ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

安倍政権継続の流れ、さらに次の戦いに準備せよ。

選挙戦に突入して序盤戦の戦いから選挙の予想が、新聞各紙から発表されました。

全く政治とは一寸先は闇です。小池人気にあやかろうとして、民進党から、希望の党に乗り移ろうとする多くの旧民進党議員が討ち死にしそうです。

当初は政権選択選挙と呼びかけて、過半数の議席を獲得する意向で、なんとか過半数の候補者の名前を揃えましたが、本気で当選しようとする候補者は二百人いるかどうかという現実です。

さらにそのうち当選が予想されるのは半分に満たない結果となるというのが、新聞各紙の世論調査をもとにする予想です。

現在での予想をまとめると

自民党は改選議席に達しないまでも、261の絶対安定多数を単独で超えそうな勢いであり、与党の公明党も35議席程度を確保しそうです。

与党で300議席に迫り、さらに超えそうな感じの予想になっています。

すると与党全体で465議席の全議席の三分のニである310議席に届く気配が出てきました。

これで選挙後、広い意味で改憲を許容する勢力は自民党、日本維新の会、公明党、希望の党ですから、八割を超える勢力となります。

選挙後、多少自民党の議席が減ったとしても拳法改正の機運がたかまり、現実味が出てきました。

各紙の情報をもとに現状での予想議席をしてみると、

自民党 ー 250〜290

公明党 ー 30〜35

希望の党 ー 55〜75

立憲民主党 ー 35〜45

共産党 ー 15〜20

日本維新の会 ー 10〜15

その他.無所属 ー25〜35

以前予測したところから大幅に希望の党が失速したようです。120プラスマイナス30と予測していましたから半分くらい減っています。減った分60くらいのうち20くらいが自民党に流れ、40くらいが、新しくできた立憲民主党に流れたようです。

まだ、選挙戦は始まったばかりなので、あと10日程の戦いでまだ流動的ですが、政権交代も安倍首相の退陣も起きそうもなく、選挙後は安倍内閣は信念を持って内外の政局に対応することが可能でしょう。

国民も日本新党の時の混乱や、民主党政権下の失敗を糧として、希望の党の政策の薄っぺらなところや、ムードに流されることの懸念を感じたのが、この流れになっています。

また経済も少しづつではあっても好転しているので、与党への風向きにプラスになっています。今日の日経平均株価は21年ぶりの21000円台を回復しました。

ですが、何と言っても切迫する北朝鮮問題をはじめとする国際問題、安全保障の問題がある中で、安倍首相のこれまでの実績が評価されているし、対米関係その他の手腕がこれからも発揮されることが期待されていることに他ならないと思います。

しかし、これまでの経緯をみても、一寸先は闇ですから、最後まで気を緩めることはできません。

細心の注意が必要です。誰かの失敗(政権幹部や、大臣などの失言やらスキャンダル)があれば一気に流れが傾くこともあります。

トランプ大統領を祈るとともに、日本と韓国のために祈らなければならないと思います。

韓国もますます厳しい状況です。


これから韓国はもちろんですが、日本も厳しい状況が待ち受けています。国民は安倍首相を再び選択することになりそうですが、文在寅の策謀により、韓国が北朝鮮に飲み込まれ、在韓米軍の撤退が現実味を帯びる可能性が出てきました。

橋下徹氏も日本の核武装を議論すべき時が来たと言っていますが、そのような深刻な状況が迫っています。

左派の頭目は枝野、自民党分裂を仕掛ける小池、危ない石破。

ついに野党第1党の民進党が分裂しました。左派リベラルといった人々は希望の党からの公認を諦めて無所属もしくは左派の新たな政党を立ち上げました。護憲政党「立憲民主党」です。代表は枝野全民進党代表代行です。

これで、与党(自民党、公明党、日本のこころ)、二大政党制を目指す保守系野党(希望の党、日本維新の会、など)、第三極を目指す左派系野党(共産党、立憲民主党、社民党)と三つの陣営に分かれます。これで有権者は選択が主に二つか三つできるわけです。


TBS NEWS 10月2日夕方のニュースより。


〜引用開始〜


枝野氏「立憲民主党」結成、「希望」は210人超擁立へ

 衆議院選挙を前に、また1つ新党が誕生します。民進党の枝野代表代行が記者会見を行いました。

 「私は日本の国民の生活の安心、立憲主義、民主主義、自由な社会、それをしっかりと守っていくために、立憲民主党を結成することを決意を致しました」(民進党 枝野幸男 代表代行)



 新党の名前は「立憲民主党」。小池都知事が率いる「希望の党」への合流に否定的な、いわゆるリベラル系の前議員らが中心メンバーとなる見通しです。


 「安倍政権の暴走に歯止めをかける。安倍政権をストップさせる。希望の党の理念や政策というものは、私たちが積み重ねてきた、私たちの目指す理念や政策の方向性とは異なるものだと判断をせざるを得ません」(民進党 枝野幸男 代表代行)


 一方、小池氏も総選挙に向けた準備を着々と進めています。


 「今、最終の調整に入っているところであります。政治生命に関わる話そのものなので、今、最終的にチェックをしながら、場合によっては日にち越える可能性があります」(希望の党代表 小池百合子 東京都知事)


 希望の党は3日にも衆議院選挙へ向けた一次公認を発表する方針で、ギリギリの調整を行っています。関係者によりますと、小選挙区の公認候補として少なくとも210人を擁立する方向で調整しています。そのうち、希望の党の独自候補がおよそ80人、民進党からの合流組がおよそ130人だということです。


 「“安保法制に賛成しないとダメ”というなら話が全然違う。不満を抑える手立てが必要だ」(民進党 ベテラン議員)


 民進党と希望の党の事実上の合流をめぐっては、小池氏が安全保障政策などが一致しない民進党出身者を「排除する」と表明。いわゆるリベラル系の前議員を中心に民進党内に反発が広がっています。


 2日、民主党時代に政権を担った「大物」の会見が相次ぎました。民主党の元代表で副総理や外務大臣を歴任した岡田克也氏。


 「保守二党では国民に選択の余地がない。したがって目指す姿が違う。そのほか、小池さんの発言を聞いていて、政策面でもかなり違うなと」(民進党 岡田克也 元代表)


 岡田氏は希望の党にも枝野氏の新党にも参加せず、無所属で立候補する意向を表明しました。また、財務大臣や国対委員長を務めた安住淳氏も記者会見を行いました。


 「新しい党としてのイメージを出すためには、野田さんや私や岡田さんのような、ある種どこを歩いていても“あ 民主党だ”と言われるような人たちは、少し遠慮した方がいいんじゃないかと」(民進党 安住 淳 元財務相)


 安住氏も新党に参加せず、無所属で出馬する方針だということです。


 一方、枝野代表代行は民進党最大の支持団体、連合を訪問しました。


 「現在の政治状況、直接具体的にご報告を申し上げまして、それについての私の受け止め、考え方について方向性について、お話をさせていただいた」(民進党 枝野幸男 代表代行)


 「こういう事態になったことについての謝罪。そして、引き続き支援をお願いしたいという話があった」(連合幹部)


 枝野氏が結党する新党には、長妻選対委員長、赤松元衆院副議長、近藤副代表らが参加を検討しています。


 一方、新党を迎え撃つ形の自民党と公明党。トップ2人が並んで街頭演説を行いました。


 「いま残念ながらテレビをつけると、“当選するためにどういう枠組みを作るか”そんな話ばかりであります」(安倍首相)


 また、公明党の山口代表は「相手の姿が見えない」と、小池知事を挑発するかのような演説を行いました。


 「衆議院は政権を争う選挙であります。相手の姿がよく見えません。民進党はやや混乱している感じがします。そして、新しく生まれた希望の党も同様であります」(公明党 山口那津男 代表)


 麻生副総理は、もっとはっきりと「衆院選で出馬すべきだ」と、小池氏に要求しました。


 「ぜひ出てきていただきたい。そして、堂々と私どもと国会の場で論戦をしていただき、それが公党として責任ある政権政党の立場だと私どもはそう思います」(自民党 麻生太郎 副総理)


 なぜ、自民党、公明党は小池氏に出馬を要求するのでしょうか。背景には、「都政軽視」という批判で、小池新党の勢いを止められるとの思惑も見え隠れします。


 「『もし総理を狙えるとなったら、都知事は辞めちゃうの?』『それこそ無責任じゃない』」(自民党 幹部)


 一方で、別の自民党幹部は「小池氏は出馬しない」と予測した上で、小池氏の本当の狙いは2年後に国会の勢力図を変えることだと解説します。


 「『仮に今、小池氏らが政権をとった場合でも、参議院は自民党が単独過半数を確保している』」(自民党 幹部)


 “政権を獲得しても衆院と参院がねじれていれば展望は開けない”。小池氏は2年後の参議院選挙を見据え、今回は出馬を見送るだろうという見立てです。なお、小池氏は先月、「今の国会が変わらない限り、都政でしっかり頑張る」と強調しています。


 小池氏は次にどんな一手を打ってくるのか。希望の党を中心に生き残りをかけた与野党の攻防が早くも熱を帯びています。


〜引用おわり〜



希望の党の公認候補者数はこの記事によると210ということのようです。

しかし、小池代表はあくまでも過半数の233を目指し、政権選択選挙という言葉もありましたが、そこまではいかないのかもしれません。

いうなれば、小池さんの夢が政権奪取ということですが、チャンスではあるが、どうも届かないかもしれない客観的情勢なのでしょう。

しかし、なんとしてもそこをめざしているのだと言いたいようです。

当初から200人が限界かと言われていました。

主に希望の党からの候補者が100人、民進党からの候補者が100人を選ぶというところから、いや何としても民進党からは150人は入れてくれ、と民進党の玄葉光一郎元外相は迫っていたが、若狭衆議院議員も譲らず、結局20人ずつ減らす案で収まったようです。

これで、小池さんは総選挙に打って出るのかどうか世論次第ということになりそうですが難しいのではないかと思います。

小池さんは日本新党出身者ですが、この時は自民党から分裂した小沢さんのグループや社会党などを引き入れて細川政権を樹立しました。

日本新党で小池さんは細川党首に続く副党首になっています。

この時の体験から、夢を追っているようですが、当時とは状況が違って、自民党が簡単に割れる事は考えにくいのですが、何か仕掛けを考えているのでしょう。

たとえば、反安倍カラーの今完全に干されているが人気の高い石破茂元防衛相あたりをターゲットにしているでしょう。


盟友の野田聖子さんにもラブコールをしているかもしれません。

自民党の過半数のがもしあれば、自らはと知事のままでもこういった人たちを引き込んで石破茂総理大臣を狙うかの可能性もあります。

前回の総裁選挙では小池さんは石破茂を支持しました。

おそらく安倍政権が続けば自分の目がないと感じたのでしょう。

ところが、首相の秘蔵っ子の稲田前防衛相が失墜して芽が出てきました。

石破さんの次を狙う戦術もありと踏んでいる事でしょう。

細川さんも自分は熊本県知事のままで政治改革のため日本新党を立ち上げましが、国政政党のトップで選挙をするには自ら総選挙に出ざるを得なくなりました。

しかし、小池都知事はなって一年の都知事ですし、豊洲問題、オリンピックと課題山積で辞める事はできない状況です。

もしやめて選挙に出れば、無責任だとしてそれこそ集中砲火を浴びる事でしょう。

小池さんが苦しいと思っている自民党幹部は多いようですが、彼女の政治キャリアを甘く見ない方がいいでしょう。必ず仕掛けてくると思います。それだけの政治勘と巧みな遊泳術を身につけています。

それにしても複雑です。これまでの経緯から現状の流れを押さえておきましょう。

産経系のZAKZAKからの引用です。


〜引用開始〜


前原代表、絶体絶命のピンチ 小池氏が左派に「刺客」で合流構想暗礁、辻氏ら希望決別宣言 (1/2ページ)

2017.10.2


* 野党再編をめぐる相関図

 民進党の前原誠司代表が絶体絶命のピンチに陥っている。「誰かを排除しない」と宣言して新党「希望の党」との合流交渉に入った直後、希望の党代表の小池百合子東京都知事にリベラル派を「選別」するどころか「刺客」を差し向けられ、民進党内の不満が噴出。枝野幸男代表代行らはリベラル派新党の結成に向けて動き出した。与党幹部は「選挙に勝つためだけの醜い抗争」とほくそ笑んでいる。


 「あれだけ『みんなで新しい器で民進党の理念を実現しよう』と言ったのに、前提が違うじゃないか。時間切れで対応できなくなる前に会って話が聞きたい」

 枝野氏は1日朝、前原氏に電話をかけ、衆院選での対応を決めるため、希望の党との候補者調整の状況を説明するよう迫った。しかし、前原氏は「とにかく交渉を頑張っている。夕方まで待ってくれ」と言葉を濁すだけで終わった。

□   □

 民進党の玄葉光一郎総合選挙対策本部長代行がこの日、希望の党の若狭勝前衆院議員と断続的に候補者調整を行った。玄葉氏は選挙区で100人の民進党出身者の公認を要請した。公認を拒否する場合、野党候補の乱立を防ぐため、希望の党の公認候補をぶつけないよう求めた。

 しかし、玄葉氏の要請を若狭氏が受け入れる気配はなかった。前原氏が9月30日夜に小池氏と会談し、民進党の希望者全員を受け入れるよう求めても、小池氏は安全保障政策などの一致が必要だと譲らなかったのだから当然だった。

 業を煮やした枝野氏が1日夕に党本部を訪れた際も前原氏は具体的な展望を示せなかった。枝野氏はその後、疲れ切ったような表情で周囲にこうつぶやいた。

 「1人カラオケに行きたいよ。(欅坂(けやきざか)46の)『不協和音』を歌うんだ」


〜引用おわり〜

選挙に向けて。現状の分析と今後の予想。安倍政権国難突破選挙です。

めまぐるしく情勢が動いています。

政権選択選挙であったはずの選挙でしたが、怪しくなりました。

まず今朝のNHKの報道番組で小池新党「希望の党」の若狭衆議院議員が次の次に政権選択を目指す可能性があることを示唆しました。

産経ニュースからの引用です。

〜引用開始〜

衆院解散

2017.10.1 12:04

 小池百合子東京都知事率いる希望の党の若狭勝前衆院議員は1日午前のNHK番組で、10月の衆院選では候補者の擁立規模などの問題から、政権交代は難しいとの認識を示した。


 小池百合子東京都知事率いる希望の党の若狭勝前衆院議員は1日午前のNHK番組で、10月の衆院選では候補者の擁立規模などの問題から、政権交代は難しいとの認識を示した。


若狭氏は小池氏の衆院選出馬の可能性について「今回確実に政権交代できる見通しがあるなら、国政に出ることもありえる」と述べた。その上で「調整中の(候補者擁立などの)話を踏まえ、『次の次で確実に交代できる議席数に達する』という思いでいるとすれば、今回の衆院選に小池代表が出なくてもかまわない」と語った。


〜引用おわり〜




首相になりたくてたまらないのが小池さんの本音ですから、本当は知事を辞任して衆議院議員選挙に出馬して、新党ブームを起こしたいところでしたが、ここにきて単独での過半数もしくは野党連合で過半数を制して首相指名を受ける可能性が低くなってきました。

一つは小池知事か希望の党の党首に突然就任し、さらに知事を辞任することに対しては反発、違和感が思いの外強く、小池ブームに陰り見え始めました。

さらに民進党前議員、または候補予定者を選別、排除に対してマスコミなどの反発、異論があり、思ったように候補者を確保しづらくなりつつあることが挙げられます。

小池さんは自らの人気のまえには雪崩を打って自分のところに来ると思っていたようですが、民進党内外の空気は反発が強く、左翼、リベラルが第三極を目指す新党を作る動きが、出てきました。

産経ニュースからさらに引用です。


〜引用開始〜


希望の党 1次公認47人分の原案判明 民進・枝野幸男氏ら30人に対抗馬で「排除」

衆院解散

2017.10.1 06:10

 小池百合子東京都知事が代表を務める新党「希望の党」が衆院選(10日公示-22日投開票)で擁立する第1次公認候補者リストの原案が判明した。 小池氏側近の若狭勝前衆院議員ら結党メンバーや若狭氏の政治塾塾生らで、枝野幸男代表代行(埼玉5区)を含む民進党のリベラル派らにも対抗馬を立てる。若狭氏は30日、50人以上の1次公認者を2日に発表する考えを明らかにした。

 複数の希望の党関係者によると、1次公認の原案は30日朝に作成された47人分で、同党が民進党との合流方針を決める前に若狭氏らが選定作業を進めていたメンバーを中心とした。若狭氏(東京10区)や細野豪志元環境相(静岡5区)、長島昭久前衆院議員(東京21区)、松原仁元拉致問題担当相(東京3区)らは、それぞれ地盤とする選挙区から出馬する。

 民進党の前原誠司代表は同党の希望者すべてが希望の党公認となることを求めている。しかし、候補者の公認権を持つ小池氏は9月29日の記者会見で、民進党出身者のうちリベラル派を「排除する」と明言した。民進党幹部によると、希望の党側は前原氏と代表選を争った枝野氏を推薦したメンバーら30人強の公認を拒絶しているという。

 両党の合流を容認している連合の神津里季生会長は30日、民進党本部で急遽(きゅうきょ)、前原氏と会談し、希望の党による民進党出身者の選別に反対する考えを伝えた。

 1次公認リストには、枝野氏のほか、武正公一前衆院議員の埼玉1区や初鹿明博前衆院議員が地盤とする東京16区などに候補が内定している。

希望の党に加わった日本のこころ前代表の中山恭子参院議員の夫で、希望の党から出馬を目指す中山成彬元文部科学相は外れた。若狭氏の政治塾「輝照塾」に参加した鳩山邦夫元総務相の長男、鳩山太郎氏は東京2区に内定した。

 希望の党は4日にも民進党の前議員を含めた100人規模の候補者を発表する。前原氏は30日の党全国幹事会で、民進党出身者の公認について小池氏と協議した上で「一両日中に方向性を示す」と語った。

 民進党のリベラル系前議員は反発を強めている。社民党出身の辻元清美幹事長代行は30日、「無所属で出る」と宣言し、阿部知子副代表も希望の党に参加しない意向を表明した。党内では、リベラル系を中心に新党結成を模索する動きも出ている。


〜引用おわり〜




前原民進党党首は全員の希望の党への合流を目指すので自分を信じてほしいと言って両院議員総会を乗り切りました。

ところが、希望の党の側では全員を受け入れる気はさらさらない、政策の合わない人は排除しますと断言しました。

前原さんは全員合流をする前提で小池さんと話をしているとしているのに、実際はそうならないことに民主党内は大混乱となっています。

私の推測では民進党、特に左翼の方々は前原さんに結果として騙されたということです。

これは民進党政権時当時の鳩山由紀夫首相がトラストミー(私を信じてください)とアメリカ政権に明言して結果として裏切った形となり日米関係をズタズタにしていったことを思い起こすほどです。

ひょっとしたらわかっていて騙した可能性もあります。

というのも小池新党の方での選別方法が、少し前に行われた民進党の党首選挙で前原さんの対抗馬だった左翼(リベラル)の代表格の枝野代表代行に投票したという人たちがすべて排除のリストに入っているという話が出ています。

つまり、前原さんが近い将来希望の党に入った時、自分に反対した勢力を排除するといことにもつながっているといえます。

これは旧民進党内の膿を出す作業とも言えるでしょう。

しかし誤算もあります。小池新党ブームはある程度成功していますが、小池さんが希望の党党首となったことで都議会公明党が反発して、都議会で野党化しました。また知事辞任となれば世論の風当たりが相当厳しくなりそうなこと、また排除の論理が左翼的マスコミにたたかれて、勢いに陰りが出てきたことです。

これでまず、小池さんは総選挙にでることはできず、従って政権交代はまずありえないことになります。

それでは希望の党は臨時国会での首相指名に誰の名前を書くことになるのか、まことに悩ましい問題となります。

おそらく選挙の結果で当選者の中から共同代表の名前で誰かを決めることになります。

たとえば、日本維新の会は現在片山虎之助参議院議員が共同代表ですが、発足当時は石原慎太郎元東京都知事が選挙に出て、橋下徹と共に共同代表となり、党首討論などをしていました。


まだまだ小池新党は課題が多く、機能するかどうかも未知数です。とても安心して任せるという状態ではなく現状では単なるブームだけの可能性もあります。

現在での世論調査などのから判断すると私の獲得予想議席数は自民党250プラスマイナス20.希望の党120プラスマイナス30、公明党30くらい、共産党25くらい維新の会15程度、その他と無所属25くらいが予想です。

一般の予想よりもやや自民党に甘く、希望の党に辛いようですが、これからの流れは希望の党は頭打ちと見ていますので、勢いはにぶるという予測です。

それでも自民党の過半数(233)割れの可能性は低いもののゼロではないと思います。

その場合、安倍首相の進退問題になる可能性は十分あります。

そうなったらまさに国難です。それを想定して死に物狂いで戦わなければなりません。




トランプ大統領とのここまで信頼関係が築ける世界の指導者はいません。

安倍首相のリーダーシップを抜きに北朝鮮の問題を対応できるリーダーは考えられず、また自民党の危機対応能力を他の党でできるとは到底思えません。



衆議院議員定数から見て絶対安定多数の261議席を取れば、現状では大勝利、安定多数の244議席を取れば勝利宣言をして安倍政権の継続は間違いないでしょう。

244〜233までのとりあえず過半数ならば、微妙なところはありますが、これまでの実績から安倍首相の続投が認められるのではないかと思います。

しかし、もし、230ギリギリならば保守系無所属議員、を加えてなんとか過半数確保して乗り越えるか、公明党と合わせて過半数は維持できた年ね綱渡りの政権運営ですが、その後が厳しくなるでしょう。

私達は安倍政権の絶対安定過半数をとって、政権基盤をさらに揺るぎないものにしなければなりません。