ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

アボジを救い出さなければなりません。

これからアボジを救い出さなければなりません。

もう少しすると2月13日が来ます。ネットも見ることのない多くの婦人たち、その夫、子供達。祝福の中心家庭の位置も失い、二世も三世と一世となり罪びとが祝福を受けるための蕩減条件、40日聖別期間、三日儀式などが必要となり、36家庭、などの祝福区分もなくなります。


祝福の価値を失うのです。 まさに無知は死の影です。お父様はメシヤとしてありったけの精誠を尽くしてなにを私たちに与えようとされたのでしょうか?

言うまでもなく、原罪の清算である祝福でしょう。その祝福家庭から「祝福の立場」を失わせてしまう決断をしなければならなかったアボジのお心はどれほどおつらいでしようか?

真の お父様は 祝福の価値もほとんどわからなかった者たちを抱きかかえながら、与え、与えて、与え続けてきた、身悶えする生涯を送られてきました。さらに霊界に行かれてからも、最も信ずべき相対であられた韓夫人に完全に裏切れたお気持ちは想像を絶するものです。

家庭連合の幹部達の言いなりとなり、 霊界におられる お父様を求めようとしない「偽の子供達」はある意味仕方ありません。しかしあの世でも、栄光の真の父母として玉座に居られるのではなく、悲嘆の極致で身を震わせて居られるそのお姿がどれほど痛ましいか。


ある人が私に言いました。あたなはどうしてそんなにエネルギーがあるのか?早朝から仕事して、人に会い、大きな声で電話をしまくり、ブログを書いて、と。そう、霊界に居られるアボジを思えば胸があまりに痛く、じっとしておれないのです。アボジを救い出さなければなりません。

2月13日以降も訴え続けなければなりません。家庭連合はやがて崩壊するでしょう。家庭連合から離れていく兄弟姉妹を引き上げ、アボジの前に帰してあげなければなりません。

まさに伝道です。その姿をみてアボジの心が安らぐようにして差し上げなければなりません。それしかないのです。私達にとっては生みの苦しみですが、しかし、またアボジの解放でもあります。そして韓オモニも復帰しなければなりません。少なくともアボジの前に帰って来ていただけるように。

その時まで、忍耐して霊界のアボジと亨進様を支えることができるように精誠を込めましょう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。