ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

「真のお母様」の位置にあった韓氏オモニの堕落をどのように償えば良いのか?

“諸星くると”さんのブログから引用します。


〜引用開始〜



真のお母様の堕落は、私たち食口が重生基準に立てないことから、その十字架をお母様に背負わせてしまったことに、私たち自身が気付き、真の悔い改めにいたらなければならないのです。

 

韓氏オモニの独生女論、無原罪出生の主張に反論する前に、私の罪を悔い改めなければ、韓氏オモニを責めることはできないのです。私が真のお母様を堕落に追いやった張本人であることを自覚し、悔い改めた者こそ、お父様と二代王様に対する絶対信仰・絶対愛・絶対服従を捧げる資格のあるものとなるのではないでしょうか。

 

〜引用おわり〜


私が諸星くるとさんの主張するところを深く理解することができているとは思っていませんが、このような観点は本当に重要だと思います。

諸星さんのように聖霊という言葉がしっくりとはきませんが、韓オモニの失敗は私達自身の失敗という趣旨は大切だと私も感じてきました。

韓氏オモニの十字架はあまりにも重いものでした。

真のお父様は韓氏の血統をそれほど大した血統でもないのに、韓氏の血統を重んじようとされることを嫌われたと聞いています。

しかし、考えようによっては初めから予定されていたわけではなくて第一のお母様、第二のお母様の失敗から、選ばざるを得なかった方であるということですから、その位置、その十字架はあまりに本人には重荷であったとも考えられます。

韓氏オモニはその出生の奇跡などを強調されておられますが、堕落の血統であることに変わりはなく、しかも真の母の立場は最初からの予定でもありませんでした。

私達が原罪なく産まれた方として知っているのは人類始祖アダムとエバ、そしてイエス、それから再臨主としてこられた文鮮明師しかおられません。

もし韓氏オモニが原罪なくお生まれであればいいのですが、そのようなみ言は真のお父様からはありませんでした。

真のお父様はただ原罪がなくお生まれになったというだけではなく、サタンの血統とは何の関係もない、すなわち、先祖からの血統的遺伝的罪もなく、連帯罪ももちろん自犯罪も生まれながらも、また終生おありではありませんでした。

お母様は違います。私達と同じような血統的罪も含めて多くのサタンとの因縁を持って産まれてこられました。

韓氏オモニは堕落人間の代表として最も大きな責任を負い、十字架を背負い、苦難の道を歩まれました。

真のお父様は罪が何もないのに堕落した人類の罪を背負われましたが、韓氏オモニは堕落から復帰されたエバの代表として、すべての女性の罪を背負い歩まれました。

本当に悔い改めなければならないのは堕落した血統を持ち堕落性を持って生まれてきた私自身です。

韓氏オモニの罪の蕩減は誰かに押し付けることはできません。私自身が背負うべきものです。


また六マリアの問題はお母様が勝利するためにあったということですが、同時にお母様の重荷を分担して背負う意味があったと考えるべきだと思います。

カインのお母様と呼ばれた崔元福先生はもちろんのことですが、それ以外の六マリアとされる方々もお父様の相対に立ち、お父様を支える女性の使命を果たされる方々でした。

真のお父様は創造以前からおられた夜の神様から直接お生れになられてみ言の完成実体となられました。

真のお母様は違います。真のお父様は復帰の為に生まれた「儒教」の影響で男性中心の原理となされたのではありません。

儒教はたまたま復帰摂理の中で原理の一部を代わりに教えてきたに過ぎず、もはやその使命は終了しつつあると言わざるを得ません。

(韓国という儒教の体現国を失ってしまいました。)

私自身が、堕落してしまった韓氏オモニの罪を自分の責任とするには途方もなく絶望的ですらあります。

しかし、悔い改めるべきは自分自身であると自覚するものです。

そして、その悔い改めとは一時的、啓示的なものではなく、嘲笑や非難、蔑みや無視、侮蔑と孤独の中でこそ試されるものと思います。

韓氏オモニも女性たちからあなたは失敗したと罵られ、その位置は私がなるべきだったと非難をされ、恨みの真っ只中で歩んでこられました。

それは相手を非難することができる立場ではありませんでした。

なぜなら天宙的真の母の立場の為には相手を非難したり、自分を弁明することが大切なのではなくて、サタンとの戦いであり、サタン屈服の路程にあることを知らなねばならなかったからでした。

しかもそれらを真のお父様が教えて差し上げることもできませんでした。

ただ、しかり、しかり、否々でしかありません。

詳しくその都度教えることのできない真のお父様にただ従順に従ってこられた韓氏オモニもお父様の最終の時に有終の美を飾ることができませんでした。

堕落の血統を持つ私は終生悔い改めが必要です。そしてお父様の血統に絶対に侍り、お父様の三代王権に絶対従順で仕えねばなりません。

私もよく重生されて、よく責任を果たしていきたいと思っています。

李相烈会長のスピーチに寄せて。

李相烈会長のメッセージを読みました。立派な方ですね。その心情は胸打つものがあります。

しかしそれでも韓国を救う蕩減条件を立てることは何十人か何百人かの犠牲で済むこととは残念ながら思えません。

私の個人的見解かもしれませんが、日本を救うために東日本大震災があったと思っています。そこで二万人近い方が犠牲になりました。

数字が問題ではありませんが、韓国でもキリスト教の失敗により、韓国動乱が起こり、悲惨な犠牲がありました。

今回、韓国聖殿聖徒にも二代目王様から「死なんとする者は生きる」という素晴らしい御言葉が与えられました。信仰の証しが立てられました。

もし二代目王様と心情一つとなられたならば素晴らしい証しが立つと確信しています。

新しいサンクチュアリの信仰の伝統が始まると思います。

二代目王様は韓国という国を救う以上になにより、お父様が喜ばれていることに価値があると語られました。

生死を賭けて二代目王様とともにあれば何の問題もないということですし、韓国で生きようと他国に出ようとお父様と一緒であれば生死すら超えていけるということでしょう。

そのような証し以上のものはなく、誰が何と言おうと、また一世であろうと二世であろうと関係なく歴史を動かす神様の復帰の原点のなることでしょう。

しかし、それでも韓国は審判から免れることはないと思います。

第二次大戦末期、日本が敗戦する直前、二発の原爆が落とされた時、韓国の多くのクリスチャンは日本に審判が降り、火に焼かれたと言いました。

私は統一教会に入教間も無く、韓国のクリスチャンが書いた「たとえそうでなくても」といったタイトルだったと思いますが、その本にそのような言葉が書いてありました。

その本はとても信仰篤いところがあり私に大きな影響をあたえてくれましたが、その部分には若干の違和感がありました。

なるほど韓国の、特に日本の迫害を受けたクリスチャン立場からすれば、そのように思うのかということまたそうかもしれないなとも感じました。

それはわからないでもないと思います。

しかし、韓氏オモニの不信仰と幹部の失敗が日本の神様に対する反逆以下とは思えないのも事実です。

それは半永久的に成約の歴史に刻まれることです。

聖書は一言一句変えてはならない、神の言葉と言われています。その聖書にはイスカリオテのユダの裏切りが書かれています。

イエスの第一弟子であったペテロの不信仰も書かれています。ゲッセマネの園での不信仰もバプテスマのヨハネの最後も書かれています。

なぜならそれらか原因となってイエスは十字架に架けられたからなのです。

ですから、韓氏オモニの失敗、その不信仰が天一国憲法前文に書かれています。

韓オモニと幹部の不信仰により二代目王様は追放されました。

もしどなたかが、その不信仰を蕩減することができると考えるとすればその方は韓オモニと同じくらいの立場にある方でなければならないということになります。

ですから何十人、何百人が束になっても不可能ではないかと思います。ソドム、ゴモラのレベルとは同じとは思えません。

トランプが大統領になることができたのはよく考えれば、三代王権のアベルカインが蕩減条件を立ててくださったからです。

蕩減条件のない奇跡は起こせば、逆にとんでもない穴があくとお父様は言われました。

また蕩減には期間が必要です。韓国動乱は三年ありました。

私も李相烈会長の偉大な勝利を願っています。しかし、それは大統領選挙で終わるものではないと考えています。

韓国大統領にこれから候補者をたてて、選挙に勝つことは奇跡としか思えません。それに見合う蕩減条件が何かと考えることは難しいと思います。

大統領選挙に負けても韓国から脱出することが信仰の全てであるとばかりは思っていません。

しかし、真の信仰が無ければ、絶望的になったり、落胆したり、後悔したりすることになると思うのです。

また、信仰が弱いとサタンに食われてしまう、例えば

血統的堕落となったり、信仰的に死んでしまったり、そうなる可能性が高いということです。

他にもあまり言いたくありませんが、左派政権や北朝鮮、中国に擦り寄る人も出てくるでしょう。生きていくためには仕方ないというわけです。家庭連合の人は多くそうなるでしょう。

気がおかしくなる人も多くなります。国が分裂して崩壊していく様を見ながら耐えるのも辛いと思います。

ですから「犠牲」ということは審判であり悲劇的です。しかし、短い期間ですが、そのような審判がおこらないと、人間の醜さがどっと出ることが予想されます。

そのような意味で、審判を受ければ歴史に残りますが、審判を避ければ、それは韓国はかつて主の国と呼ばれた国と言われかねなくなると私は思います。

ですから、韓国は審判を受けることになると思います。

しかし、審判の後、あまりに偉大な再臨主を生んだ偉大な国として、世界から認められる国になることを願っています。

私は祈ります。必ず再び偉大な主の祖国として韓国が復活する日の来ることを。

また韓国が審判を受けるが?日本はまだ大丈夫などと思ってはいません。

安倍首相は韓国から嫌われてきましたが、安倍さんが安泰なうちは持つでしょう。しかし、今回の森友騒動で見られるように一寸先はわかりません。韓国の次は日本がサタンから狙われます。

しかし、二代目王様から日本が滅ぶのは五分五分と言われました。逆に言えば、五分五分で日本を救えるということです。

そして日本からこんどは韓国、北朝鮮、さらに中国までもサタンから解放できるのではないでしようか?

東アジアの全てを失うのではなく、日本を足掛かりとして韓半島、そして東アジア全体を救いましょう。


日本に特に関西方面への脱出を考える方ご相談ください。


携帯 : 080-9128-0703


メルアド : tamesada.t.0426@ezweb.ne.jp

韓国聖殿の皆様!特に関西方面に関心ある方、ご連絡をお待ちしています。

黒頭巾こと自由サンクチュアリ会長の為貞です。

三代王権の三原さんのブログの中で熊本の安永教会長の井上さんからのメッセージを受け賜りました。

引用します。


ーーーー以下転載ーーーー


このところのみ言にありますように、韓国情勢が日を追って厳しさが増しています。

具体的に韓国から避難してきた家庭から、その内情をお聞きすると、胸が潰されそうです。


特に今週に入ってから連絡してくださる方たちの内容が、悲痛さを帯びてきました。


先週までは、問い合わせという形で、アプローチしておられましたが、今週からは具体的なお願い(しかも切実な様子)に、変わってきています。


まず、韓国から出る覚悟とそのために家庭をその方向にまとめあげる戦いをして、次に日本の着地点を探す戦いをしていらっしゃるのが、韓国聖殿日本婦人の皆様です。

もちろん、1番良いのがご両親のもとに身を寄せることです。


ただ、いろんな事情でそうできない方も多くいらっしゃるのも事実です。

次にやはり、日本にいらした時に居たところに帰りたいのも人情として理解出来ます。


彼らは、文字通りに救命ボートを頼っています。

神の日のお父様のみ言、「国より血統が重要である。」に、すがって国を置いて出ようと必死です。


日本聖殿食口の皆様、あなたの助けが必要です。

連絡が来たら、まず受け入れてください。

そして、一緒に道をさがしてください。

「神のみ旨があるところに、必ず道がある。」

平和神経に載っているみ言です。


特に、自由サンクチュアリーの為貞会長様。

私どもの受ける連絡には、関西出身の方が多いです。

是非助けてあげてください。

お願いいたします。



引用おわり。


朴槿恵韓国大統領の罷免により、左派政権の誕生が確実視されています。

二代目王様は大統領選挙までは韓国で頑張れとおっしゃっておられますが、いずれにせよ韓国を救う方法を考えなくてはならないと思います。

真のお父様も七十年代韓国を置いてアメリカに摂理を移されました。マジソン大会、ヤンキー大会、ワシントン大会を超えてアメリカを中心として共産主義を打ち負かす勝利を勝ち取られました。

韓国を一旦離れて、アメリカなり、日本なりに避難して、摂理とともに再び韓半島の本来の統一に向けて再出発する時を迎えつつあります。

もし関西に来られるおつもりがあれば是非ご連絡ください。

面倒見のいい二世の祝福を受けた社会人の娘が 「なんかやることあれば、言って!」部屋探しのお手伝いから、その他何でもやる!と言っていますし、韓国のこともよく知っている日韓家庭のスタッフとも受け入れの打ち合わせも先ほどやりましたので安心してください。ご連絡お待ちしています。


携帯: 080-9128-0703


メルアド

tamesada.t.0426@ezweb.ne.jp


いずれにせよ韓国に残っても、日本などに移っても難しい道が待っているとは思います。

しかし、み旨を愛するならばお父様をお慕いする同じサンクチュアリ聖殿ならば、同じ方向にある兄弟姉妹ですから、一緒に頑張りましょう。

日本はとりあえず大丈夫ですが、力を合わせて日本から神側の摂理をもり立てて、韓国を救いましよう!