなりません。

〜引用終わり〜


ここで亨進師は北は“ひょっとして中国の代わりにアメリカを頼ってくるかもしれません。”と大転換がありうることを示唆しておられます。

また “今後、北朝鮮と韓国がどうなるか誰にも分かりませんが、とにかくこれがスタートです。希望的でもあります。”とも述べられています。


もちろん「中国の権力が北朝鮮に覆いかぶさってくることは議論の余地がありません。」であり、もしアメリカが手を引くようならば、「しかしそうなると不幸なことに、韓国は「赤化統一」することになります。すなわち中国の一部になるということです。」

と私たちが危惧してきたことが現実となります。


結論として、

「われわれとしては、祈りと共に、ここから動き始め、何が起こるか見定めなければなりません。」

繰り返しになりますが、楽観はできず、そうかと言って絶望することも必要なく、トランプ大統領を支持し、安倍晋三首相とともに後押ししながら全力で応援しましょう。