ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

日大アメフト問題で明らかになることは神様の御心なのか?

日大アメフト🏈部の悪質プレー問題に対してhide 6500さんよりコメントをいただきました。コメントありございます。


〜引用開始〜

投稿者:hide6500さん

コメント本文:今回の日大問題に、サンクチュアリーの人たちが、神様の深い御心と愛を感じないとしたら、私には大いに心外であり、失望です。教会長がどうしたこうしたとかいう問題より、重要です。もっと世間に広く目を向けていただきたいです。


日大には何度も行ったことがあるので、どのような校風か、どのような問題があるか、以前より承知しています。今回日大が大きな問題になったのは、明らかに神様の意思がそこにあるからです。その点を察知していただけたら、ありがたいです。

〜引用終わり〜


コメントでは「サンクチュアリの人たちが、神様の深い御心と愛を感じないとしたら、私には大いに心外であり、失望です。」「神様の意思がそこにあるからです」とあります。

これから、この事件の真相は警察の捜査も含めて明らかになっていくことでしょう。

このhide6500さんのご指摘を当ブログの管理人がどれほど理解しているのかはわかりませんが、せっかくここまでご指摘いただきましたので、もう少し考えてみたいと思います。

ご指摘の趣旨を考えた場合、サンクチュアリはサンクチュアリ内部の問題にとらわれすぎず、日本の問題や社会の問題を自分自身の問題として解決を目指すべきという観点をお持ちなのだろうと思います。

そういった観点は私も共感するところがあります。

このことは結構難しいテーマですので、私自身の経験も含めて掘り下げていきますのでお付き合いいただきたく思います。


まず、なぜ救世主が必要かというと自分自身が救われる存在であると同時に世界、人類を救うためにこられた救世主(メシア)であります。

したがってユダヤ民族にしろ、キリスト教徒にしろ、人類全体を救うために建てられた存在ということができます。

したがってサンクチュアリはそこに従っていく私たちも自分たちがどうあるべきかはこの日本や世界、人類の救いと繋がった存在と自覚する必要があります、

私たちは文鮮明師を真の父母として信じ、従ってきました。自分のために自分たちのためにだけこられた救世主(真の父母)ではないことは明らかです。

二代目王様も世界を支え、世界を変えるため、人類全体のために天一国を作ろうとされています。

そこに入国する人はサンクチュアリィはもちろん真の父母を救世主と信じない一般の方々も入ることができます。

そのような前提をもって日大の問題はいろんなことを考えさせられる課題が含まれています。

今、この問題に対しての日大側の対応に世間の避難が集中しています。この批判の嵐を見ているとこの悪質プレーや日大の対応はかなり極端な例として見られているようで、果たして日本全体が抱えている課題を表しているかどうかが一つのポイントです。

私が取り上げた観点はただアメリカンフットボール部の反則行為の問題だけでない背景があると感じたからです。

これ以前にも至学館大学のレスリン部の監督によるパワハラ問題が話題になりました。この問題も現在も継続中ですが、この問題はあくまでもレスリング部というスポーツという範疇の中の出来事でした。

ですから、そのスポーツの中で処理されていく問題であると言えるかもしれませんし、またそれほどの広がりはないのではないかと思います。

それに対して今回の日大の問題は、大学の対応がほとんど機能不全に陥っている点が異様です。

その日大は規模において間違いなく、日本最大の大学です。この点でとても気になるし、異様さが際立つ点です。

もしこれが中堅以下の普通の大学で起きていれば、逆にこのような顛末にはならないと思います。なぜなら、大学自体が存亡の危機になりかねないからです。

誰しもがこれで日大が潰れるとまでは思ってはいません。

あまりに大きくて潰れないし、潰せないという面もあります。

その点で日大は、日本全体を象徴する問題を含めていると考えます。

この悪質反則プレーをした選手は監督、コーチからさまざまな形で追い詰められた結果、異常な精神状態で、あのようなは行為にてるしかなかったということです。また日大の現役アメフト部員からの意見表明にあるようにチーム全体でもそれに従い、受け入れる土壌にあったことが明らかとなっています。


はっきりと指摘すれば、スポーツの世界ではありますが、「優秀な奴隷」を作って勝つことを優先し、それが大学全体の体質にまで、繋がってしまっていることにあると考えます。


二代目王様の指摘する韓国、日本は奴隷であることに慣れてそこから脱げ出せない国民になっていると言われています。その一面がこのような形で現れていると推察できるのではないかということです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。