ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

NWO(グローバリストが作ろうとする世界政府)は世界の悪魔支配を完成するための手段。そこから抜け出すことは創造主が人類に与えた課題である。

二代王文 亨進師はグローバリスト(イルミナティ、世界政府NWO.影の政府、ディープステート、など)がサタン勢力下にあることをその所業から語っておられます。特に小児性愛犯罪などの悪魔崇拝儀式を行っています。

日本では行われている話があまりないのですが、欧米では深刻な事態が進行しています。

日本の児童虐待も大変ですが、それをさらに深刻化したものですし、さらに悪魔化したものと言えます。


次にあげるのはライブドアニュースの「日本と世界と宇宙の動向」の記事です。

長文ですが、生々しい証言などの悲惨なそしておぞましい現実がわかるものです。


〜引用開始〜

世界で起きている小児性愛犯罪、戦争、操作、策略は全て悪魔崇拝儀礼によるもの

* 2018/06/16 10:09

すでにお分かりかと思いますが。。。この世界を支配しているのは悪魔崇拝者の集団(イルミナティ、NWOエリート、影の政府、ディープステート、世界的な機関や団体)であり、彼らを支配しているのは悪魔です。

地球は何千年も前から悪魔(堕天使、邪悪なエイリアン、異次元の敵対する勢力)に乗っ取られ支配されています。神の手が届かないほど地球は闇の中にすっぽり入ってしまっています。人類は彼らが作り出したマトリックスの中に閉じ込められ騙され続けながら生きています。


しかし今でも多くの人々がそのことに気づいていません。そのことに気づいたなら、悪魔に憑依され操られないないように注意できるはずです。NWOは地球の悪魔支配を完成するための手段です。

一体、いつになったら地球は悪魔支配から解放されるのでしょうねえ。

彼らが作り出したマトリックスから人類がいかに抜け出すかが創造主が人類に与えた課題なのではないでしょうか。


http://beforeitsnews.com/alternative/2018/06/the-satanic-ritual-abuse-is-a-stark-reality-which-results-in-all-the-pedophilia-war-manipulation-and-deception-we-see-around-us-2-3619840.html

(概要)

6月15日付け


イルミナティの血統を引く家族、軍人家族、マインドコントロールと関係のある家族、NWOで世界を操っている者たちと関係のある家族の子供たちの多くが悪魔崇拝儀礼虐待(SRA)を受けています。

SRA(悪魔崇拝儀礼虐待)は何世代にもわたりこのような家族の中で引き継がれてきました。


心理学者らはずいぶん前から加害者も被害者であることを知っていました。子供たちに暴力や虐待を行っている者たちもまた過去に味わった恐怖の体験で深い傷を負っていたりトラウマから立ち直れずに苦しんでいます。

SRAは、家族の中だけでなく拉致した子供たちに対しても行われます。被害者の子供たちは虐待のトラウマに苦しみながら彼らの奴隷となっていきます。 


このような悲惨で恐ろしい事実があることを理解すれば、なぜ世界的な陰謀やNWOが存在するのかを理解できます。


世界を操っているNWOのエリートの殆どが民族、宗教、家族の繋がりを持っているというわけではなく、悪魔崇拝カルト教の一員と言う共通点があります。


彼らは、悪魔儀式で闇の勢力(悪魔や悪霊)を誘い出し、悪魔や悪霊に自分たちの思考や行動をコントロールさせ、世界中で小児性愛犯罪、戦争、陰謀、策略などの悪事を行っているのです。



テッド・ガンダーソン氏(元FBI長官、2011年に死去)は彼が目にしたSRAについて暴露していました。


ガンダーソン氏は数十年間の独自調査を行った結果、世界を支配している集団とは、世界的なネットワークを通して、組織的に世界の子供たちの人身売買(子供たちを奴隷として売ったり、政治家たちの性的虐待のおもちゃとして子供たちを飛行機に乗せてワシントンDCに連れていく。)や小児性愛犯罪を行っている組織を運営している悪魔崇拝カルト教であると言う結論に達しました。

ガンダーソン氏によると、アメリカ国内で年間10万人以上の子供たちが行方不明になっています。FBIは彼らと共謀しその事実を隠蔽しています。悪魔崇拝カルト教のメンバーには、多くの専門的職業(判事、スポーツマン、警察、セレブ、政治家、法律家、他)に従事する人たちが含まれます。


ガンダーソン氏は、ゴミの中に見つけた動物の骨や悪魔のシンボルなど、SRAや生贄の実態を証明する証拠を提示しました。

悪魔崇拝者は、虐殺した犠牲者の血液(死亡時に情動神経に影響を及ぼす物質が犠牲者の血液内に含まれる)を飲んで悪魔的にハイの状態になります。


元悪魔崇拝者のザチャーリ・キング氏によると、悪魔崇拝者=黒魔術師は幼児を強姦するのが好きでたまらないのです。なぜなら、儀式的な強姦を行うことで彼らは幼児の若いエネルギーを吸い取ることができるからです。


キャシー・オブライエンさんなど、悪魔崇拝者らのマインドコントロールの被害者らは、勇敢にも、自分たちがどのような虐待を受けてきたかを公の場で暴露しています。

例えば、彼らは、悪魔崇拝者、心理戦のスペシャリスト、NSAのマイケル・アキノによって膣を切断されるなどの虐待を受けてきました。

このようなおぞましい犯罪を止めさせるには、現実にアメリカや世界中でこのような組織的な陰謀が行われていると言う事実を認識しなければなりません。


SRAやマインドコントロールの被害に苦しみ続けた多くの被害者(生存者:ブライス・テイラーさん、シスコ・ウィーラーさん、アリゾナ・ウィルダーさん、サバリ&キャシー・オブライエンさんなど)が公の場でその実態を暴露しています。

驚くべきことに、 彼らはあれほど恐ろしい体験をしてきたのに、トラウマから抜け出ることができたのです。

被害者の一人のキャシー・コリンさんは強烈なトラウマになるような恐ろしい体験(幼少時代、プロジェクト・モナーク、CIAのMKウルトラのマインドコントロール・プログラムに利用されり、ボヘミアングローブのような場所に連れて行かれた。)をしてきたのにもかかわらず正常な精神状態に回復できたのです。


コリンさんは、3歳の時に実の父親にジャガイモを入れる袋に押し込められ、悪魔儀式の会場へ連れて行かれました。会場で彼女は強制的に人間の血を飲まされ、成人の男女から性的暴行を受け、その後、売春婦のように扱われ性的虐待を受けました。また彼女は麻薬を投与されたり、電気ショックやストロボライトで実験されました。

さらに、彼女が5歳の時には、ボヘミアングローブに連れて行かれ、裸にされた後、石の祭壇にロープで縛りつけられました。 その後、3人のフードをかぶった者たちが彼女を囲み、彼女の魂を抜き取ろうとしましたが、彼らは彼女を壊すことができなかったのです。さらに、彼女は子供の生贄儀式の様子を無理やり見せられました。

また、彼女や他の少女は、ボヘミアングローブの森の中でかくれんぼをさせられた後、野生動物のように銃を持った者たちに狩りをされて追われました。

彼女が最終的にマインドコントロールや虐待から逃げ出すことができたのは彼女の実の父親が死んだ時でした。


幼少期から悲惨な試練の連続だったコリンさんはどのようにしてトラウマから立ち直ることができたのでしょうか。

彼女はある時点で自分を被害者として考え行動してきたことに気が付きました。もちろんそうなるのも当然のことですが、我々は宇宙に(我々の思いを)発信した後に、その思いをこの世界で具現化しているのです。

我々は大抵、宇宙に発信した思いと似た世界をここに再現しています。自分を被害者として見る理由としては、顕在意識ではそう思いたくないのに、潜在意識の中でトラウマを再現しているからです。

なぜなら、トラウマの被害者はトラウマやドラマを体験することでセロトニンを分泌するということを学びました。

コリンさんの場合、トラウマから立ち直る方法は、トラウマを受けずにどのようにセロトニンを分泌するかを知ることです。彼女の場合、夕焼けやチョウチョが彼女を治癒してくれました。


トラウマから立ち直るのに、特別な場所に行く必要はないとコリンさんは主張しています。そこにはゴールもなく一次的でもないのです。

進化は周期的なものです。治癒を急ぐのではなく、次々に思い出される抑圧された記憶にどう対処すればよいのかを学ぶべきなのです。

コリンさんの場合、その時その時の感情に打ち勝ち、古い記憶を思い出した時、うまく反応できるようになることです。また、苦痛を友達にして、苦痛が自分に何を教えてくれているのかを理解することです。

辛い体験を思い出すのを拒否し続けるとトラウマはいつまでも離れません。

また治癒にはユーモアも重要です。癌などの重病を患っても笑い続けることで病気を克服できた人もいます。

また、自分の身体に耳を傾けることです。身体は心が感じ取る前に苦痛や恐怖を感じているのです。身体に耳を傾けることで身体は心にどこが辛いのかを教えてくれます。


コリンさん曰く、自分の行動に責任を持てば変化が起きます。

立ち直るには許しが必要です。何の判定も下さずに、第三者的な目で冷静に自分の過去を思い出すことです。

コリンさんはこのようなことを繰り返しながら何年か経った後に、虐待(苦難)は神からの贈り物としてとらえることができ、トラウマから完全に立ち直ることができました。

そのように思うことで彼女は成長できたからです。

彼女は本当にパワフルで素晴らしい女性です。


NWOの陰謀は我々人間が成長するために与えられた試練なのです。我々はそれに打ち勝つ必要があります。


以下省略

〜引用終わり〜

小児性愛や悪魔儀式や人身売買、生贄による殺人などどこかの発展途上国の犯罪集団の話のように思ってきたのです。

それが欧米のトップエリートのさらに上層部に蔓延っているのは信じがたいことです。

しかし、どうやら事実のようです。

私たちはある面アメリカやヨーロッパに憧れたりしますが、とんでもない闇があり、その闇の主人公たちがそのおぞましい悪魔的犯罪から悪魔的エネルギーを受けて目指していることは何か。

私たちはこの文の作者が言うようにトラウマに打ち勝ち、成長の為与えられた試練に打ち克たなければなりません。


そのドロドロの世界を変えようと戦っているのが、ミクロとマクロの中心者です。

トランプ大統領を支持する大きな理由です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。