ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

平和軍、平和警察につながる「鉄の杖」。

二代王は北朝鮮による韓国侵略が始まったことを強調されました。

金正恩委員長の妹与正氏の動向が話題を集めていますが、 気持ちの悪い笑顔と決して誰にも頭を下げず、笑顔の間の時折見せる相手を蔑んだような冷たい視線を見せていました。

まるで骸骨が微笑んでいるような感じがして文字通り死神!という印象でした。

それでも平和の祭典オリンピックですから、選手の活躍に拍手を送り、日本の国威発揚?というか日本の未来を象徴する若者たちの姿に後押ししたい気持ちになります。

今日は特に日本の活躍が期待される種目が目白押しでたまたま仕事が休みもあって応援にも力が入りました。

しかし、金メダルの有力候補が次々と登場しましたが、あともう一歩で銀メダルに終わり、喜び半分悔しさ半分の中途半端な試合が続きました。

なんてあと少しの差で金じゃないのかとテレビの前で呻くと、日本に運勢がないのよと妻が言います。

私が昔からオリンピックは国の未来の運勢を表しているいう話をして来たのを知っていて、そんなことを言うのです。

なんで日本に運勢がないのか、そんなはずないだろと落ち込みながらも抵抗しますが、日本に運勢があるはずがないと繰り返します。

深刻に考えたくなくて、オリンピックを見ているのにやはりそうはいかないなと心で呟きながら、ブログに向かうことにしました。

書く話題は山ほどあります。

しかし、どの話題を書こうとしても韓国はどうなるのか暗い心に囚われていくので、どうしようもなく辛い気持ちになります。

韓国の運命を担えるほどの力は私にはもちろんありません。どこかに解答もありません。


それなのに韓国聖殿は希望的だと言っているのでしょうか?

本音を言えば、呆れかえって何も知らないのか、わかってないのかとまるでお花畑にいるんだなと情けない気分になっていたのが実情です。

オリンピックで北の攻勢(微笑み戦術)に翻弄されている現政権です。

韓国が可哀想な国になってきます。北朝鮮の外交戦術、文在寅政権の内通ぶりに揺さぶられ、翻弄されて

、騙されているのに国民の多くは踊らされています。

せめて韓国聖殿シックだけでも鉄の杖の摂理に無条件で呼応すれば、希望も生まれるのに逆の反応を見聞きするたびに心が重くなります。

家庭連合からせっかく解放されたのに責任の無自覚さは本当に当事者なのかと思ってしまいます。

日本も本当に平和ボケですし、鉄の杖の必要性も全く感じていなかった民族であるので、韓国の現状をとやかく言えませんが。

文鮮明師が生前鉄の杖について語られたり、指示されたり、また、実施されたことは山ほどあるとは言え、完成期の祝福の絶対的条件であるという話はわたしも初めてでした。

しかし、初めてだからといって対応が必要なことに変わりはありません。それは早く、心からの対応をした方が良いのはいうまでもないことです。

二代王に摂理の中心が移って大きく転換しなければならないことは過去にもありました。

それは文鮮明師の女性関係にあります。これが真実ということを知った時、一瞬ですが、まさかと心が揺らぎました。

しかし次の瞬間二代王の私は何も恥ずかしくは思わないという言葉を見て安心しました。

自分の感情はともかく二代王がそうならばなんの問題もないだろうと直感しました。

事実その後語られた公的な説明に納得しました。

むしろその計り知れない恩恵とメシアの本質を理解できました。

私は直感的にその時の体験に今回の件のことも似ていると思いました。

えっ、そんなことがあるのか?というショックとその恩恵がやがて理解するできていくし、なるほどという確信が生まれてきます。

しかもどちらも、世の中からはどんなにか批判がくるのだろうな、また家庭連合の人たちは大きく躓いてなかなかこちらに来れなくなりそうだなという感想も同じです。

文鮮明師のメシアとしての最も本質はその血統の起源である精子にあります。

原罪を清算し、人類を復帰することのできる精子を持って血統を転換することができるのです。

原理も理解できない世の中の人たちがいきなりそれを理解するのはどだい無理な話です。

男ならならば、祝福を受けて、まことの男性の種を恋い焦がれ、自分もその勝利を与りたいという切実な信仰が成約の信仰だとわかりました。

女性なら真の男性の勝利の結実である種を受け継ぎたいと願うことによって、心情が転換されていきます。

それが実体的な信仰であると思います。

個人や家庭レベルならば、血統的には最強の精子が無敵ならば、最強の武器を持ちサタンを打ち砕くのは当然です。

それを持って訓練せよとは最高の恵みであると考えることができます。

目に見えない血統は子孫を通して目に見える形になって結果を伴います。

しかし、武器は目に見える形をしていますが、実際は使わなくて済めば、それに越したことはありません。

その意味では天国の基である血統を守る手段であって、あくまでも善なるものを悪なるものから、実体としの形の上で守るための道具にすぎません。(考えてみれば、殺人やレイプ、強盗といった凶悪犯がいなければ、このような武器は必要ありませんが、人類始祖の堕落がなければ、メシアも必要ありませんでした。)


ですから、武器を崇拝することの意味は全くありません。その正しい評価と扱い方は訓練しなければなりません。


そして、いつでも悪と戦える準備があるべきです。

日本の法律では日本人がこのような武器を持つことには大きな制約があり、合法的に所持することはほぼ不可能に近いということです。

しかし、そのことの心構えがあるならば善悪の判定基準はより鮮明に理解されていくでしょう。

今日本の社会は治安が良く、武器を手にすることのメリットはありません。

しかし、国際情勢や国際社会では必ずしもそうではありません。

日本を基準にして考えるわけにはいきません。

日本にも昔から、自衛隊だけではではなく、民間人による民間防衛隊なの構想がありました。

大きな武器は自衛隊が持つとしても、全くの民間防衛隊は普通の市民や国民の組織です。文鮮明師の平和警察、平和軍構想はそのレベルでしょうし、シビリアンコントロールとも一致すると考えられます。


つまり、政府組織によるコントロールではなく、家庭を単位とする市民レベルのコントロールが重要です。その上で市民の代表者や実務者が国防軍を率いるのです。

天一国とはキリスト教でいうところの千年王国です。

しっかりと天一国憲法を勉強して、天一国の主体的国民となれるように、前に進みたいものです。

天一国の扉を開ける必須の「鉄の杖」とは?悲しい歴史の終止符を打つには。

私達の幸福の基はどこにあるのでしょうか?幸福の定義は人それぞれですが、メシアを知ったものとしてはメシアのとともに生きる、メシアの願いの中に生きるのが最優先することが最もしあわせのことであると思います。

しかし、それは常に楽しいことばかりではなく辛いことや悲しいことが多いのも事実です。

真の父が行かれた道は苦難の道であり、万苦の王者、栄光の勝者のお姿でした。

その弟子であり、どんなに不器用で、幼くともついていく身もやはりその程度の差こそあれそれに近いことは歴史の知るところです。

真の父が行かれた道をその何千分の一、何万分の一、何百万分の一であっても同じ道を行くのが、そのしもべ(忠臣)であり、その弟子であり、その息子娘の道ではないかと思います。

それは表面的には悲惨な道かもしれませんが、最も幸福な道でもあります。

真の父自身が、神様が最も偉大な祝福の道をあげようと言われて行った道には、最も悲惨なところが待っていたと語られました。

777双の祝福があった時だったと思いますが、これからは祝福家の真の愛の因縁で結ばれた家庭の姿を見せて伝道する時代が来たのだと感動的なみ言葉を語られたすぐその数日後には、幼い子供を置いて、開拓伝道を命令されたのではないでしょうか?

天一国を実体化する時が近づいたこの時、実体化するのに必要なものが「鉄の杖」と聞いて、反対の声をあげるとしたら、一体何を学んでこられたのですかとお聞きしたくなります。

とても胸の痛い話です。自分の気にいる都合の良い話ばかりを好まれてきたのでしょうか?

具体的な話として武器を手にすることが天国行きの必須であるということが信仰の真髄として受け入れなければならないことが事実として迫った時、悲惨な現実となったのかもしれません。

それは私もわかります。しかし、人間堕落の結果、悪が存在し、悪と闘うことが宿命であるのが神様の側に立つ真実です。

それを避けるとすれば、悪と闘うことができません。

北朝鮮のような国に核攻撃で脅された時、言うなりになるほかありません。

そんなことは政府や軍やアメリカや勝共といった専門家に任せておけば良いとお考えでしょうか?

何があっても主人の立場、王の立場を守ろうとすれば、先頭に立つ意思を示さなくてどうして人類に先駆けて地上に天獄を築くものになれるでしょうか?

尻込みをすれば、専門家達のしもべになるほかありません。

王冠を被り、王様として生きるのであれば、その覚悟がかならず必要です。

王冠をつくり、それを被ることはそれにふさわしい覚悟が要ることは想定できます。

サタンから狙われる位置であるからです。サタンから解放される強い意思が必要であると思います。

みことばを受け、祝福を受け、天国に行くことを素直に受け入れて喜ぶ姿を見ることは神様にとってもまさに喜ばしいことに違いありません。

それ無くして復帰の道がありません。

しかし、失敗する可能性もあるのです。武器を持った時、使い方を誤り、失敗するかもしれません。

しかし、それを恐れて所有しなければ、国の主権を神様のもとに取り戻すことはできないとはっきりと知ったのです。

人類歴史の悲惨さをよく知っているならば、その終着点、帰結点、に対して責任を持って決着をつけねばなりません。

アダムのエバの堕落以来の悲惨な歴史に終止符を打つ勇気を持たねばなりません。

繰り返してはならない歴史です。本来、武器を使用しなくて解決できなければならないのですが、サタンが悪が、武器を所有している以上、所有権の転換をしなければならない、それは避けて通ることのできない道です。

それはアダムとエバが結婚に失敗したので、結婚を通してしか解決の道がないのと同じです。

結婚に失敗した人間始祖の罪を清算するにはどんなに悲惨立場からの復帰であったとしても男と女が結婚を通して蕩減復帰するしかありません。

それしか道がないのです。

武器によって戦争によって悲惨な人類歴史が繰り返されてきたのてすから、その悲劇を解決する道も、武器を手にして、戦争の悲惨さを主管し、解決を主導できなければなりません。

個人や家庭が悪と闘う時、最低でも必要な武器があります。

日本でも戦国時代や江戸時代くらい前までは刀に象徴されました。

刀は武士(武人)の魂でした。

なぜ人殺しの道具が武士の魂だったのでしょうか?

なぜ刀を持った武士だけが、支配階級だったのでしょうか?

それほど野蛮な時代であったと単純に言えるでしょうか?

私は高校時代、剣道を部活でしていましたが、心を磨くことが、大切であることを教えられました。もちろん未熟な者でしたが。

ましてや真剣を扱うにはさらに心を磨くことが求められると思いました。

なぜでしょう?それは人殺しに使う武器は心を磨いて正しい心を持った人間が扱わなければならないことが運命付けられているからです。

江戸時代、武士が武士でないものから侮辱を受けた時、、斬り捨て御免と相手を斬り殺すことが許されていました。

しかし、そのような事件は滅多におこなわれることはありませんでした。

実際にもし起これば大変な事件とみなされ、不祥事とされる時代でもあったのです。

つまり、滅多に抜かれることのない人殺しとしての武器が武士の魂としての「刀」でした。

それを扱うことができてこそ武士の扱いを受け、その誇りを持つことをできるのです。

天一国の主人は当然、現代の「刀」を所有し、それをきちんと扱えなければならないと神様が明言されたのです。

それに異を唱えることができるでしょうか?

二代王が日本の刀を抜き、武士を演じられているのご覧になった時、お遊びをしていると思われたのでしょうか?

もちろん昔の武士の中にも出来損ないの失敗者もいたでしょうし、現代の韓国にも、軍隊の中で、暴発して、上司や同僚を撃ち殺す者も出てきます。

それは確かに取り返すことのできない事件です。

アダムとエバの失敗も取り返すことのできない大事件でしたが、現代においては不倫もある意味取り返すことのできないことですが、殺人ほどの扱いはされていません。

現代において最も思い罪は殺人です。

ですから、この武器を主管できないとすれば、天国で最も重い罪である、不倫などの性的堕落を防ぐこともできないでしょう。

武器を主管できることは天国建設の実体的な出発の位置に立つと言えば、その通りであると思います。「鉄の杖」は天一国の扉を開ける必須の文字通り「杖」なので、時間がかかってもよく議論して納得してから前に進むべきでしょう。疑問な点はお互いよく話あって整理して考えてみましょう。昨夜も前から知り合いのサンクチュアリのある責任者から、お電話をいただきました。ご懸念の点はよく理解していますが、こうではないですかといろいろご説明するとなるほどというところとまだまだ不安な面もお持ちであるとは思いますが、また電話しますと言われました。

電話などでお問い合わせください。その心配やご懸念もできるだけ共有しながら、議論を進めることができればと思います。


拙い者が大それた言い方をしましたが、困っておられる神様の事情を垣間見て、申し上げないわけにはいきませんでした。


電話☎️ 080-9128-0703

メルアド tamesada.t.0426@ezweb.ne.jp


黒頭巾こと為貞 俊郎(ためさだ としお)

完成期祝福はミクロとマクロの転換点。特に韓国の運命はオリンピック後どうなるか?

天暦の神の日(陽暦2月16日)まであと少しとなりました。新しい年はまた全く新しい運勢が始まることでしょう。

また巷では平昌五輪が華やかに開催されました。北朝鮮の美女応援団やら三池淵管弦楽団や金正恩の妹の与正氏などの話題が溢れています。このような北の微笑み戦術に対してアメリカや日本の立場は冷ややかです。

オリンピック後には早速史上最大規模の米韓軍事演習が始まります。オリンピツは一瞬の夢のようなお祭りですが、その融和ムードの延長としての平和ムードは高まることはありません。

数ヶ月遅くとも年内にはアメリカワシントンに届く北朝鮮の大陸間弾道弾(ICBM)か実戦配備可能と言われています。

アメリカはどんなことがあってもそれまでに北朝鮮の核開発を止めなければならないという立場です。

外交的解決が望ましいわけですが、そのためには制裁による圧力を最大限かけていかなければならないのに文在寅の対話融和路線では日米の足を引っ張る形になっています。

アメリカの圧力路線に消極的な中国、ロシアは もともと仕方なくアメリカに従って経済制裁を強化せざるを得なくなっていましたが、当事者である韓国が対話を訴えれば、それに同調して圧力よりも対話をほのめかすようになり、足並みを乱すことになりかねないのが現実です。

それなある程度理解を示しつつ、苛立ちを隠しきれないアメリカはさらに難しい対応に迫られます。

今の時点では今後の展開の予想は全くわからないと言っていいほどですが、北朝鮮をとことんギリギリまで追い詰めて、核放棄を迫るしかありません。

アメリカの単独行動による軍事作戦もありうると考えたほうがよいと思います。

アメリカも中国に対して遠慮している余裕はなくなってきました。

貿易や軍事的にも中国に睨みを効かして悪く言えば半ば脅しをかけながらさらなる北に対する圧力強化を迫るしかないでしょう。

北に対してアメリカとの共同歩調が相当に取れれば、貿易面での攻勢を緩める駆け引きが続くでしょう。

そうすると煮詰まってしまうのは七、七月、八月ごろが最もきな臭くなるのかもしれません。

十月にはアメリカでは中間選挙があり、最も大切な国民の審判を仰ぐことになりますので、それまでに、民主党とは違う結果が求められます。

中間選挙後の対応も考えられない訳ではありませんが、年内までの日程があまりにきついので、やはり夏までが決着の落ち着く地点となりそうです。

オリンピックから三、四ヶ月で一気に決着に向けての着地点のとなれば、韓国聖殿の皆様、準備はされているのでしょうか?

楽観的な見方(戦争は起こらず、韓国も滅びない)による予想があたらないともいえませんが、それでも北との安易な妥協は韓国の浮上のチャンスなくなるだろうと思います。


要は 私は覚悟ができていればいいのだと思います。

死んでも滅んでもお父様と一体だと絶対的な立場であればサタンは侵入できないのでないかと思います。

しかし、韓氏オモニのように、自分のためにお父様と一体化しているとシック達を騙しているように、少しでもごまかしがあればサタンが入っていくでしょう。

そのような難しい位置がミクロの韓国聖殿だと思います。

韓国正殿の奮闘による勝利をお祈りしています。

完成期の祝福はそれをひょっとすれと可能にするのではないかと信じたいのですが、それはわかりません。

二代王に従い、ゼロから日本も韓国も出発しましょう。今回の完成祝福の参加条件こそミクロにとって最大の転換点でありマクロを転換させる起点となるかどうか神様もサタンも注目しているでしょう。