ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

自由サンクチュアリー連合、会長からのご報告。その一

今回のブログの記事では私、黒頭巾のブログですが、自由サンクチュアリのことでお知らせします。

自由サンクチュアリ連合は今年7月からサイバーサンクチュアリー協会を名称を変更して出発しました。

私、為貞俊郎が引き続き会長を務めていましたが、去年から副会長を務めてくださっていた森一郎さんが、袂を別っていかれましたので、今年の12月から新しい出発となります。

現在、自由サンクチュアリ連合の公式ブログがまだできていませんので、黒頭巾のブログで、これまで同様自由サンクチュアリー連合の会長としての報告をしたいと思います。

まず活動の報告ですが、この7月から12月まで毎月大阪では十数名から二十名程度の礼拝を持ち、名古屋でも十名から16名程度の礼拝をしてまいりました。徐々に増えてきていましたが、課題も山積しています。

霊界祝福も含めて名古屋でも大阪でも新たに祝福(お父様の権威に戻る祝福)を受ける方が毎月のように名古屋か大阪どちらかでは出ております。

今年1年の成果としては大阪、名古屋での礼拝の定着化とその参加者の方々の成長、そして少しづつですが、戻る祝福を受ける方が増えてきました。

また私ごとですが、夫婦それぞれ、二代目王様にお目にかかることができましたし、また、油塗りと呼ばれる個人的、家庭的祈祷をいただくことができました。個人的、家庭的と言いましても、三代王権の王国の基盤を作るための貢献し、またそのために受けるサタンからの試練を乗り越えるための保護される祈祷と伺ってきました。

また家庭的には次女が日本では最初のサンクチュアリ二世同士の祝福を江利川会長のお世話になりつつ受けることができました。順調に理解と交流を深めていますし、また二世同士の交流発展にも努力してまいりました。

また会長としては全国からの様々な悩みを受け付けてその課題をともに背負うつもりで闘ってまいりました。その結果苦しい戦いの中でもおおくの前進を勝ち得た方もおられます。

まだ、全く成果がなく、前進できない方もおられますことは申しわけない気持ちです。

もちろん多くは道半ばですので、その中身は触れることはできませんが、サイバーもしくは自由サンクチュアリーといった枠を超えて、日本サンクチュアリ所属の方、隠れの里の方、安永教会、その他のかたとも多くの交流をしてまいりました。

私は望んできたわけでもありませんが、様々に苦しむ方々に接してきて、サンクチュアリを底辺から支えるつもりでやってまいりました。

何処かに所属していることはそれぞれのメンバーにとってはそれぞれに意味合いはあるのですが、最後は二代目王様の元に戻り、天一国を作ることが重要だと思ってきました。

二代目王様は組織的な会員ではなく再臨主との関係性が大事であると言われます。PA本部では会員制(メンバーシップ)はなくただサポーターがいるだけと言われます。会員としてどこにいるかよりもどこに献金してそこを支えてサンクチュアリー を発展することに協力するかによるということになろうかと思います。

ですから、私が、自由サンクチュアリー連合を作り、また礼拝や、電話やメールで活動していることに賛同して、ここと関係性を持ち、サンクチュアリでともに天国を作ろうと思われる方が自由サンクチュアリーに来られると思います。

その意味で一緒に一年以上ともに歩んでくださった森一郎副会長を自由サンクチュアリーから失うことはそれだけでも残念ですが、さらに私に対する信認が失われた意味があると思いますのでとても残念です。

できれば私とよく話し合っていただきたかったのでそれができないままに去られたのはことさら残念です。

森一郎さんのブログを読まれた方から驚きのご連絡を複数いただておりまして、私としては誤解を受ける方も多いと考え、そのことも含めてこれまでの経緯やこれからの方針などをご報告申し上げるべきであると思います。

長くなるかと思われるますので続きは次回にします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。