ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

旧友との再会とサンクチュアリと氏族メシアの基盤。

先日、ある地方に聖酒式に夫婦で行ってきました。

昔の友人でしたが、十数年ぶりに連絡がきて驚きでした。

サンクチュアリが正しいと思うのでどうしたら良いのかという話でした。

仕事の関係で他にもサンクチュアリの知り合いがいることはいるのだが、このブログを二年間くらい読んでくれていて、事情はあったが、ほぼ決心ができたので連絡してくれたということでした。

二十数年ぶりにお会いしてみると髪はかなり白くなっていましたが、温和な面影はそのままでした。

私のブログを読んでくれていて、他にもブログで知っている人もいたが、私のブログは自分の言葉で書いているので、それが一番いいと言ってくれていました。

有り難い言葉でした。聖酒式も無事終えて、わたしの両親の故郷とも近いところにおられるので、氏族メシアでも連携していきたいとこれまた有り難い言葉をもらいました。

両親は私が物心ついた頃には大阪方面に引っ越してしまって私は大学を東京を選んでそのまま復帰されてしまったので、故郷との関係はほとんどなくなりました。

父親の葬儀で数十年ぶりの親戚に多く会いました。

親戚関係は長男である兄に任せていてあまり親戚の情報もくれなかったので付き合いがなくなりました。

もっとも、田舎に帰ろうにもいつもお金に苦労していて、兄のいる東京ならともかくなかなか親戚への訪問もできませんでした。

ちなみに私の両親の墓は私の家から車で十五分の近くにあるので年に何回か家族で墓参りに行きます。

環故郷は両親がその当時、まだ健在でしたので、高校までいた大阪に帰りましたが、正確には故郷とも言えず、氏族復帰は何もできていませんでした。

何よりもお金もなく、妻の故郷に墓参りに行ったり、大阪に泊まりにきてもらったりで、なかなか復帰レベルにはいきません。

そしてお父様の聖和と韓氏オモニの失敗により、氏族復帰はもちろん大切ですが、大きく事情は変わりました。

つまり、韓国や日本が厳しい環境にあるからです。

もともと主の国である韓半島が、本郷の地であり、韓半島が統一されてこそそこがまさに主の国(復帰されたアダム国家)であったはずです。

ですから天一国はまず韓国に実現されるはずでした。

その時に真の父母様の天宙的勝利が国家基準に相続されて、私たち氏族メシアが民族基準となっていたならば、国家以上と連結されて、まことの御父母様の天宙的勝利を相続して天国行きが決定されるのが本来です。

ところが、これが実現される前に真の父母であり、真の主人であり、真の師であった文鮮明師が聖和されました。

考えればわかるはずですが、たとえば韓国で氏族メシアを勝利しても北朝鮮に赤下統一されれば当然天国はできませんし、真の父母様の天宙的勝利圏と連結されることはできません。

もし、氏族メシアをすることで韓国を救えるのであれば、二代目王様は氏族メシアの勝利を何よりも訴えてこられたでしょう。

天一国の国家基盤無くして氏族メシアも完全な勝利はないのではないでしょうか?

ですからトランプ大統領を支援することを何よりも訴えておられるのでしょう。また天一国憲法を推し進め、天一国の実現に向かって進んでおられるようです。

もちろん、家庭基盤や氏族基盤が国の支柱となり国を救う霊的基盤であり、そのミクロとしての運勢が大きく影響していることは私も確信しています。

しかし、それは国の運命を背負って支えてこそミクロの使命を果たしていることであると思います。

私は今回、聖酒を受けて、真の父母の権威を戻る祝福を受けてくださった旧友に心から感謝し、また氏族メシア活動での連携の申し出を受けて、本当に心強かったのですが、まずこのブログで訴えているように、日本と日本との深いつながりのある国々のために精誠を尽くすつもりでいるのです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。