ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

家庭生活講座(その四) 子育てのやり直し

家庭生活講座(その四) 子育てのやり直し

思春期の子育てで失敗したなと思うことは多いとではないかと思います。

もちろん時間は元に戻せないわけですが、やり直しはきかないと決めつけることはないと思います。


我が家も家内は何でこうなのか子育ては失敗だったとよく嘆くことはしょっちゅうでした。


たくさんの子育ての本では高校生まではまだ、変えられる、取り戻せますという言葉を頼りにしましたが、その時期も過ぎると、もう手引書もありません。


私は高校生がすぎれば、むずかしくなるでしょうが、考え方ひとつという面もあるだろうと思います。


そこで育てのやり直しは常に課題です。この年になってもなぜこうなのかと思うと大変だと感じることもあると思いますが、年なりに知識や経験を積んだ面もあり、良いところもあるのだから、足らない面ばかりみて、落胆するのはまだ早いということです。

もちろん足らない点、よくないところをどうするかは、こういうところは小学校低学年くらいのレベルたとすると冷静にそこに戻って子育てをやり直そうとすることです。

小学校時代の子育てのやり直しだと思って、年相応ばかりを考えず、小学生と見て愛していうことが大切だと気づきました。

あなたはもう○○歳なんだから、こうしなさい、ああしなさいと諭したり、怒っても逆効果になったりします。

総合的にバランスが取れているかどうかは大切です。

能力がたっても性格がコントロールできないと危険な面がありますし、程度の問題が出てきます。

その意味でもあまりのめり込まないで、少し離れて見ることも必要です。

その時、夫婦の二つの視点で、観察して、よく話し合っていくことが重要だと思います。

性格が多少バランスが取れていない時は、本人が自分で気がつく時がきますので、そのときに協力してあげて、親子で超えていければ、親子の関係にもプラスになります。


幾つになっても親ですし、それは神様も全く同じ立場なので、気が遠くなるような忍耐を繰り返してこられた親なる神様であるとお祈りすることから、あらたな子育てが始まるのだと思います。


苦しいのは神様も同じですしもっともっと苦しい道を神様も超えてこられたのです。


ですから、いかなる立場でも、血統を残しすことができたことに感謝して、もし、道を誤ったとしても、いきらめることはできません。

いつか必ず取り戻してさらに神様と喜ぶ血統を残せるように、子供孫までも責任を負いながら生きていくことを覚悟するしかないのではないでしょうか。


そのことも含めて、どこまでも忍耐すること、信じること、見守ることに徹していくしかないでしょう。


まだ、家庭を持たれていない方は子供はたくさんお産みになった方が良いと思います。

もちろん事情があるのはわかりすが。


20年以上前の話になりますが、漢南洞の公邸で文先生にお会いしたとき、子供はみんな何人いるの?子供は東、西、南、北、四人はいるよ。

(よし、うちは四人だ!)それで真ん中にもう一人だね。(えっ五人か、もう無理、、、)


ということがありました。子育てが大変な中では子供達もこんなに多いのもしんどいという感じでした。

でも子供も大きくなると、親の面倒を将来みるのも兄弟が多くてよかったなどとそれなりに兄弟で関係を作っています。

確かに苦労が多いの事実です。苦労したくないというのら、家内から毎日のように私も聞かされていますが、

  君子先苦後楽

   小人先楽後苦

という言葉のようにとても苦しくても結果は大きいと言えます。

私たちは一生走り詰めです。

その先は霊界があります。

誰しも晩年が幸せであることを願います。そしてそれ以上に霊界で永遠の暮らしが待っています。

そこでどのように暮らせるかはいきているときの生き方のすべてが、影響するでしょう。

子育てに苦労するとしても、苦しいことがどんなに多くても、月並みですが、感謝して、子育てを楽しんでやりたいものです。親が大変でもそれでも楽しく、幸せにいきていれば子供も親の生き方を肯定したいと思うのです。

親の生き方を肯定して思えれば、それを土台にして、参考にして、自分の人生を考えていきます。

家庭それぞれが交流して、しげきをいただきながら助け合って子供とともに家庭ごと成長していきたいものです。

天一国憲法への手がかり。その一。シャーロッツビルの事件とリー将軍。

アメリカ国民には共通のアイデンティティがあります。

移民の国と言われたり、インディアンのもともと国ですし、世界中から集まった国でもあります。

それなのにみんなが持っているアイデンティティとは?

それがアメリカ合衆国憲法なのです。(天一国市民のアイデンティティは天一国憲法となります。)

憲法がうたっている自由、平等、基本的人権などが、共通理解のアイデンティティです。

アメリカ人とは人種でもなく、アメリカに住むだけでなく、アメリカ合衆国憲法を受け入れ、尊重し合っている人々の共同体です。

(アメリカ合衆国憲法の署名)


多少理解の仕方が違っても日本のように憲法に対して様々な見方はありません。

それでは日本人にとって日本国憲法とはなんでしょうか?

もちろん国の基本法であり、あまり意識しなくても、国の法律などの尺度の土台であることは間違いありません。

しかし、しっくりこない人々も多く、もともと戦後のアメリカを中心とする連合軍の押し付けられた憲法という見方も有力です。

それでは明治時代の大日本帝国憲法に国民がどれほどの愛着があるかとなるとそれも大きな疑問でしょう。

すると日本を規定するものはなかなか見つかりません。

別にどうしてもその拠り所を見出す必要があるのかというと、今の体に合わせるように多少仕立て直しが必要なのかなというところでしょうか?

いやほころびも出てきて、とても着れないのだとは思いますが、なかなかまとまりそうもありません。

そこで最大公約数的に改正しようかというところでしょう。

それはそれとして、アメリカという国もここにきて大きく分断されているという話がよく出るようになりました。

その一つがトランプ大統領と対立する人達の戦いです。

例えばその表れ方の一つが、トランプ大統領は白人至上主義に偏っているというものです。

特にシャーロッツビルで起こった事件です。

* 米東部バージニア州シャーロッツビルで12日、集会を開いた白人至上主義グループと、対抗デモを行った反対派が衝突した。反対派が集まっているところに車が突っ込んで1人が死亡、19人が負傷した。さらに警戒中の警察のヘリコプターが墜落し、警官2人も死亡した。(朝日新聞デジタルより)*

この対立は遡れば、アメリカの南北戦争にまでたどり着きます。この町にあった南軍の司令官リー将軍の銅像の撤去問題がありました。




実はこのときの南北戦争が、

アメリカの分断の元の一つになつています。

歴史では北のリンカーン大統領が勝って奴隷解放が実現したということで、北=善、南=悪という見方です。

ところが、建国の父のうち55人のうち12人は奴隷所有者と言われています。

* 12人は奴隷労働によるプランテーションあるいは大規模農場の所有者または経営者であった。(ウィキペディアより)

* このことでもわかるように南部と北部の違いは善悪というより、産業構造の違いやそれにもとづく文化の違いという色彩が強いと思われます。

* リー将軍はこの南の文化の体現者であり、また北からも尊敬される人格者でもあった。

* 南北戦争勃発当時、北のリンカーン大統領は彼を司令官の一人に任命しようとしたが、彼は郷土愛から断り、南軍の司令官の一人となった。また彼は奴隷制に反対であった。“また、リー本人としては白人の道徳心が乱れるとの理由で奴隷制には反対だった。また開戦前には「南部にいる奴隷すべてを私の所有にできればいいのに。そうすれば戦争を避けるために、彼らをすべて自由人として解放してやれるんだが」と述べている。”(ウィキペディアより)


このように南軍=悪という一方的な見方であると言えるでしょう。

日本人で言えば、乃木希典が大日本帝国の将軍であり、天皇陛下に全身全霊を捧げたから悪人かと言えば、違和感のある日本人は多いでしょう。

たまたま、リー将軍はアメリカ南部の出身であったから、今でも、まるで人種差別の象徴のように扱われています。そして撤去運動のターゲットとなって、撤去されようとすることに反対することが白人至上主義とレッテルを貼られるのは異常な現象と言えるのだろうと思います。



アメリカ憲法によれば、建国の13州はアメリカ合衆国からの独立を求めることが保証されているので、南部の諸州が連合してアメリカ合衆国からの独立を目指して独立戦争をおこしたのであり、南部の人達のなかには法的には自分たちが正しいと主張しています。

実際、連邦政府に対して、賠償を求める動きさえあると言われています。

戦争とは絶えず、勝てば官軍という面があり、勝った方が善とされ、負けた方は何処までも悪とされる傾向にあります。

しかし、それは一面の真理ですが、勝った方に全ての正義があるわけではないでしょう。


リー将軍の銅像の撤去運動を扇動し、アメリカの伝統を破壊し、暴力的にデモを起こそうとしたのは誰でしょうか?

真の意味でアメリカ合衆国の憲法を守ろうとしたのは必ずしも白人至上主義を糾弾している人たちではありません。


アメリカとは何か合衆国憲法とは何かを理解しているのが、リベラルな、人種差別撤廃を叫ぶ人たちとは限りません。

亨進様は東洋の特に韓国と日本は政府の奴隷になっていると言われました。

皆様はこのことをご理解できたでしょうか?

それではどうすれば奴隷から解放されるのかというと、極めて端的に銃器を持てば良いと言われましたが、誤解を生むというよりも、法律的に不可能です。

私はアメリカ合衆国の憲法が銃を持つ自由を保証しているので、それが根拠となって銃を持つ自由も与えられています。

そしてこの憲法こそ与えられたものではなく、市民たち、国民たちが、戦いながら勝ち取ったものなのです。

ですから、私達も、アメリカ合衆国のように、自由を得るために勝ち取らなければなりません。

もちろん、今の情勢で武器をとって戦うのではなく、そのような思想を戦って勝ち取る過程が必要であると考えます。

国際情勢がどうなるか予断を許さないように、国内情勢もどうなるかはわかりません。


ですから亨進様は準備をしなさいと言われます。

亨進様はミクロの世界であるとしても、世界的、天宙的悪と戦っておられます。


世界の中で最も安全な国と言われる日本ですが、いつまでそうとはわかりません。


世界のグローバル化は日本の立場をどうしてしまうか、決まっているわけではありません。

また、戦争だけでなく、自然災害も含めて、日本の安全は極めて流動的であると言えます。

それでも天一国の実現向けて、信仰を優先して、その実現のための基盤を作らなければなりません。

そのための天一国憲法の研究であることは言うまでもないでしょう。

天一国憲法を考える。とっかかり(突破口)を求めて。

さて、当ブログでは現在、韓半島を中心とする切迫した時事問題、トランプ大統領をめぐるトランプ革命の問題、キリスト教を土台としたサンクチュアリの誌上説教などの課題、家庭生活講座といった身の回りの実践的問題、そして、アメリカでは合衆国憲法と天一国憲法の問題、と大きく分けて五つのテーマがあります。

その中でなかなか記事が書けないでいるのが、天一国憲法に対するアプローチです。

ブログ村を見ても、なかなかそのテーマに対するアプローチはあまり見当たりません。

書く方も読む方もとっつきにくいテーマなのかなと思います。

法学部出身の方や、そういった分野を得意な方の天一国憲法へのアプローチを期待しましたが、なかなか出てこないので、そのテーマの記事を続いてかいていこうと考えています。

私の手に負えることではないのですが、難しい事だけにやらねばならないと考えてました。

それば私の最も敬愛する日本人は江利川会長ですが、会長の「一番難しいことに責任を持ちます。」という姿勢、信念をお持ちの点を尊敬しているからです。

私は別組織をやっていて、その点では別の道を行っているようでもありますが、常に側に寄り添っている気持ちは持っています。

ではなぜ、同じ組織に属さないかというと、いまそれはいろいろ考える点があるためでいまはそのじきではないとかんかえているからです。

そのことはこのブログでも触れていくこともあるかと思います、、、。

そういった観点からこのブログでアメリカ合衆国憲法と天一国憲法を扱うわけですが、単なる知識として理解していくのではなくて、よく消化して、さらに上の層に関心を持っていただけるようにまた、皆様と分かち合えるようにもっていければと考えています。

どこまでやれるか全く自信はないのですが、とにかく天の前に頑張ります!というほかありません。

しかし、ブログに書く以上、ただ、自分がこのように理解しましたというだけでは、読んでもいただけないと思います。

ですので、トランプ大統領をめぐるアメリカ社会を見ていくなかで、アメリカ合衆国憲法を考えて、さらに天一国憲法まで触れられたら良いかなと思います。


というのは二代目王様の思想や立場あるいはアダム国が韓国からアメリカ合衆国に代わって私達も大きなその変化に対応する必要があると確信しているからです。

天一国憲法はアメリカ合衆国憲法と良くているといわれていますし、アメリカ合衆国憲法を土台としてより、天に近い国を目指していると考えています。

私たちは長く、東洋の精神のより優位性があると理解してきました。

しかし、韓氏オモニと側近幹部たちの失敗により、神様の伝統を最も受け継いだのは韓国でしたが、その伝統も大切でしょうが、儒教文化全体が、サタンに奪われました。

家庭連合が亨進様を親不孝者として排斥したからです。

神かサタンか、そして、メシアとは何か、誰なのかという問題に変わりました。

ですから摂理は西からに変わりました。

その意味でも李ホテク氏の儒教的な親不孝になるという言い方は、韓国の落ちてしまった儒教文化を引き摺り、サタンに引っ張られていると私には思えます。

ですから、西洋文明を学ばなければ、天一国憲法も理解が難しいですし、また、亨進様が語られている内容も考えの根本的柱が難しくなります。

それで、自由の捉え方や、あるいは銃器を持つ意義など、簡単にはわからないところがあると思います。


まあ、そのことは蛇足かもしれませんが、アメリカ合衆国憲法の精神やその根底にある思想や成立の歴史的過程を理解しつつ、天一国憲法を身に付けたいと考えています。


それでは次回はまず、トランプ大統領と白人至上主義との関係を考えてみたいのですが、そもそも私たちは自分の国の成り立ちや日本の国とは何かを理解できているのでしょうか?

これもなかなか大変です。ですから、日本とは何かを考えながら、アメリカとは何か、アメリカ合衆国憲法とは何かを考えながら、天一国とは何か、天一国憲法とは何かを考えていきたいと思います。

あまり正確な論旨はできないかもしれません。論理もあっちにいったりこっちにいったりしそうです。あくまでも随筆てきになりそうです。

自分なりの考えが多くなるかもしれませんが、全体の理解が進む手助けとなればと思っています。

ぜひ皆様からのご意見やら感想をお寄せいただいたら幸いです。

このブログでのコメントでも、携帯とか、メルアドにご連絡でも結構です。

携帯 080-9128-0703


メルアド tamesada.t.0426@ezweb.ne.jp