ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

米朝首脳会談中止はいかなる意味があるのか?

米朝首脳会談をトランプ大統領が中止すると発表しましたが、北朝鮮が想定外だったらしくて、下手(したて)に出ているようです。

トランプ大統領とアメリカを甘く見ずきていたということだったということでしょう。

ここに来て決裂を怖れた金正恩はなんとか交渉をひきのぼして、有利な条件で合意できるようにギリギリの折衝が行われているようです。

ここはトランプ大統領は成果を焦らず、突き放して、中止あるいは決裂をチラつかせてさらに追い詰めることが大切です。

北朝鮮が全ての種類の核兵器などの大量破壊を破棄し、それをまだ完全な形での検証を実現し、二度と核兵器などを持つことができないようにさせる(cvid)を北朝鮮に完遂させることは不可能であると見た方が良いでしょう。

ここで何度も触れているようにcvidが現実になれば、北朝鮮は実質無条件降伏と同じです。ですからどのように体制保証するかは全くわからないというのが客観的な現実です。

cvidと体制保証は全く矛盾するのにその両方を主張するかのアメリカの言い方は当然疑念を抱きます。

つまり北朝鮮の国家体制は核兵器が中心となって成り立っているのでそれを完全に封じられては存在することはあり得ない体制です。

そのことの理解がトランプ大統領とその政権にできていないのか理解してないふりをしているだけなのかといえば、北朝鮮は後者だと考えるでしょう。

いずれにせよ、cvidは現時点で受け入れるとことはできません。

体制保証を信じるという方が無理なのです。

せいぜい金正恩とその家族の亡命先の確保ぐらいとしか思えません。

つまり金正恩がたとえ改心して核兵器の完全廃棄を考えたとしても、それこそ体制の崩壊を招くことになるでしょう。

多分彼は北朝鮮で生きていくことはできないと考えます。

独裁者が何でもできるのではなく、それを担いでいる幹部たちの意向に逆らうことはできません。

もし逆らえば、たちまちその位置を失うと考えられます。

これは家庭連合の組織に乗っかっている韓氏オモニの立場と同じです。

家庭連合の幹部たちは韓氏オモニを真実に信じているのではなく、自らの権力の利権、権益のために担ぎ上げていると分析できます。

北朝鮮も同じでしょう。体制の崩壊は幹部たちに向かって国民からの粛清が予想されます。それこそルーマニアのチャウシェスクやリビアのカダフィの二の舞となります。

金正恩だけの身分が保証されるなど、彼らにはありえないことです。

板挟みに立った金正恩は再び習近平に泣きついて、なんとか虚勢をアメリカに対して張りましたが、アメリカにあつさり撥ねられました。

もはや彼はあぜんとしておそらく思考能力すら低下していることでしょう。

たとえば核開発の技術者を全て外国に移住させることをアメリカは要求しました。

これまでどれほど金正恩は彼らを抱擁して特権的地位を与えてきたでしょうか?最高に彼らを評価し、抱きしめ、最高の扱いをして来たのです。どうして追放同然の立場を彼らにできるでしょうか?

それを全て外国に移すなど、まるで奴隷化、人質として差し出せと言われているようなものです。

体制保証などとても信じられず、アメリカによって北朝鮮は解体してさせられてしまうと彼らは考えます。

ですから体制の保証など彼らにとっては絵に描いたよ餅のようなもので全く受け入れられません。少なくとも現時点ではですが。

彼らが米朝首脳会談のための事前の高官協議をボイコットしたのは泣き出す寸前の子供が逃げ出したのと同じです。

まだまだ、これから北朝鮮は追い詰めていくしかありません。その先に何が起こるのかは正確には誰もわかりません。

もはや暴発の可能性は低いとは思いますが、トランプ大統領がきちんと対応すれば、自らの国の内部で崩壊する可能性は充分にあり得ると私は見ています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。