ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

大変な境遇にある方、試練の中にあって苦悶されている方、ご連絡ください。

またある家庭が崩壊の危機にあります。妻が家庭連合に残り、夫の両親はサンクチュアリに導かれました。間に立つ夫は両親からサンクチュアリーに行くいきさつと理由の説明を受けある程度納得しました。

しかし、妻はあなたの両親がそのような(もっともらしい)理由でサンクチュアリーに行ったはずはない。別の理由すなわち家庭連合に恨みを抱いて出て行ったと強く主張して譲らない。根拠もないのに。

おそらく妻は家庭連合側からそのような説明されてそのまま真に受けたようです。

全くもっともらしい嘘をつきます。

私の時もそうでした。私が家庭連合を脱会した時、所属教会長が、私に近いある壮年に「為貞さんは徳野会長に恨みを抱いている。彼が教会長をしているとき、徳野さんから馘にされて恨んでいるのだ。徳野さんが彼に会って恨みを解いてあげれば帰ってくるかもしれない」と語りました。その壮年はびっくりしてそんなことがあったんですか?と私に連絡してくれました。

私が教会長をしていたのは20年以上前の話です。私は徳野会長に会ったこともなくその頃徳野さんはまだ原研にいたと思います。全くと言っていいほど徳野さんとの接点はありません。

彼らは目的の為ならどんな嘘も平気でつきます。全くもっともらしい嘘です。そのような嘘がいかにサタン的か知る由もなく、一般の家庭連合のメンバーは踊らされています。

また、この頃のサンクチュアリーのブログ村を見て感じることがあります。

私は抽象的なあるいは理論的な話は去年の8月以来これまでもかなりしましたが、実体的な戦いを今はしています。つまり実体を求めています。


そこは多くの場合血みどろ的な戦いです。しかしその実体的な戦いでサタンが分立されて神様の側に導かれるのです。家庭連合は全くのデタラメもふくめてお花畑のような観念的な話で一般シックを誤魔化します。お付き合いするのもほどほとがいいように思います。観念的な話、理論的な話が悪い訳ではありません。

しかし、今何をしなければならはないかの危機意識をもう少し感じて欲しいというのが私の実感です。家庭連合からサンクチュアリーに移ったからと言ってそれで問題が解決されるわけではありません。


それで黒頭巾がブログ村になかなか向かえない理由の一つでした。プライバシーの問題からあまり触れられませんが、サタン分立の成果が着実に出てきました。そしてその成果を皆様と分かち合いたいという希望を持っていいます。

苦しんでおられる方ご連絡ください。先日も東北から電話いただいて苦しみを乗り越えていこうと手掛かりをもたれました。様々な角度から新たな出発をしようと信仰の原点を求めておられます。

家庭連合からの猛烈なアプローチに、それは結局サタンからの試練ですが、晒されている家庭もいっぱいあります。大変な方々。私にご連絡ください。


サイバーサンクチュアリー人協会会長、南大阪教会長

連絡先

怪傑黒頭巾こと為貞俊郎(ためさだとしお)

電話番号 08091280703

メルアド tamesada.t.0426@ezweb.ne.jp

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。