ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

韓国聖殿の皆様!特に日本婦人の皆様!お伝えしたいことがあります。

韓国SC(聖殿)の皆様!

韓国は6・25以来の最大の危機を迎えました。二代目王様からも厳しいみ言葉がありました。


しかし、95%までダメだったとしてもあとそうです!5%が残っています。

つい1ヶ月前まではローソクデモにやられてきましたが今や連日太極旗デモが盛り返して凌ぐ勢いです。

皆様SCのラリーの参加で勢いの中心核ができてデモ全体を通してエネルギーが溢れ出てきました。あともう少しです。ここを乗り越えてあと二週間死に物狂いでやってくださるようお願いします。日本人である私からいうのもおかしいのですが、お許しください。

おそらく三月十日前後に朴槿恵大統領弾劾裁判の判断の結果が出ます。

太極旗デモの様子は日本でもマスコミに取り上げられ始めました。

ご存知のように韓国の裁判はいわゆる「 国民情緒法 」にしばられると言われるほど世論に左右されます。

朴大統領が弾劾裁判により罷免されることはほとんど既成事実のようにされてきましたが、ここにきてわからなくなりました。

果たして大統領を罷免できるほどの犯罪としての明白な証拠がどこまであるのか、当初から疑問視されてきましたが、反日が当たり前の世論のごとく、朴大統領罷免が当然の空気ができていました。



ところが、日本のテレビに映っていたのは堂々と街角やデモのインタビューで余裕ある様子で朴大統領は何も悪くない、やめる必要は全くないというような意見が語られ始めたのです。

道は開かれ始めたと確信しています。おそらく三月十日に判断が出されるとすれば、その数日前には決まっているでしょうから、この二月末から三月月初に全てが決まります。

ここで朴大統領が罷免されれば、軍事クーデタでも起きない限り、3ヶ月以内すなわち六月には大統領選挙が行われて、保守派は分裂し、しかも保守派は大統領罷免を前提にした選挙立候補ができなかったので相当出遅れています。有力な候補者の名前も出ていません。

現時点では圧倒的野党有利です。ここにきて北朝鮮による新型中長距離ミサイルの発射や金正男氏暗殺事件があったりで保守派有利な条件もでてきましたが、今の若い世代はあまり反応しません。

選挙となれば勝ち目はまずありません。

弾劾棄却となり朴大統領が復帰すれば、中国、北の策動、謀略を身をもって体験したはずなので、トランプのアメリカにしがみつくに違いありません。

今デモでもなんでもしない手はありません!

しかも今大統領を救うデモを推進することによりギリギリ大統領復職への貢献は大きいはずで、その後に大きな影響を持てるでしょう。

つまりペンシルベニアのミクロの摂理が、アメリカ大統領選挙、世界と天宙の摂理というマクロの摂理につながったようにこの戦いが韓国を救いだし、東アジア全体まで危機から脱出させるものとなるでしょう!

確かにデモの先頭に立てば危険かもしれません。

もし中国主導による統一がなされるような事態になれば左派に、全て録画されていると見なければなりませんし、どのような将来となるかわかりません。

しかし、それでもやるべきではないですか?もちろん自由な選択です。

主の祖国韓国がサタンの共産主義の中国の属国となってよいのでしょうか?そんなはずはありません。

あたかもやがて100回目に近づく1919年三月一日が迫ってきて、あの愛国者の叫びが聞こえるようです。あの柳寛順は死を恐れず、両親と民族のために独立万歳を叫んだのではないですか?

「韓国の独立は一日でできます。私と同じように韓国全土の三千万の同胞が独立万歳を叫べば一日で独立します。」死を前にしてもそう叫んだのではないですか?

日本婦人の皆様!韓国が摂理国家であろうとなかろうと皆様は主の祖国に嫁がれたのではありませんか?

そのことにいささかの変わりはありません。

家庭連合がどうであろうと、どのように不信しようと神様には皆様がおられるではありませんか!

最後まで信じて最後まで耐えて、最後まで執念を持ってくださるようお願いします。

私は今皆様と皆様の家族と皆様の民族と日本も含めたアジア全体のため、涙を流しながら書いています。

どうか何ものをもため恐れず、会長を中心に勇気を持って進んでくださるようお願いします。



日本に脱出されるのは弾劾の結果、あるいは大統領選挙のあとでも良いのではないでしょうか?

二代目王様はあくまでも自由と責任を前提として語られておられます。

かくいう私も義理の親族に早めの日本脱出を勧めてきました。しかし、家族、親族を捨てては行けないといわれています。

皆様のことを日本で祈っています。どうか主の祖国の為、最後まで力を振り絞ってその身をお捧げください。

必ず、後孫の生きる道が開かれると確信しています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。