ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

シャーロッツビルの暴動の背後にCIA、ディープステート、ジョージ・ソロス、ヒラリー陣営が!

アメリカではトランプ大統領に対して非難の合唱が鳴り止まず、凄まじい騒ぎになっています。

長い引用が続くので、読むのが大変な方は最後に亨進師の説教の一部を紹介してまとめとしていますので、それをご覧ください。

また、亨進師のお話が決して推論ではなく、人々に知られていない様々な角度から明かされている“もう一方の真実”であることがわかります。

まず発端となった事件を知らない方のために事件の概要です。


〜引用開始〜


【AFP=時事】ドナルド・トランプ米大統領は16日、バージニア州で発生した白人至上主義者らと反対派との衝突事件について「双方に非がある」などとした自身の衝撃的な発言をめぐり、政界で巻き起こった批判の嵐にさらされた。

(中略)

 バージニア州シャーロッツビルで12日に起きた事件では、南北戦争で南部連合を指揮したロバート・E・ リー将軍の像の撤去をめぐり集会を開いた白人至上主義者らが、対抗デモを開いた人々と衝突。人種差別反対を訴えるデモ隊にナチス・ドイツ同調者とされる男の車が突っ込み、女性1人が死亡、19人が負傷した。

 ニューヨークのトランプタワーで15日に記者会見したトランプ氏は、事件に対する自身の姿勢をめぐる批判に激しく反論し、事件については「双方に非がある」と発言した。

(後略)


〜引用おわり〜


それではジョージ・ソロスやヒラリー陣営の関与に関する記事をあげます。ライブドアニュースの「日本と世界と宇宙の動向」からの引用です。


〜引用開始〜


シャーロッツビルの暴動の背後にCIA、ディープステート、ジョージ・ソロス、ヒラリー陣営が!

* 2017/08/16 10:43

シャーロッツビルの暴動は、アメリカで内戦を勃発させるために仕組んだ偽旗暴動です。いつものことですが

。。。大体、左翼の連中のやることは世界中で同じパターンですからすぐに分ります。

しかも米国民の殆どがこの暴動に関与しておらす関心もありません。勝手にやっていろ、とあきれ顔のようです。

メディアが大々的に報道すればするほど左翼のやらせだということが分かる今日この頃です。彼等の嘘はすぐにバレます。

この暴動もジョージ・ソロスとヒラリー陣営が絡んでおり、ディープステートやCIAによる偽旗暴動です。

彼等はパープル革命として内戦を勃発させようとしています。

また、暴動から内戦に拡大させトランプを排除するのが彼等の狙いでもあります。

しかしメディアや日本のマスコミがどんなに頑張ってねつ造報道や偏向報道をやっても墓穴を掘ることになるでしょう。


http://investmentwatchblog.com/the-radical-left-funded-by-george-soros-planning-more-racially-fueled-attacks-in-seattle-baltimore-and-kentucky/

(概要)

8月14日付け



ジョージ・ソロスから活動資金を得ている極左勢力のテロ集団、Black Lives MatterとANTIFAはバージニア州シャーロッツビルの暴動で、白人国家主義者らを先に攻撃し3人を殺害しました。

今後、彼等は非常に暴力的であり、シャーロッツビル以外の地域でも暴動を起こそうとしています。

また彼等は以前からトランプ大統領に対して殺害の脅迫をしています。


彼等が次に暴動を行う予定の地域はケンタッキー州レキシントン、シアトル、バルチモア、バージニア州リッチモンドです。


彼等と連携して、ねつ造報道の主要メディアは、今回の暴動とトランプを関連付けさせようと躍起になっています。


以下省略


http://beforeitsnews.com/alternative/2017/08/charlottesville-was-cia-coming-home-3543881.html

(一部)

8月15日付け


以下はビデオの概略です。


* シャーロッツビルで起きた暴動は、反トランプのディープステートが指揮するCIAの工作活動です。

* トランプは フリーメーソンの秘密結社(複数)のリーダーであり、他の秘密結社(複数)や諜報機関(複数)と権力抗争中です。

* Awan Brothersスパイ組織が、クリントン、ブッシュ、CIA、サウジアラビア、モサド、麻薬密売及び臓器摘出犯罪組織の繋がりを暴露したため、その報復としてシャーロッツビルで暴動を起こしました。

* 彼等の報復とは、米国内で人種闘争による内戦を勃発させ米国民を人種闘争(内戦)に巻き込むことです。

* CIAが海外(イラン、イラク、パキスタン、アフガニスタン、シリア)で使う戦術の一つは、スンニ派を攻撃し、それをシーア派の仕業にすることです。現在、CIAはその戦術を米国内でも使っています。(白人国家主義者 対 極左テロリストの構図)

* CIAの麻薬密売及び臓器摘出犯罪組織は資金が底をつきかけており、海外での犯罪活動や収入源が激減しています。そのため彼等は活動拠点をコストがかかる海外から米国内に移しました。

* ウクライナで行ったCIAの戦術が現在のアメリカでも実行されています。

* ロシアは、麻薬密売犯罪組織の活動を妨害し彼等の資金源を断つためにアフガニスタンに再進攻すると威嚇しています。

* CIAは海外で骨抜きにされてしまい、やむを得ずアメリカに帰還することになりました。その結果、アメリカでもブローバックが起きており、スパイ機関 対 スパイ機関の内戦が始まりました。

* 米国民はCIAが海外においていかに恐ろしいことをやってきたかを突然知ることになります。

* バノンはトランプのホワイトハウス・チームから外されます。


〜引用おわり〜


少し大事な点を抜き書きします。


「この暴動もジョージ・ソロスとヒラリー陣営が絡んでおり、ディープステートやCIAによる偽旗暴動です。

彼等はパープル革命として内戦を勃発させようとしています。

また、暴動から内戦に拡大させトランプを排除するのが彼等の狙いでもあります。

しかしメディアや日本のマスコミがどんなに頑張ってねつ造報道や偏向報道をやっても墓穴を掘ることになるでしょう。」



「* シャーロッツビルで起きた暴動は、反トランプのディープステートが指揮するCIAの工作活動です。

* トランプは フリーメーソンの秘密結社(複数)のリーダーであり、他の秘密結社(複数)や諜報機関(複数)と権力抗争中です。」


このような記事の主張は亨進師のこれまでの主張を裏付けるものの一つです。

反トランプの運動の多くはヒラリー陣営と組んだ著名な投資家ジョージ・ソロスが資金を提供しているようです。それでは亨進師の説教の一部をご紹介します。


サンクチュアリnewsからの引用です。(翻訳などありがとうございます。)亨進師の説教を抜粋します。


〜引用開始〜


奴らは内戦を開始した-8月13日英語説教「王国のカオス」(その2)



「彼らの作戦行動の全貌をみることができます。しかしトランプに勝つことはできないでしょう。たとえ、シリコンバレーやハリウッドの有名人を巻き込んだとしてもロスチャイルド銀行団や、ソロスがことごとく資金を出したとしても、あらゆる過激派と手を組んだとしてもトランプを打ち負かすことはできません。地球の最悪の中の最悪な連中、文字通り独裁的で権威主義的な政府やUNなどの組織は国際共産主義を支援しています。」



「左翼は何年も前から人々に暴行を加えてきているのです。去年一年間だけでも、ジョージソロスが資金提供している「ブラック・ライヴズ・マター」運動、ムーブオン・ドット・オルグ、オープン・ソサイエティ、そして「女性の行進」の首謀者であるリンダ・サーソン、これらは政治工作グループです。国家の敵だというのです。私やあなたの敵であり、神の国の敵なのです。そこに金を流しているのが世界でも最悪のサタン主義者(ソロス)です。

自分でユダヤ人だといっていますが、14才から18才までヒトラーのために働いていたといいます。ユダヤ人を捕まえては強制収容所に送っていたというのです。」


「CNNなどは一言も報道しません。ジョージソロスが資金を出している組織が無残にも警官殺しをしているというのに。全く馬鹿げた話で、呆れ返る話です。」

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。