ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

自由サンクチュアリー連合会長からの公開質問状へのお答え。。

さて、私に公開質問状と称して様々な誹謗中傷としかおもえない文章を書いておられる方がおられます。私があまりに一方的な公開質問状を無視してきたのは理由があります。

このかたに関しては去年の秋に自由サンクチュアリーの会計とともにわざわざ九州まで赴き、説明をし、様々な疑問にも全てお伝答えしてあったにもかかわらず、それらの説明を全て全く無視して、まるで事実を無視したことを前提としての質問をされておられて、呆れ果てるしかありません。

私が反論しないのは会計責任者とともに同じテーブルで、通帳も領収書も帳簿も全て見せて了解していたはずのことをなぜ、全く事実と異なる前提をもとに質問されるのか全く意図を図りかねるということです。

会計責任者は6500双てあり社会経験も豊富な企業の管理職です。自己紹介もし、会社の名刺もお渡し、ご質問にも丁寧にお答えして直接彼から全ての報告はされていますし、懇談の場は共有しておられます。通帳も出して質問も受け、直接見ておられるわけです。会計がこのように説明し、これからもご質問がありましたら、直接でも結構ですとお伝えしております。

そのような方いることがわかっていて全ての質問に答えていて、なおかつそれからどんな質問でも答える体制にありながら、まずはこちらに質問することもなく、確認をすることもなく、一方的にいきなり公開質問状を出すのか全く理解できません。

santensipさん、なぜ明らかにその懇談の場でのやり取りを全く無視してこのような誹謗中傷ともいうべき質問を公開されるのか、真意を明確にしてください。

会計本人からも報告を受け、帳簿、領収書などにも全て目を通してもらいました。さらに透明化を実現するために、先輩家庭の信頼厚いご夫婦に昨年後期より会計監査をお願いして作業が進められています。そのことの説明もしています。

会計を一般公開しないのはきちんとにした理由があります。それは日本サンクチュアリでも同じではずです。公開はしていませんが、献金していただいている、会員の質問にはお答えしています。真摯なご質問には全てできるだけ資料付きで直接お目にかかり、透明化の徹底を図っております。

また、公開質問状を出されたsantensipさんは自由サンクチュアリー連合から脱退されて森一郎さんのところに参加されるということなので、もはや会員とも言えず、なにか言われるのは自由ですが、真摯な対応を求めておられるのか真意を汲み取るのが難しいのが現実です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。