ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

日大アメフト部の問題は日大全体の問題?いや日本社会の問題か?

日本大学アメリカンフットボール部の選手による重大な反則行為の騒動が収まる気配がありません。

この日大のアメフト部の監督、コーチに対する非難、批判の嵐はわかるのですが、そもそもなぜそのような人物がなぜ規模において日本最大の大学の実質No.2という位置に立っておれたのかという疑問がぬぐえません。

つまりこの問題がここまで長引いている原因はそこにあるといえると考えます。

たとえば、渦中の内田監督は田中英寿日大理事長の側近中の側近と言われていて、大学職員の実質人事権を握り、一部学部では学部(つまり教授も含めて)人事権まで手中に入れていると言われています。

つまり内田氏は単にアメフト部の監督ではなく、田中英寿理事長以外にはっきりとものを言える人は学内に誰もいないという事情があります。

それが後手後手の対応になり、真実を明らかにできない背景のようです。

本日25日、ようやく大塚吉兵衛「学長」が記者会見を開きましたが、日本大学のNo.1は金と人事を握っている田中英寿理事長であり、その腹心である内田正人人事担当常務理事がNo.2であるという見方が一般的のようです。

それではなぜ内田監督がそのような位置に上がっていけたのでしょうか?

日大アメフト部の卒業生を企業に紹介して多くのOBを社会に送って次第に力を蓄えてきたと言われています。

その結果、内田さんの紹介さえあれば、良い就職先が実現し、ダメ出しされてしまえば将来が憂えてしまうという現実があると言われているのです。

つまり内田正人監督はそのような構図を学内全体でも確立して学内全体に絶大な権力を手に入れていたと言われています。

それではそのアメフト部内で学生からの信頼を得てきたかというとあまり信頼を得ていたという材料が表に出ていません。

むしろマイナスの面がいろいろ取り沙汰されています。

13人のコーチを通して意向が選手に伝えられて、直接監督とは話もほとんどできなかったと言われています。

さらに人格的にもさまざまな疑念がなされている始末です。

全く名門チームのしかも大学という教育機関での出来事かという驚きとそういう事件を起こしてしまうその中心人物が、その位置についてしまっていることに不思議な感じを受けてしまいます。

日大は日本最大の学生数を誇り、各界各層に大きな人材を確保輩出しています。

たとえば日大出身の社長は圧倒的に数が多く、総数では一位と言われています。

言い換えれば、ある面日本の縮図と言える大学であり、知名度やブランド力は第8位程度らしいのですが、目立ってはいないが日本に浸透しているマンモス大学と言えるでしょう。

そこにこの問題の深刻さの一つと考えてしまいます。

今回の問題はおそらくですが監督の意向を具体的にはコーチが反則行為をした選手に伝えて重大な反則をしてしまうほどに追い詰めてしまったということが発端です。

反則選手は正常な自分の判断ができない状態であったと記者会見で話しています。つまり盲目的に指示に従うほかなかったと言っています。

ではなぜアメフト部をはじめとするそのような体育学部出身の選手が推薦されて就職先が安定するのかといえば、企業が、その企業の命令にただ従順に従ってくれる人材を欲している構造があるのではないかということです。

そのような日本的な社会構造の中で内田監督のような人物がそのような位置にのし上がってきた背景であると考えます。

ちょっといい過ぎかもしれませんが、自分の頭で考えることを放棄してしまった選手は都合よく使えると企業なり組織なりが考える傾向がまだまだ幅をきかせているのではないかと憂えるのです。

今回はもちろん完全にルールを逸脱した犯罪性もある事案であり、極端な事件ですが、これまで表には出てこなかったそれに近いことが行われてきたと考えるのが自然であると思います。

まだ完全な検証はできていませんが、今回これだけの問題になったのは、たとえば、SNSによる拡散が挙げられます。

もし、手軽にスマホなどで試合をきちんと録画してすぐさま拡散されることはあまりこれまではなかったことかもしれません。

反則の場面を肉眼でしっかり見ていた人はほとんどいなかったと言われています。

反則を受けた選手も何が起こったかわからなかったと言ってたようですし、誰も気がつかないところで反則は行われてきた節があります。

ですから相手チームの監督も全く見ていなかった、あとで映像を見せられて初めて何があったか知ったと語っていました。

そして、警察関係者はスポーツの試合などでの故意による傷害罪は成立させるのが困難な場合がほとんどであつたと言います。

普通両者の言い分が大幅に食い違って明らかに故意に相手に怪我をさせるような反則であったと証明することが過去には難しかったそうです。

しかし、今回は明らかに犯罪性がはっきりしていて、過去のたくさんの事例とは違うと言われています。

なぜなら、反則の場面が映像にはっきりと捉えられえいて、反則選手の証言、また当該チーム内からの証言も得られる状態にあるので、傷害罪での立件は十分可能であるとされています。


ですが、それよりもそのこと(相手に怪我を負わせようとする事の重大性)すら頭に止めることもない人間を作ってしまう社会的風土を憂えます。

裏社会に通ずるような闇の部分がそれと真逆の面を持つはずのスポーツの場でこのような事件が起きたことは私は個人的には深く考えざるを得ない問題です。

米朝首脳会談中止はいかなる意味があるのか?

米朝首脳会談をトランプ大統領が中止すると発表しましたが、北朝鮮が想定外だったらしくて、下手(したて)に出ているようです。

トランプ大統領とアメリカを甘く見ずきていたということだったということでしょう。

ここに来て決裂を怖れた金正恩はなんとか交渉をひきのぼして、有利な条件で合意できるようにギリギリの折衝が行われているようです。

ここはトランプ大統領は成果を焦らず、突き放して、中止あるいは決裂をチラつかせてさらに追い詰めることが大切です。

北朝鮮が全ての種類の核兵器などの大量破壊を破棄し、それをまだ完全な形での検証を実現し、二度と核兵器などを持つことができないようにさせる(cvid)を北朝鮮に完遂させることは不可能であると見た方が良いでしょう。

ここで何度も触れているようにcvidが現実になれば、北朝鮮は実質無条件降伏と同じです。ですからどのように体制保証するかは全くわからないというのが客観的な現実です。

cvidと体制保証は全く矛盾するのにその両方を主張するかのアメリカの言い方は当然疑念を抱きます。

つまり北朝鮮の国家体制は核兵器が中心となって成り立っているのでそれを完全に封じられては存在することはあり得ない体制です。

そのことの理解がトランプ大統領とその政権にできていないのか理解してないふりをしているだけなのかといえば、北朝鮮は後者だと考えるでしょう。

いずれにせよ、cvidは現時点で受け入れるとことはできません。

体制保証を信じるという方が無理なのです。

せいぜい金正恩とその家族の亡命先の確保ぐらいとしか思えません。

つまり金正恩がたとえ改心して核兵器の完全廃棄を考えたとしても、それこそ体制の崩壊を招くことになるでしょう。

多分彼は北朝鮮で生きていくことはできないと考えます。

独裁者が何でもできるのではなく、それを担いでいる幹部たちの意向に逆らうことはできません。

もし逆らえば、たちまちその位置を失うと考えられます。

これは家庭連合の組織に乗っかっている韓氏オモニの立場と同じです。

家庭連合の幹部たちは韓氏オモニを真実に信じているのではなく、自らの権力の利権、権益のために担ぎ上げていると分析できます。

北朝鮮も同じでしょう。体制の崩壊は幹部たちに向かって国民からの粛清が予想されます。それこそルーマニアのチャウシェスクやリビアのカダフィの二の舞となります。

金正恩だけの身分が保証されるなど、彼らにはありえないことです。

板挟みに立った金正恩は再び習近平に泣きついて、なんとか虚勢をアメリカに対して張りましたが、アメリカにあつさり撥ねられました。

もはや彼はあぜんとしておそらく思考能力すら低下していることでしょう。

たとえば核開発の技術者を全て外国に移住させることをアメリカは要求しました。

これまでどれほど金正恩は彼らを抱擁して特権的地位を与えてきたでしょうか?最高に彼らを評価し、抱きしめ、最高の扱いをして来たのです。どうして追放同然の立場を彼らにできるでしょうか?

それを全て外国に移すなど、まるで奴隷化、人質として差し出せと言われているようなものです。

体制保証などとても信じられず、アメリカによって北朝鮮は解体してさせられてしまうと彼らは考えます。

ですから体制の保証など彼らにとっては絵に描いたよ餅のようなもので全く受け入れられません。少なくとも現時点ではですが。

彼らが米朝首脳会談のための事前の高官協議をボイコットしたのは泣き出す寸前の子供が逃げ出したのと同じです。

まだまだ、これから北朝鮮は追い詰めていくしかありません。その先に何が起こるのかは正確には誰もわかりません。

もはや暴発の可能性は低いとは思いますが、トランプ大統領がきちんと対応すれば、自らの国の内部で崩壊する可能性は充分にあり得ると私は見ています。

安定か?自立か? 天一国を作るには。

実は職場ではなかなか厄介な事柄が存在していてその件が絡んで人が辞めたり、パワハラとかなんとかで中核メンバーが休んだりして、落ち着かない状態になっています。

会社に対して厳しい?要求をしてくる外部の組合に2割近い社員が所属しています。

その組合と会社側の社員との激しいバトルの中で私は従業員のある面、管理的部門の一端を任されているので、両者との付き合いを業務上でもすることがあってな仲良くはさていますが、神経をすり減らしながら、日々を過ごしています。

会社、従業員双方にとってつまり、会社全体をよくしようという建前は共通するものもあるのですが、まあ、レベルの低い問題でも、街宣車、拡声器などを用いたり、噛み付いてくるようなものの言い方をしてくる人達です。

もちろん警察も何度も呼んだりしていますが、簡単に終わらない問題です。

六十人以上が働く職場には現場を回しているのは班長、副班長しかおらず、それ以上の責任者はほぼ不在であり、班長や降りた立場の元主任とかの負担も相当なものがあります。

会社は結構大きな会社ですが、組合は本社との団交を一年以上続けていて、止むを得ず会社も要求に応じている面もあれば(コンプライアンスの面で)応じられないのか長引いている問題もあります。

その組合はあの辻元清美議員も絡んでいる極左グループで、検挙歴のある活動家も多く、家宅捜索やらでネットで見てもある程度有名な団体のようです。

私が入社したときは、大変なところだからという理由からか、取締役の1人が職場にほぼ常駐してしていましたが、組合の分会長としている代表者がいないときにしか顔を見せない様子でした。

ところが、私が入社して半年後には取締役は人事で移動し、元センター長という実質的な業務を仕切る立場の人までも三月末には人事移動となってたまに手伝いに来るくらいになりました。

全くと言っていいほどほぼ責任者は不在状態になったのですが、それでも残った主任や班長などで業務を回しています。

今月2人いた事務員の1人が会社を辞め、来月には組合にいた中堅社員が辞めることになり手続きに入りました。

基本的には人間関係のもつれから、組合に入って会社に圧力をかけるという構造です。

私は新人ながら、職務上もあって両方とのコミニュケーションをとっていますが、前の取締役も含めて、相談やら何やら私のところに話しに来られます。従業員も含めた会社全体にとって良い方向に向かっていくように調整が必要です。


ブログを書くのも成長につながりますが、社会での体験も刺激的で、いろいろ考えさせられます。


もう一つ最近アドバイスに苦しんでいる?のが知り合いの二世からの電話で軽い相談を受けたことです。

ある一流の上場会社で、本人曰く、かなりのホワイトな会社で、有給を使って、去年、今年と海外やら何やら出かけている社業でもかなり有能な社員ですが、最近外資系の世界的企業にヘッドハンティングされているそうです。

そこに移れば、すごい金融関係の勉強をさせてくれるらしくて、(本人曰く、勉強が好きなのです。)

コンサルティング的な提案型営業で ほぼ自立して自由な時間が使える魅力があるそうです。

ある程度二年くらい?で完全歩合制になってやがて、億以上稼ぐ人もいれば、収入ゼロになって辞める人もいる職場だそうです。

こちらの経験やらネット情報も含めて基本、慎重な判断を求めましたが、最終的には自分が、家族とよく相談して腹を決めるしかないのではないかと思います。

食口の家庭ですので、例によって親は貧しく、彼は長男で、自分の家庭だけでなく、親や兄弟まである程度いろいろと、面倒を見なければならない立場です。

しかし、有能でかつ覚悟があれば、社会的に上位層に入り、所有権移転をして、土地を持ち、資産を持ち、天一国の基盤を作らなければなりません。

まあ、私もささやかなお手伝いをしたいとは思いますし、コンサルティングで腕を磨いて、社会の上位層に渉外をしていく立場に立ってほしいと願っています。

親に連絡すると本人は時機を見るけれども近い将来転職して自由を手にしたいと転職する気満々ということでした。

まあどうなるかはわかりませんが。皆さんはどう思いますか?せっかく大変な就職試験をくぐり抜けて、一生ほぼ安泰?なサラリーマン生活を捨てて、自立的職業を選ぶことになりますが。

しかし、安定か、自立か、を問われれば、間違いなく、自立を選ぶのが、サンクチュアリィの基本です。

二代王は安定よりも変化を求めることを進めておられます。

もちろんその方が試練が多いかもしれませんが、それだけより成長できるからです。

そうでなくて、どうして天一国が実現するでしょうか?

世の中の不純な悪魔的支配から逃れるためには、世の中を批判する立場で発信し、それを糺すためには、あらゆる意味で自立していかねばなりません。

しかも上手にやる必要があります。

そのような成功した例をたくさん作りながら、力を合わせて天一国を作らなければなりません。

外に向かって切り開かなければならないのに内向きなまたマイナスなエネルギーの使い方は無意味です。