ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

北朝鮮に新たな動き、正日の息子金ハンソル氏、親の敵討ち決意か?

北朝鮮がこれからどういう方向性を行くのか 全く予断を許さない状況です。

エルダー本部長は以前から一貫して100%核放棄はあり得ないことを主張しています。

内外の識者の中にもそのような意見を見受けることがあります。

となると北朝鮮の非核化への道筋は内部からの体制転換しかほとんどないことになります。

これまで北朝鮮を内部から体制転換を迫る有力な動きが見当たらなかったわけですが、ここへきて兆しらしきものが出てきました。

その勢力は金王朝のファミリーの中で金正恩委員長の兄 正男の息子、すなわち金正日の長男の長男つまり孫にあたる金ハンソルを担いで、政権の転覆を目指しているようです。次の記事はその動きを伝えています。


ZAKZAK(産経新聞 ランライン版)からの引用です。


〜〜〜〜引用開始〜〜〜〜

金正男氏の息子が父の“仇討ち”決意か…正恩氏は逆に暗殺指令? 米情報当局は緊張、北工作員が日本でテロの危険も

スクープ最前線

2019.4.3

金正恩氏による独裁体制が崩壊危機だ(AP)

 北朝鮮が内部崩壊の危機に直面している。スペインでの北朝鮮大使館襲撃事件(2月22日)に1カ月以上も沈黙せざるを得なかったのだ。2月末の米朝首脳会談決裂を受けて、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の支配体制が激震している。正恩氏の命令で、2017年にマレーシアで殺害された異母兄、正男(ジョンナム)氏の息子、金ハンソル氏と、「正恩体制の打倒」を掲げる脱北者団体「自由朝鮮」の背景とは。世界から孤立化する韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権。ジャーナリストの加賀孝英氏が核心に迫った。



 「正恩氏が『ハンソル氏への暗殺指令を出した』という情報がある。北朝鮮は、ハンソル氏と『自由朝鮮』のメンバーを血祭りにあげるつもりだ。米情報当局は緊張している」

 旧知の外事警察関係者は、こう語った。

 脱北者団体「千里馬民防衛」は3月1日、「自由朝鮮」への改称とともに、「正恩独裁政権の打倒」を叫び、臨時政府発足を宣言した。北朝鮮の軍や人民にクーデターを呼びかけた。これは宣戦布告ではないか。

 事実、2月22日、同団体の武装メンバー(約10人)が、スペインの首都マドリードで前代未聞の北朝鮮大使館襲撃事件を起こした。大使館員らを縄で縛り上げ、拷問し、携帯電話やコンピューター、極秘データの入ったUSBメモリーなどを奪って、まんまと逃走した。メンバーの1人は米国に渡り、奪った情報をFBI(米連邦捜査局)に渡した。

 「自由朝鮮」は3月26日、ウェブサイトで襲撃事件への関与を表明した。一方、北朝鮮は被害届も出せず、沈黙を続け、同月31日にやっと、外務省報道官が「テロ行為だ」などと非難し、FBIや北朝鮮の反体制派の関与を疑い、「注視している」と述べた。朝鮮中央通信が報じた。メンツ丸潰れだ。


 脱北者団体の幹部は「正恩氏が狂ったように叫んでいるらしい。ハンソル氏の行方と、『自由朝鮮』のメンバーは誰かを、必死で探している。『自由朝鮮』は北朝鮮に新政権を樹立させ、ハンソル氏を国家指導者にすえるつもりだ」「ハンソル氏もやる気だ。正恩氏に殺された父親のかたきを取るつもりだ。ハンソル氏をCIA(米中央情報局)も中国情報当局も極秘で支援している」と語った。

 驚かないでいただきたい、私(加賀)は昨年5月21日発行の「スクープ最前線」で、以下の事実を報告した。

 《世界の脱北者(15万人以上)の有志が4月末、米カリフォルニア州で「北朝鮮亡命政府」を命がけで創立した》《(宣言された綱領は)北朝鮮政権は、人民200万人以上を処刑し、250万人以上を餓死させ、15万人以上を政治収容所に監禁(中略)独裁政権だ》《私たちは北朝鮮政権を転覆させる》

 この亡命政府は昨年5月13日、緊急声明を出し、《従北主体思想派政府・文在寅(ムン・ジェイン)政権》などと、韓国の文政権をクソミソに罵倒していた。


 この時、幹部の一人は、亡命政府が「千里馬民防衛」や、CIAと深い関係にあること、ハンソル氏との接触があることを認めていた。

 北朝鮮は、2月末の米朝首脳会談の決裂で、制裁解除に失敗し、国民の半数が餓死に怯えている。不満は爆発寸前だ。水面下で大変なことが起こっている。以下、複数の日米情報当局関係者から入手した情報だ。

 「ハンソル氏は、正恩氏の息の根を止める爆弾だ。ハンソル氏は建国の父、金日成(キム・イルソン)主席の直系の血筋(白頭の血統)だ。正恩氏は、実母の高英姫(コ・ヨンヒ)氏が大阪の在日二世で、正当性が疑われている。『ハンソルが蜂起した』と北朝鮮人民が知れば、ハンソル氏を支持する」


 「『自由朝鮮』がマドリードの北朝鮮大使館から奪い、FBIに渡したデータの中に、北朝鮮が国連の制裁決議を破って、ぜいたく品や武器などの密輸を行っていた証拠があった。正恩氏のウソがまたバレた。ホワイトハウスは激怒している。


 そして、続く情報当局関係者の情報はこうだ。

 「今月15日の金日成主席の生誕記念日(太陽節)が危ない。人工衛星と称したミサイル発射の情報がある。一昨年まで、正恩氏は軍部幹部に、高級ジープなどをプレゼントして不満を抑えていた。それが経済制裁でできない。米国との緊張を高めて不満をそらすしかない。しかし、ミサイルを発射すれば、米国は許さない。正恩氏は終わりだ」

 1つ、言っておきたいことがある。

 実は、「自由朝鮮」の関係者は何度か極秘で来日している。北朝鮮工作員が日本でテロを行う危険性がある。厳重警戒を要請したい。

 ■加賀孝英(かが・こうえい) ジャーナリスト。1957年生まれ。週刊文春、新潮社を経て独立。95年、第1回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム大賞受賞。週刊誌、月刊誌を舞台に幅広く活躍し、数々のスクープで知られている。


〜〜〜〜引用終わり〜〜〜〜


よく知られているように金ハンソル氏は父の暗殺後、「千里馬民防衛」を名乗る組織によって住んでいた中国から第三国に出国しています。

現在、金ハンソル氏は米国に滞在して当局による保護と警備により、密かに匿われているものと思われています。

この金ハンソル氏を大切なカードとして、金正恩委員長との非核化の交渉に完全に行き詰まれば、何らかの動きを見せることになるでしょう。

問題は完全に米朝の狭間でその政策が破綻してしまいつつある韓国の存在です。

韓国に政策の方向転換が必要なことをどのように理解させるのか、今年上半期の重大な課題であると思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

コメントは必須項目です。