ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

真のお父様を死なせてしまった私達。その私達を愛するお父様。愛する

皆様、お久しぶり(^_^)です。1カ月ほどご無沙汰しておりましたが、ようやく日差しも春らしくなり、暖かい日々がやってくる季節となってきました。皆様いかがお過ごしでしょうか?

黒頭巾もサイバーの全国会長となって戸惑いやら、気負いやら、足らない自分との軋轢やら、慣れない運命と格闘しておりました。

着こなしのできない服にぎこちなく気疲れしながら、毎日もがいていましたが、やっと落ち着いてきたかなと感じてきましたので黒頭巾のブログも再開することにしました。


お休みしていたこの1カ月の間にあったことの中でどうしても触れないわけにはいかないのが東日本大震災から5回目の3.11です。

その日のある新聞記事を読みながら、感じたことがありました。震災当時女学生だった孫が、津波から逃れる途中、幼い兄弟の手を引いているうちに祖母とはぐれて助けられなかった話しでした。遺体を前に泣く大好きだった父を見て、本当に辛く、ずっと良心の苛責を感じてきたが、それを乗り越えていく姿を追った記事でした。

読みながら、涙がこぼれましたが、やがてまるで真のお父様のご遺体を前にしている自分があって、慟哭してしまっていました。

真のお父様は私が死なせたと思いました。なぜ、そう思ったのかはよくわかりませんが、クリスチャンが、自分の罪の為、イエスが十字架で血を流したと感じるのと似ているのかもしれません。


もう一つ。先日、大阪大空襲にまつわる逸話を耳にしました。空襲警報は鳴り、住民は近くの防空壕に避難しました。

その時、ある婦人が突然何を思い立ったか皆が唖然とするなか、防空壕から飛び出して行きました。しばらくして、空襲のさなか、婦人は戻ってきました。懐に何かをしっかりと抱え込んでいました。火事場泥棒もよく出ていただけに、懐の物が問われました。

それはそのご婦人の息子のご位牌でした。戦時末期ですので素朴な白木の粗末なものでした。その息子さんは南方の戦地で 爆撃の直撃を受け、木っ端微塵となり、形見すら何一つ残らなかったそうです。二度も息子を爆弾で吹き飛ばされるわけにはいかないと取りに戻ったということです。

御霊の宿るご位牌は息子さんそのものという思いでしょう。

それを聞いて私も二度とお父様を死なせるつまりないがしろに葬り去ってしますことは許されないと思いました。

お父様が文字通り命懸けで復帰されたみ言葉を、死地に赴くとも肌身離さず死守しなければならないのです。



あまりに幼い家庭連合の食口たちよ!

韓氏オモニはお父様のみ言葉を改竄し、お父様の血統を捨て去り、真の血統的心情的、信仰的後継者である享進様とカインの勝利者国進様を追い出しました。



私の周りには神様と真のお父様の役事を実感している証しが一杯あります。神様と真のお父様は私達を本当に愛しておられます。

私達とお父様はどれくらい身近でしょうか?もし真の夫婦のように真の親子のように親密であればお父様を守れなかった自分の足らなさ、申し訳なさにどうしようもなく身悶えするしかないのです。

もちろんお父様の近くに侍っていたはずの大幹部の失敗や不信仰のせいではないか?というのは真実ですが、それで終われば、私自身とお父様の距離が幹部の方々より遠いと自認していることになります。

大幹部の方々がどうであっても責任を取るのは自分でありたいと願うのは過分な欲望でしようか?そうかもしれませんが、原理ではお父様と私達、神様と私達は親子であると習いました。

もちろんカインの子女ですが、アベルの子女と一体化したい近づきたいと死に物狂いになって良いはずです。であれば大幹部の方々の責任を問う以上に自らの自由と責任において前に進むべきと思います。

家庭連合から今後大幹部の方々や責任者の方々がサンクュアリにくることでしょう。しかし、私達3000双の方がお父様に近いのです。私の周りには神様と真のお父様が様々な役事をしてられる証しが多いのです。

しかし、今はあまりに大変なあるいは悲惨な立場からであったり、プライバシーのことから、明かせませんが.そのうちお伝えできるでしょう。これから整理しながら、様々な事柄を綴ります。

まずは自分にとってあまり身近に感じられない事柄からはじめます。

たとえば二代目王様の最近のみ言葉からよくでてくるのが農業に従事し自給自足生活を送ること、或いは自分で家を建てるのに必要な工事ができること、さらには護身術をはじめとする総合格闘技の習得があります。

次回は こういったことの大切さはいろいろ重大な意味があるでしょうが、自分のことに当てはめての応用の方法とか、解釈の仕方を考えてみようかなと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。