ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

残暑お見舞い申し上げます。ブログ再開します。

さて、猛暑の夏が過ぎていよいよ季節的には佳境の秋到来になります。

私もしばらくおやすみしていたブログを再開することとしました。

この夏の暑さは凄まじく会社からは全社員に猛暑見舞いとして手当金一封が贈られたほどで、恩恵もありましたが、皆様はどう乗り越えてこられたでしようか?

大阪も夏の入り口では地震に見舞われ、出口では何十年ぶりかの台風も到来しました。

全国的には西日本の大雨、北海道の地震と災害続きでした。

なんらかの蕩減の内容があるのかも知れません。

被害に遭われた方々には心からお見舞い申し上げます。

さて、この間日本の内外およびサンクチュアリを取り巻く状況はどのような変化があったのでしょうか?

まず本日、韓国の文在寅大統領が平壌に詣でて、金正恩労働党委員長と三度目になる南北首脳会談が開かれます。

文在寅大統領としては国内の人気に陰りが出始め、経済状況が悪化して、支持率が下がってきましたので本人の真骨頂である南北融和を進めて、明るい未来演出したいところでしょうが、アメリカと北との仲介は失敗することが目に見えています。

これからジリ貧の文政権は次第に追い詰められることでしょう。

一方で日本はどうかというと安倍首相の自民党総裁選が大詰めとなり、三選が確実視されています。もちろん圧倒的な勝利をおさめたとしても、これからさらに険しい政権運営が予想されます。

アメリカのトランプ大統領はさらに難しい立場に立っています。直接私たちの生活にはそれほどの影響がないようにも見えますが、神様の摂理的には大変な苦難が予想される局面になっているようです。

しかしながら、日本のマスコミではこの夏以前の数ヶ月前にまでは二年後のトランプ大統領の再選を危ぶむ声が圧倒的だったのに対して最近は消極的ながら、再選の可能性が大きいことを認めざるを得なくなってきて風向きが変わり始めました。

しかし、相変わらずのトランプ叩きが続いています。

そこで、私たちのトランプ大統領支援の動き(サンクチュアリメンバー限定のトランプ支援ライングループの動きなど)

はやはり意味合いは大きいと言えるでしょう。

私もこのライングループに参加して応援させていただいています。

これらの状況を踏まえてこれからのブログ発言の内容、活動の内容、方向性の内容を少しずつ明らかしていきたいと思っています。

もとより、私たちサンクチュアリ(PAサンクチュアリ聖殿を中心とするメンバー)はここの個人、家庭、氏族、地域、様々な縁でのつながりでのミクロの主体性とトランプを中心とする世界的または天宙的なマクロの神様の摂理とを直結したものして自覚して^_^責任の一端を担おうとしています。

その意味では我々サンクチュアリがどのようであるからは様々な意味で天にとっても私たち自身にとっても重大な関心事に他なりません。

そのことにも当然触れながら、個人的、家庭的次元、氏族的、サンクチュアリのさまざまな次元においてはもちろんのこと日本と世界の動向と運命についても発言を続けていきたいと思います。

アップル社元社員のスパイ事件は熾烈な次世代の自動車開発競争が背景にあります。日本政府のリーダーシップは?

アップル社の元従業員のスパイ容疑事件の背景にあるのは世界的な車文化が最近のテクノロジー革新によって大きく変わろうとしていることです。

ここでも日本は立ち遅れが目立って来ていて、逆に中国はその一党独裁ぶりによって優位な面があります。

またこれまでの裾野の広い自動車製造産業がだ全く様変わりしてしまうことへの不安と戸惑いが既成企業の抵抗となっている面があります。これも国家主導ができる中国の優位があります。

自由主義体制を守るためには強引とも思えるトランプ大統領の中国封じ込め政策は理にかなっていると思います。

それでは先回同様に町田 徹氏の記事の続きを引用します。



〜引用開始〜


(熾烈な自動車産業の戦いの)

その背景にあるのは、イノベーションの4つの潮流である。「CASE(ケース)」(コネクティビティ接続性の「C」、オートノマス自動運転の「A」、シェアード共有の「S」、エレクトリック電動化の「E」の頭文字を取った技術革新の総称)や、「MaaS(マース)」(車を所有せず、使いたいときだけお金を払って利用するサービスMobility as a Serviceの略)といった新しい潮流だ。これらが、クルマの市場や商品性、利用形態を大きく変えるというのである。

既存の自動車産業がじり貧を避ける唯一の策は、市場や技術の変化の先頭に立って、モビリティのプラットフォーマーになること。さもなければ、巨大な成長の機会を逸するとみられる。自動運転技術は、こうしたキーファクターのひとつであり、既存の自動車産業だけでなく、世界の大手IT企業なども巻き込んだ大競争の場となっているのだ。

とはいえ、自動運転技術とそれを駆使するプラットフォーマーを育てるには、自動運転車の回りを取り巻く他の交通の情報の収集やそれらにあわせた最適な操縦制御などのノウハウを蓄積するため、壮大な公道での実験が不可欠になる。

ところが、先進各国には、既存の国際条約がネックになって、こうした実験場所が提供しにくいという事情がある。例えば、道路交通に関するジュネーブ条約は、クルマの走行に運転者が関与することを前提としており、批准した国々は法律でクルマ任せの運転を認めないことになっている。

いち早く、そうした条約の縛りをかいくぐって、公道での実証実験を可能にしたのは、アメリカのカリフォルニア、アリゾナ、ネバダといった州だ。アメリカの常とう手段だが、連邦政府は条約に縛られても、州は縛られないという理屈を用いて、各州が独自に規制緩和を進め、一般の人を乗せた実証実験に道を開いたのである。


デトロイト3と呼ばれるアメリカの3大自動車メーカーやアメリカのIT企業は、すかさず、この状況を利用して実証実験に乗り出した。テスラのように、実証実験段階の自動運転技術を商品化するところまで現れたのだ。


米中自動運転戦争

こうした動きに対して、日本のトヨタ自動車やフランスの部品大手ヴァレオなどが出資するベンチャー「ナビア」も追随。また、ドイツのダイムラーとボッシュは、来年後半から完全自動運転の無人タクシーを使ったサービスを試験的に開始するという。

一方で、拙速だった企業は代償を支払うことになった。事故が相次いだのである。半自動運転プログラム「オートパイロット」を搭載したテスラ車は今年に入って、1月にカリフォルニア州で停車中の消防車に突っ込む事故を起こしたほか、5月には同じくカリフォルニア州で停車中の警察車両に衝突。

さらに6月にはユタ州において赤信号で停車中の消防車に突っ込む事故を起こしている。テスラは「事故の責任はドライバーにある」としているが、3月23日には高速道路を走行中に中央分離帯に激突し、別の2台と衝突する事故があり、運転手が死亡する事故もあった。

さらに衝撃的だったのは、ウーバーの自動運転車が今年3月、アリゾナ州で車道を渡る女性をはねて死亡させた事故だ。この事故は、他社も含めて、自動運転車が初めて歩行者を死亡させた事故として記録されることになった。この事故を受けて、アリゾナ州はウーバーに与えていた実験許可を取り消す騒ぎになった。


こうした紆余曲折を経ながらも、世界の企業はアメリカの各州で競って実証実験を重ね、自動運転技術の開発を加速させている。

アメリカとは対照的に、昨年、国家主導でモビリティ都市の建設を打ち出したのが中国だ。習近平政権は、2035年に北京市の南西約100キロメートルの農村「雄安新区」に新たな都市を建設、世界で初めて、個人の乗用車をすべて自動運転にするという。現状では、自動運転技術の開発は、各州の公道での実験が盛んなアメリカがリードしているが、中国も急速に追い上げていると見てよいだろう。

この中国の手法は、企業の自由競争をテコにしてイノベーションを実現しようというアメリカの手法とは真逆で、今なお一党独裁を続ける共産党がすべてを取り仕切る。インフラや法制度を国家主導で整えて、技術を蓄積する「新・開発独裁」とでも呼ぶべき方策である。

そもそも先進各国のように、中国はレベルの高い自動運転の実証実験の足かせになるジュネーブ条約を批准していない。共産党がこうと決めれば、法規制などの環境整備がいとも簡単にできる体制だ。

「雄安新区」への総投資額はおよそ35兆円とされ、2022年には基礎インフラを整えるという。最終的な面積は東京都に匹敵する2000平方キロメートル規模になる予定で、将来の人口は200万人以上を見込んでいる。


「雄安新区」構想が有利なのは、自動運転車を前提に都市設計をすることだ。道路や鉄道などの大部分の交通インフラは地下に構築する計画なのだ。これにより、各国で最大の課題となっている、自動運転車と歩行者や非自動運転車との調和という難題が生じない。地下の自動運転車用の道路には歩行者を入れないので、ウーバーが3月にアリゾナ州で起こしたような死亡事故が起こらない環境にできるというわけだ。

国家プロジェクトのリーダー格のお墨付きを得た中国のネット大手バイドゥ(百度)は、雄安新区が位置する河北省政府とAI(人工知能)を取り入れた運転技術の研究を開始したほか、国営のチャイナテレコムとも5G(第5世代移動体通信)の使用試験を始めたという。

今月4日には、自動運転バスを実用化したと発表したほか、ソフトバンクグループと提携、日本に自動運転バスを10台輸出して実証実験を始めることも明らかにした。「日本では高齢者の多い団地などで運用していく」としている。ソフトバンクは中国への資金供給にも熱心だ。ある米系企業は、ソフトバンクの強い勧めがあって、同社幹部の訪中の際に中国への1000億円規模の出資を手土産にしたと聞く。

遅れる日本

実際のところ、海外の自動車・IT大手も雪崩を打つように中国にシフトしている。バイドゥが主導する開発プロジェクトには米フォード・モーター、独ダイムラーに加え、米インテル、マイクロソフト、アップルなどがずらりと顔を揃えている。

アメリカと中国の主導権争いは、産業・開発政策の面からも目を離せない。アメリカ型の競争促進は自由な発想とイノベーションの宝庫で、歴史的に大きな成功を続けてきた。


が、中国は、今や世界一となった巨大な自動車販売市場を持つ。開発独占方式に加えて、なりふり構わぬ知的所有権の侵害を続けるようならば。アメリカの優位性が揺らいでも不思議はない。この2国間の先陣争いは、先端技術開発の方法論の違いや政治的駆け引きを含めて、その行方が注目される。

一方、EUのビオレタ・ブルツ欧州委員(運輸担当)は5月半ば、英経済紙フィナンシャル・タイムズのインタビューで、先行するアメリカと中国に追いつくべく、EU共通の自動運転車に関するルールを作成する方針を表明した。EU域内ではこれまで、ドイツやイギリスなど数カ国が独自に自動運転車の公道走行に関するルールの導入に動いているものの、現時点でEU共通の自動運転車に関するルールの枠組みがないことに対応するというのである。

この中には、ルール作りのためのEUと加盟各国、業界の新たな協働や、自動運転車の走行支援に必要な道路・通信ネットワークへの4億5000万ユーロ(約590億円)の投資などが含まれる。新たなビッグプレーヤーの参入として注目すべきだろう。

これらの国や地域に対し、日本もいよいよ実証実験に乗り出すらしい。国土交通省の自動運転戦略本部は今年3月公表の「自動運転に向けた今後の国土交通省の取り組み」の中で、「1名の遠隔監視・操作者が複数の車両の担当する自動運転技術の検証や社会の受容性の実証評価」に乗り出す方針を表明した。

2018年度中に、全国の4カ所で始め、住民が利用する際に問題が起きないか検証するのだ。背景には、政府が最寄り駅と自宅や病院、観光施設などとを結ぶ「ラストマイル自動運転」を2020年にも実現する目標を掲げていることがある。


実験対象地域は、市街地、過疎地、観光地を想定、石川県輪島市、福井県永平寺町、沖縄県北谷町で4~6人乗りの小型カートを、茨城県日立市で小型バスを走行させるという。この実証実験は、限定区域を完全に自動で走る「レベル4」で、自動運転としてはレベルの高いものになる。

気掛かりなのは、同実験も、政府のラストマイル自動運転構想も、「人手不足が目立つ」という理由で、地方の過疎地などに重点を置いていることだ。ここで、世界的に普及しているウーバーのライドシェアサービスが日本で普及しなかったのが、自動車メーカーやタクシー業界らの既得権者が政治的な圧力をかけたからとされていることを想起してほしい。

政府も国土交通省もこうした状況を無視できず、実験やラストマイル自動運転構想の対象を過疎地や市街地、観光地に絞り込まざるを得ない事態に陥っているのである。

人口減少や高齢化、人手不足は全国的な問題だ。筆者は、都内でさえ、ドライバー不足に悩むコンビニの配送事業者や一般の運送会社から、「必要な人材を確保できない」という切実な悲鳴を聞くことが珍しくない。

このまま3大都市圏の主要部などで、自動運転技術を含む「CASE」や「MaaS」への対応を先送りし続ければ、消費者が技術革新の恩恵を受けられず、世界的な生活水準の向上という潮流からに取り残されることになりかねない。経済社会の効率化もままならないはずだ。政府や国土交通省は、既得権に過保護すぎる行政と決別すべき時を迎えている。

〜引用終わり〜


〜〜〜〜 〜〜〜〜

この記事の最後は国のリーダーシップのあり方に苦言を呈しています。

その国の真の活力は政府にあるのではなく、民間にあります。その活力をどう引っ張っら出していけるかかが政府の役割です。

親に全ての権限があって子供はそのレールの上にあればうまくいくという明治維新から、高度成長までの時代ではありません。

中国のように国家つまり政府の権限が無茶苦茶強い国はいっときは良くてもやがて崩壊していきます。

政府がなんでも権限をふりかざす発展途上国タイプの開発や私達が目指すものではありません。

中国との対決は社会制度の対決ですから、次世代の自動車開発に限らず、民間活力を爆発的に引き出せる社会を作っていく必要があります。

トランプ大統領は暗殺の危機があります。それはグローバリストという悪魔達の標的だからです。標的はトランプだけではありません。

亨進師(二代王)はトランプ大統領を支持しています。その理由は神様がアメリカと世界を救う使命を彼に与えてあるいはそのために彼を選んでいるからだと言われています。

ではその理由の最も大きな理由が、彼が新世界政府(秩序)N ewWorld Orderを目指すグローバリストに反対しているからです。

そのようなグローバリス達は共産主義者と同様、人類をサタン(悪魔)的支配を目指しているからに他なりません。

私達は共産主義の恐ろしさその悪魔性は知ってていますが、グローバリスト達のそれはよくわかっていませんでした。

なので亨進師は彼らの信じられないような悪魔儀式やそのパーティの開催の事実が判明していることでそれを証明しておられます。

さて、亨進師は世界を支配しようとするグローバリストとの戦いにトランプ大統領はどこまで立ち向かっているのかというと気がかりな点が出てきたことを指摘しておられます。グローバリストとの妥協は彼らとの熾烈な戦いをしている人(亨進師を含めて)に対する裏切りではありますが、現実的な政策を進めるトランプ大統領にとってはやむを得ない部分もあるのかもしれません。

亨進師はトランプ大統領の代わって戦いの先頭に立ってきた人物としてアレックスジョーンズを強く支持しておられました。

私達はそのことを留意して今一度グローバリストの悪魔性とそれとの戦いを振り返ってみる必要があります。

次に紹介するのは彼らの悪魔儀式のパーティが今週アメリカサンフランシスコ郊外にて行われるという記事です。

その方面の記事を上げてきたいつものライブドアニュースからです。

〜引用開始〜

日本や世界や宇宙の動向より


今週、ボヘミアン・グローブにてイルミナティの悪魔儀式が行われます。

* 2018/07/17 9:28配信

今年も再び、サンフランシスコの近くにあるボヘミアングローブで、サイコパスでキチ害で変態で人間もどきの世界をリードする男たちによる乱交パーティ、虐待、殺人、生贄儀式が行われることになります。7月の第3週にこのような不浄でおぞましい犯罪が行われます。想像するだけでも気持ち悪いことです。彼等は悪魔を崇拝し彼等の独裁体制(NWO)を世界に敷けるよう生贄をささげて悪魔のご機嫌を取っているのです。

このような信じられないようなことが秘密の場所で行われているのを世界中の人々が知れば、彼等は世界を支配できなくなるかもしれません。内部告発者によると彼等はみな人間の身体を乗っ取ったレプティリアンだそうです。彼等を指揮しているのは中央銀行を所有する金融エリートです。ただ、金融エリートが支配層のトップにいるのではないと思いますが。。。

このような悪魔崇拝団体が世界を支配している限り、世界の人々は苦しみ、絶対に本当の幸せを手に入れることはできませんね。

7月15日付け 




1977年に開催された懇談会「NWOキャンプ」


人類は、カバラ主義に基づく悪魔カルト教(イルミナティ)から被害を受け続けてきました。

ボヘミアングローブでは毎年7月の第3週にイルミナティのメンバーらが集まり邪悪な儀式が密かに行われています。参加者らはそこでイルミナティの異常なアジェンダに従うことを約束するのです。


今年もその時がやってきました。

内部告発者のキャシー・オブライエンさんは「ここでの私の目的は性的奴隷になることです。そこでメンバーらに仕える性奴隷としての役割を果たすことになります。メンバーらを支配するための効果的な方法は、彼等の異常な性欲を彼等が気づかないうちに増大させることであり、私のような性奴隷は儀式のトラウマに苦しむことになります。」と語っていました。


今週、サンフランシスコから約130km北に行ったところにあるボヘミアングローブで地球を植民地化した悪魔カルト教(イルミナティ)の悪魔儀式が行われます。

2000人以上のメンバーら(政治、ビジネス、文化、軍に関係するエリートら)が、1880年代から行われてきた悪魔儀式(生贄も含む)に参加するためにここにやってきます。


ボヘミアングローブのメンバーと接触したことのあるラスベガスの若い女性(Treee団体)によると、2010年7月21日にメアリー・マグダレン(マグダラのマリア?)の生贄が行われ、翌日にキリストの生贄儀式が行われました。

巨大なフクロウの像(モレク神の象徴であり、モレクとは古代の中東で崇拝された神の名。男性神。元来はモロク(Moloch)という。元来は「王」の意。また、「涙の国の君主」、「母親の涙と子供達の血に塗れた魔王」とも呼ばれており、人身供犠が行われたことで知られる。)の前で人間の体或いは彫像が焼かれました。

2000年7月15日には、アレックス・ジョーンズ氏が儀式を撮影しました。


世界をリードする人々が悪魔カルト教に所属しているだけでも酷いことなのに、ラスベガスの若い女性によると、イルミナティのメンバーらは、人間の体を占有し人間のエネルギーを吸い取っているエイリアンのレプティリアン種なのです。

(彼等がレプティリアン種族であり、乳児を生贄としてフクロウに捧げているなんて信じがたいのですが。。。)


彼等は赤十字社からも飲むための血液を調達しています。彼等は生贄儀式だけでなくセックスの儀式も行います。エリザベス女王は第一級レプティリアンです。これはSFなんかではありません。事実です。


Treee団体は今回、ボヘミアングローブの門の外で発光ローブを身にまといデモをしようとしています。

ラスベガスの若い女性は、一緒に行動しましょうと人々に呼び掛けています。そしてボヘミアングローブに「我々はあなた方の正体を知っている。」というメッセージを送らなければならないと言っています。また、彼女は、「我々人間はレプティリアン種族と対話すべきであり、そうしないと、人間もレプティリアンも絶滅してしまう。」と警告しています。


ボヘミアングローブのメンバーらは悪魔崇拝者であるのは確かです。その証拠として、乳児の生贄儀式のときに炎が乳児の身体を飲み込んだところをアレックス・ジョーンズ氏が撮影しています。

また、彼等が変態である証拠も記録されています。1978年に(男性だけのクラブの)ボヘミアングローブ側は「女性を雇う必要はない。なぜならメンバーらはみなトイレを使わずにグローブの敷地内(野外)で放尿しているが、女性が敷地内にいるようになると彼等はそれをやらなくなってしまうからだ。」と伝えたそうです。

ウォーターゲートの証言を行ったリチャード・ニクソン元大統領はボヘミアングローブについて最悪のホモ集団と呼び激しく嫌悪しながら、「ボヘミアングローブに参加するサンフランシスコの連中はいかがわしい奴らだ。絶対に彼等とは握手をしない。」と語っていたことが録音テープに録音されていました。


1989年に起きたフランクリン・カバーアップ・スキャンダルに関して、ポールAボナッチ氏は「共和党のローレンス・キング党首に私は拉致されボヘミアングローブに連れていかれた。そして他の男たちと性行為を行うよう強要された。」と証言しました。

またキャシー・オブライエンさんによると、彼女は、金融エリートらの脅迫のターゲットとなった特定の政府関係者らの異常な性的欲求を満たすためにボヘミアングローブの各部屋に行き性奴隷としての役割を果たすようプログラミングされました。

ボヘミアングローブは、マインドコントロールによってNWOを導入している連中(主にマフィアのトップや米政府高官)の役に立っているのです。


ボヘミアングローブでは大量の麻薬が使われています。また、マインドコントロールされた奴隷たちはボヘミアングローブの重要な目的を果たすために定期的に虐待を受けています。

ボヘミアングローブは、政界関係者らがリクリエーション(パーティを制限なく楽しむなど)を楽しめるよう安全な場所を提供するという目的があると言われていますが、同時にフリーメーソンの秘密を伝える場所であり、地下の狭い部屋ではメンバーらをマインドコントロールしながら残虐行為を行わせ、NWOを実行させるように仕向けています。

生贄

儀式は巨大なコンクリート製のフクロウの像の前のロシア川と呼ばれる土手のような場所で行われます。


中略


オブライエンさんは黒髪の若い女性が生贄儀式で殺害された時、性奴隷として仕えていた自分も殺害されるだろうと恐怖を感じました。次は自分かもしれないと言う恐怖です。

(中略)

我々は悪魔崇拝者の金融エリートら(中央銀行の所有者)に支配された世界の中で生きています。我々はシオンのエルダーズと呼ばれるプロトコルに従って彼等が作り出したテロ、戦争、金融危機、ウイルス、気候変動、ヘイトスピーチ、ヘイトクライム対策法、他の危機にさらされ続けています。

その目的は我々にNWOの世界統一政府(金融エリートらによる独裁統治)を受けいれさせるためです。

イルミナティの金融エリートの邪道と各国政府の行動が徐々に区別できなくなっています。


ボヘミアングローブの存在により、一国のリーダーが悪魔崇拝者や変質者にすり替えられていることが分かります。このような連中が世界を支配している限り、我々は何も真剣に受け止めることなどできません。

全ての政治キャンペーンが公的資金で行われるべきであり、メディア・カルテルや学者らによる偏向報道や偏った考え方は一掃されるべきであり、金融エリートらやその追従者らはこの世から消え去るべきです。そうならないと、人類はさらに劣化し消滅してしまいます。

〜引用終わり〜

〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜


実はこの記事にもあるようにあのアレックスジョーンズ氏はこのボヘミアン グローブの秘密儀式に潜入してその様子映像に収め、流したことで有名になりました。


(ウィキペディアより引用)

〜引用開始〜

2000年、サンフランシスコ近辺で年に一度、エリート達が集まり奇怪な儀式を行っていることが陰謀論者の間で長年話題になっていた秘密結社ボヘミアン・グローブの内部に潜入し儀式の隠し撮りに初めて成功した。映像では巨大なフクロウの像の前で奇妙な叫び声の音響を流しながら何かを燃やしている場面を映しているが、アレックスによるとフクロウの像はモレクを象徴しており、儀式はモレク崇拝者による子供を焼き殺すカナン式の生贄殺人(人身御供)であるとした。

〜引用終わり〜

〜〜〜〜 〜〜〜〜


全く信じられないような話です。さらにアレックスはこのような世界の悪の根源は巨大金融機関の金融エリートにあると主張しています。

再びウィキペディアより引用です。

〜引用開始〜

アレックスは悪の根源は連邦準備制度と「六つの巨大銀行 (Six Mega-Banks)」(ゴールドマン・サックス、JPモルガン・チェース、バンク・オブ・アメリカ、ウェルズ・ファーゴ、モルガン・スタンレー、シティグループ)であるとして、「Occupy The Fed (連銀を占拠せよ)」運動を立ち上げ、ダラス連邦準備銀行前で抗議デモを行い、私有銀行による独占的な通貨発行権の廃止を訴えた。

〜引用終わり〜

亨進師のスピーチはこういったアレックスジョーンズの指摘と深い関連があります。

私達はそれを基にしてよく理解してトランプ大統領を支援して彼とともに戦い彼が逸脱することなくその戦いを勝ち抜かねばなりません。

ジョージソロスの関係する組織の暗殺リスト一番目はトランプ大統領であり、二番目はアレックスジョーンズ、三番目は文亨進師という情報があります。