ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

残暑お見舞い申し上げます。ブログ再開します。

さて、猛暑の夏が過ぎていよいよ季節的には佳境の秋到来になります。

私もしばらくおやすみしていたブログを再開することとしました。

この夏の暑さは凄まじく会社からは全社員に猛暑見舞いとして手当金一封が贈られたほどで、恩恵もありましたが、皆様はどう乗り越えてこられたでしようか?

大阪も夏の入り口では地震に見舞われ、出口では何十年ぶりかの台風も到来しました。

全国的には西日本の大雨、北海道の地震と災害続きでした。

なんらかの蕩減の内容があるのかも知れません。

被害に遭われた方々には心からお見舞い申し上げます。

さて、この間日本の内外およびサンクチュアリを取り巻く状況はどのような変化があったのでしょうか?

まず本日、韓国の文在寅大統領が平壌に詣でて、金正恩労働党委員長と三度目になる南北首脳会談が開かれます。

文在寅大統領としては国内の人気に陰りが出始め、経済状況が悪化して、支持率が下がってきましたので本人の真骨頂である南北融和を進めて、明るい未来演出したいところでしょうが、アメリカと北との仲介は失敗することが目に見えています。

これからジリ貧の文政権は次第に追い詰められることでしょう。

一方で日本はどうかというと安倍首相の自民党総裁選が大詰めとなり、三選が確実視されています。もちろん圧倒的な勝利をおさめたとしても、これからさらに険しい政権運営が予想されます。

アメリカのトランプ大統領はさらに難しい立場に立っています。直接私たちの生活にはそれほどの影響がないようにも見えますが、神様の摂理的には大変な苦難が予想される局面になっているようです。

しかしながら、日本のマスコミではこの夏以前の数ヶ月前にまでは二年後のトランプ大統領の再選を危ぶむ声が圧倒的だったのに対して最近は消極的ながら、再選の可能性が大きいことを認めざるを得なくなってきて風向きが変わり始めました。

しかし、相変わらずのトランプ叩きが続いています。

そこで、私たちのトランプ大統領支援の動き(サンクチュアリメンバー限定のトランプ支援ライングループの動きなど)

はやはり意味合いは大きいと言えるでしょう。

私もこのライングループに参加して応援させていただいています。

これらの状況を踏まえてこれからのブログ発言の内容、活動の内容、方向性の内容を少しずつ明らかしていきたいと思っています。

もとより、私たちサンクチュアリ(PAサンクチュアリ聖殿を中心とするメンバー)はここの個人、家庭、氏族、地域、様々な縁でのつながりでのミクロの主体性とトランプを中心とする世界的または天宙的なマクロの神様の摂理とを直結したものして自覚して^_^責任の一端を担おうとしています。

その意味では我々サンクチュアリがどのようであるからは様々な意味で天にとっても私たち自身にとっても重大な関心事に他なりません。

そのことにも当然触れながら、個人的、家庭的次元、氏族的、サンクチュアリのさまざまな次元においてはもちろんのこと日本と世界の動向と運命についても発言を続けていきたいと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。