ttkzkn1610のブログ

今後ますます混乱し、崩壊の危機が迫る統一教会に対して快刀乱麻、収拾を目指します。本来の姿に再生させるには、自由闊達な議論のもと、各人の主体的判断による後継者の選択と真のメシア観の確立が最重要課題と確信しています。

康(姜)賢實お母様、億万歳🙌🙌🙌🎊🎊💝❗️

実は康賢實お母様と個人的にお話ししたことがあります。とても尊敬していましたので、お目にかかったときは嬉しく光栄に思いました。

時期は90年ごろでした。場所は康賢實先生が、礼拝を主管しておられた立派なビルのかなり広い部屋でした。

早大原研の先輩に連れられてその礼拝に参加してそのあとその先輩から紹介を受けました。

先輩はそのあと霊の子の関係で用事があったので、私は康賢實先生とその場でお話しをさせていただきました。

どうして韓国にいるのか、いつまでいるのか、何をしているのかと聞かれてお答えしているとでは食事をしましょうと言われました。

最も確か上の階の韓国式のお食事どころに連れていかれて多分タチウオかなにかの白身の魚の定食をいただきました。お魚は食べれますかと随分気を使ってくださいました。

いろいろ話をしてくださいました。

お父様から、韓国への交換人事とか言われて、韓国人事として日本の各ブロックから選ばれて、何十名かと一緒に日本人宣教師とか、牧会者とかとよばれて韓国に来ました。

しかし、特に責任分担もなく、あちこち散策したり、旅行したり、お父様の大会に参加したり、動員に走ったりしていました。

しかし、特に決まった責任分担はなかったのです。

そのような話をしながら、あなたの伝道の実力がどの程度がわからないけれども、なかなかやれそうなので、見込んで私と一緒に教会を作らないかと言われました。

今は一応韓国の教区本部での人事なので、自分ではどうしたら良いかはわかりませんと答えました。

そんな中途半端な人事で数十人も各教区にいるのなら、私がお父様と直接話をして人事してもらいますと言われました。

私はお父様とは二人だけで何時間もお話する間柄だから任せなさいと言われました。

まあこんな風に話は進みかけたのですが、問題が生じてこの話は無くなりました。

この間の経緯はある程度わかっていますが、機会があればご紹介します。

このとき、康賢實先生は私のアベルは韓国会長でもなく、お父様と直接といったお話でした。いつもお父様から直接こういう伝道をしなさいという感じのお話ぶりでした。

当時、ソウルの教区は東西南北の四つがありました。康賢實先生はお父様からそのどれにも属さず、真ん中にあなたの教会を作りなさいと言われたそうです。

そして半年もすれば、たくさんの人を伝道して立派なビルで礼拝をされるようになりました。

すると、教区長たちがやって来て、自分の教区に誘ってくるのだそうです。

その日もあのように来て勧誘しているんだと指さしながらおっしやっておられました。

康賢實お母様は「全く仔羊ドロボウみたいなことをする」と憤っておられました。私はう〜んと考えさせられてほとんど答えられなかったような気がします。

そんな康賢實先生でしたのでまるでお父様のふところの中で生きておられるような印象でした。

私の思い出も多分もう覚えてはおられないと思います。

それまでも日本での証しも礼拝の場で直接うかがつったこともありましたが、いつも、お父様の香りがするような感じで、いつか私がお母様にとても似ているような雰囲気をお持ちですねとお声をかけるととても嬉しそうにされておられました。

その賢實先生がまさか本当にお母様の位置におなりになろうとはご本人も夢にも考えられなかったことだったのではないでしょうか?

私達の本当の真のお母様になってくださいました。

み旨一筋でつねに伝道の最前線に立とうとされ、お父様を証されることを願いとされて来られました。

九十歳を超えられたのに人類の真の母、文鮮明先生の夫人となられました。

今まさにお父様のふところの中に入られてその願いに生きておられ、その使命に生きておられます。

これ以上の奇跡があるでしょうか?

真のお父様のお喜びはどれほどでしょうか?

あまりに胸が痛いほどなので今日はこれくらいにします。


今から思えば、まるで夢のような話ですが、私のささやかな康賢實先生との思い出は夢ではなく事実です。

その早大の先輩は今でも韓国におられるようです。

小山田さんの側近のような人でしたので、サンクチュアリとの縁は遠そうですが、一緒に韓国でも過ごしたので私のことは覚えていることでしょう。

康賢實お母様と縁のあった家庭連合の人たちも多くお父様のもとに帰って、戻ることができれば良いのですが。

どれほど康お母様が慰められ、喜ばれるでしょうか?

それをご覧になられる神様と真のお父様もどんなにな喜ばれるでしょうか?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。