ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

韓国聖殿にエールを!韓国を救う橋頭堡となられることを願っています。

韓国聖殿聖徒食口の闘いを二代目王様が賞賛されています。

それは避難勧告が撤回されると言う意味ではないとは思いますが、これから韓国で神様が摂理して行かれるかもしれない足掛かりとなりうるかもしれません。

つまり神様の摂理の起点、橋頭堡を築くことができるかもせれません。

心からエールをお送りしたいと思います。

以前は一日中ブログ村の記事をチェックしていたのですが、最近は少し遅れていることもあります。

少し前に「原理講論を読む」の玉木円四郎さんの記事に韓国聖殿の会長にサタンが入ったとするものがありました。

瞬間的にそれは言い過ぎだろう、大問題になるなと感じました。その後ブログ村の記事にそれに関しては反応がない様子でしたが、「サンクチュアリNEWS」のオケアヌスさんから、韓国聖殿食口からのことの是非の問い合わせがあってその後玉木さんともうひと方に抗議があったという記事が出ていました。

抗議するお気持ちもよくわかりますし、言い方に引っかかるものがあるのは確かです。

そこまで言うのはどうかというのはありますが、その後の玉木さんの記事をを見ても、本音がわかります。

韓国の実情に対する思いが出ています。それを見て私もうなづける点が多いのは偽らざるところです。

もちろん韓国全体の責任を韓国聖殿に負わせているのではないのですが、私には韓国全体の責任を韓国聖殿が背負わねばならない宿命があるという見方をしています。

私も玉木さんを含めて何人ものかたから銃弾を打ち込まれてきました。事実でないことの憶測や本当のことであるかのような決めつけを受けてきました。

その打ち込まれた銃弾を無言てはね返してきたつもりです。

事実でなかったとしても私は私の何らかの堕落性や悪霊や罪を身体から打ち込まれた銃弾にくっつけて弾き飛ばすつもりで甘んじて反論を控えました。

私が、自分自身がサンクチュアリで生き残るとすれば、そのような道であるという自覚があります。

私は韓国聖殿が外的肉体的な意味で生き残れるかどうかよりも内的、心霊的に生き残れるかどうかを注目しています。

十字架の死を覚悟して行くのは成約聖徒の道は生きて死の道を行くことではないでしょうか。

ですから私に対して撃たれた銃弾もいろいろな思いはよぎっても甘受し、感謝しています。

韓国に親北政権ができたことはカインアベルの最後の闘いを迎えてしまいました。

どれほど厳しい辛辣なことばが二代目王様から出されたでしょうか。

私達はアベルから否定され、カインから否定され、否定され続けて甘受して、堕落性を脱ぎます。

もちろん正当な抗議はなされるべきです。

しかし全体を通してみるならば、より大きな罪の代価をサタンに払わせるべきだと思います。

韓国全体をサタンの手に渡す前にサタンから解放される条件を立てることが重要です。

戦争を目の前にして、審判を自覚する私達ですが、サタンは霊的存在です。

戦争がなければ審判はなかったことになるのでしょうか?

ですから二代目王様は血統的問題が起こると話されました。

これから韓国の若者は全体性的に堕落して行くと話されました。

国が滅びる本質は外的な敵が原因ではないというのは歴史家たちの多くが指摘してきたことです。

私達は政治的には敵や味方という立場を明らかにして戦ったりします。

しかし、内的には善悪の闘いはサタンとの戦いであり、その意味ではサタン屈服の戦いです。その意味では敵はサタン以外にありません。

自分自身が、サタンとの戦いを明確にしなければないという意味です。

本当は自分自身が一番知っているのでしょう。もし知らなかったら他人から指摘されて、葛藤することもあるでしょう。

しかし、神かサタンかは自分自身決定する根拠をもち、それに従うしかありません。

そのような霊的強さを持たねば最後の艱難は乗り越えられないと思います。

もし間違えば?それは自分が責任を負うしかない深刻な立場です。

たとえ信仰的に正しい戦いをしていたとしてもさまさまな非難や厳しい環境や事情にさらされることが有ります、

それは何の意味あるのか回答が、自分自身の中の神様との関係性から出されることはあると思います。

日本の行くべき道。蕩減復帰するとすれば。

日本がエバ国であろうとなかろう大した問題ではないと言われる方もおられると思います。

私もそのように考えていた時もありました。

しかし、もし真のお父様が神様の反対を押し切ってでも日本をエバ国家にしようとされていなければ、日本は今日のこのような位置にあることはなかっただろうと思います。

また日本において自分自身含めて多くの若者やまた、壮年婦人たちも復帰されてこなかったでしょう。

再びエバ国家にするということは自分の国だからというより、真のお父様と神様にいかに恩返しをするかと思った時に、真のお父様の愛、神様の愛に報いたいために失敗を蕩減して、その位置に復帰したいと願うのは当然だと思います。

そのような思いは韓国の聖殿聖徒の皆様も同じだろうと思います。

お父様の愛に美を返したいお父様を喜ばせたいと願えば、それは真実な思いですから、不信仰とはなり得ないことだと思います。

またそれは韓国に留まっておられても日本などに避難されても動機の問題は変わらないでしょう。

韓国にとどまることが間違いで日本などに避難することが正しいと単純には考えられないでしょう。

それはそうですが、二代目王様から避難勧告が出されていることは事実です。

最後は私と神様の関係ですから、誰ががこう言ったああい言ったと騒いだりするのはのはどうかなと正直思います。

死を前にした人間は心静かにすべきであろうと思います。

また、蕩減復帰の意味もそのように誰かを非難して全うできるとも思えません。

自分のプライドがどうの運動がどうのではなく、死を前にしても行くと言う人間は何があっても行くものだと理解しています。

避難することが難しいのか、残ることが難しいのかではなく、難しくても、神様の御心、み旨を果たすことを心が悟ってそれを最優先すべきです。

何が一番の神様の御心であると感じるか、確信するかは各自の判断でそれぞれが違っても良いのではないでしょうか?

しかし、家庭はよく話し合って理解しあってでけるだけ一緒であっていだだけたらと思います。

二代目王様の言われるようにこころの動機がよければ結果もよしとなるでしょう。

それを深く静かに反省すれば、見えるものもあるでしょう。

韓国がこうなったのは韓氏オモニと家庭連合幹部の不信仰によるものです。

しかし、彼らがその位置を失ったが故に、それを蕩減できるのは聖殿聖徒が中心の位置、責任の位置にあります。

今それを実体としてすべて背負うのはそれはあまりに過酷な位置であると思います。

ですから、一旦後退作戦をとって立て直す猶予が必要であると私は思います。

韓国は再臨主が生まれた国ですから、もともとの神の祖国です。

日本は蕩減を支払ってあるいは支払う条件を立ててエバ国家になって行きました。

それは恩恵でもあり深刻な責任を伴うものであったので、失敗すれば、共産化される、国が滅ぶ運命でした。韓国はもっとそうなのでしょう。韓国はあまりに可哀想です。

日本は苦しい万物の蕩減条件の時代が長く続きました。

本当は日本国家がしなければならないことを代理して成約聖徒が責任を果たさなければならないと真のお父様から命令されて、歯を食いしばって献金をして、国を支えようと頑張りました。

そうであるが故に、今、安倍首相を立てている日本が正しい選択をしてマクロ的摂理を知らずとも支えて行かねばなりません。

それが神様が立てたトランプ大統領を支えて韓半島と中国を正しい方向に向ける土台とならなければなりません。また苦しいトランプ大統領を支える立場に立つことが必要です。

そして天一国の基盤を作ることが大切です。

日本はお父様の聖和以後、韓国を支える道がなくなりました。

その日本は新しい出発をしなければならないと思います。

日本が再びエバ国家となるために。安倍首相の役割とは。

私は日本が再び摂理的中心国家であるエバ国家に復帰することを願っています。

韓氏オモニ、家庭連合の失敗によって摂理的中心国家であった韓国、日本が外されました。

そして長男格の天使長国家であったアメリカがアダム国となりエバ国がイギリス、天使長国家がロシアとされたということでした。

アメリカとイギリスの深い関係からとくにイギリスがグローバリズムのEUからの離脱決定から理解できるのですが、

このところのロシアとアメリカの関係から天使長国家としてのロシアは厳しい面がありそうな印象です。

日本は家庭連合が、韓氏オモニに追従し、韓国家庭連合の完全な支配を受けている立場から不信仰の罪を背負い、三代王権に反逆している現状がある以上、摂理的中心国家としては外されています。

また、マクロ的な面(外的国家圏の立場)から韓国は朴槿恵前大統領が迷走破綻して親北朝鮮の文在寅新政権の誕生から霊的、実体的に非常に危険な状態となりました。

そこで二代目王様を通して神様からの避難指示が出されました。

日本は内的摂理的には韓国と同罪的な面からエバ国の位置を離れていますが、マクロ的な面(外的国家的立場)からは

親アメリカ、親トランプの安倍首相のイニシアチブにより、内外ともに守られています。

トランプ大統領にとって、またアメリカにとって、日本は最も深い信頼関係に結ばれた同盟関係にあると言っていいかもしれません。

ただ日本は歴史的、伝統的、宗教的に見れば、アメリカとイギリスほどの絆の深さはありません。日米のパートナーシップの原動力となっているのは安全保障と経済的結びつきが強く、それらと主にアメリカから受け継いだ、価値観くらいでしょうか。

つまり完全保障や経済的利益、や政治、外交的メリットから結びついた間柄ですから、それが薄くなれば、当然両国の絆も薄まります。

つい数年までの民主党政権下ではこの日米関係に亀裂が入りました。それを修復して同盟関係を深化し、強固にしてきました。

このように同盟関係といえども絶えず、関係の発展に勤め、努力しなければなりません。

対等なパートナーシップといった言葉が先行してきましたが、日本はその果たすべき役割をよく自覚して主体的に自らの課題として開拓的に取り組むべきです。

その役割の第一は、今後の韓半島をめぐる大変動に対応して、アメリカが納得し、賞賛する成果をあげながら、東アジア全体を安定させる進路を取らねばなりません。

幸いにも安倍首相はプーチンとの関係は良好です。

そこで安倍首相はまず、トランプ大統領ともロシアのプーチン大統領との関係が良いので対北政策でアメリカとの一致する妥協点をさぐり、仲介すべきです。

ロシアは朝鮮半島にある程度の権益が確保されれば良いのです。それほど深入りしたいとは思っていません。

しかし、アメリカの北朝鮮への圧力やさらに厳しい制裁するといった政策に反対したり、あるいは抜け穴としての北朝鮮支援をする可能性があります。

その真意は取引の材料としてのカードにしたいことは明白です。

つまり、アメリカとの妥協点は材料として、ウクライナでの欧米の譲歩、あるいは対ロシア経済制裁の緩和を引き出したいのです。

それに対してロシアに対して警戒の強いイギリスは真っ向反対ですから、イギリスが、エバ国としての役割が果たせるか、また、アメリカに対して窮地に立たせているロシアが摂理的中心国家となりうるのかここは注目です。

トランプ大統領はさまざまなロシアゲートと呼ばれるロシアがらみのスキャンダルにさらされていてこれからますます窮地に立たされます。

そこで、ロシアに借りを作ってでも北朝鮮問題を解決してアメリカ国民の支持を得たいところです。

北朝鮮との交渉は幻想です。北朝鮮自身の言葉を借りれば「アメリカとその追付い勢力は正気を取り戻して(目を覚まして)正しい選択をすべき」なのです。

正気に戻れとは北朝鮮を完全な核保有国として認識してそれなりの扱い(アメリカと対等な位置)を持って交渉に臨んでこいということです。それは近い将来の韓半島の優位的位置すなわち統一を主導する位置を認めることになります。

北朝鮮はその言葉通りほぼ大陸間弾道弾(ICBM)と言えるミサイルを成功させて見せました。(今回の新型中長距離ミサイル発射実験です。)

アメリカ国連大使は北朝鮮は幻想を抱いていると言っていましたが、北朝鮮が核保有国としてアメリカと交渉できるという幻想を抱いているというい意味でしよう。

しかし、金正恩にとっては四月危機と言われたアメリカの強硬姿勢こそが(アメリカの言い分を聞こうとさせる)幻想であり、正気に戻れというところでしょう。

あの程度の圧力で北が交渉に応じることは全くあり得ないことです。

それではアメリカはなぜあの様な四月危機を演出したのかといえば、国内外の世論を引き出す意味かあるとしか考えられません。

とくに中国に対しての圧力としは有効でした。

そこで中国はとりあえずアメリカの要請を受け入れて北朝鮮に圧力をかけました。

これらはしかし、それでも北朝鮮は変わらないという姿勢を際立たせるだけです。

そこで手段は別にして今の北朝鮮の体制が崩壊しない限り、この問題の解決はないことを中国、ロシアと共有すべきです。

さらに入り口としての北朝鮮の核問題の解決だけでなく出口としての韓半島全体の統治のありかたをこの三大国が協議して一致しなければなりません。

出口のない入り口はさらに悪い結果もあり得るからです。

トランプは習近平と近い間柄となりました。

プーチンとは仲良くしようとしましたが、シリア空爆とロシアゲートにより、関係は離れました。さらにギクシャクとなりそうです。

ここは安倍首相がなんとかしなければなりません。

それが、ロシアゲートで窮地に立つトランプ大統領を救い、韓半島問題に決着をつける道筋をつくるという最大の役割が果たせるのです。

その功績は日本を再びエバ国に復帰できる条件となりうるかもせれないと考えています。

マクロ的にはそうですが、ミクロ的な条件については次回以降に触れたいと思います。